証拠資料で見る現代医療の恐るべきホンネ

1970年代に猛烈な発ガン性報告が多発していた!

猛烈な発ガン効果に世界中の医者が使いたがるワケ


1970年代、すでに動物実験によって凄まじい発ガン性、催奇形性が発覚していた。世界中の病院が採用に飛びついたのは、もちろん、再発リピートによる巨額の利益を狙ったため。
資料が公開されることで、悪魔の虐殺収奪医猟の殺害計画が白日の下にさらされる。

戦慄!抗ガン剤が猛烈な発ガン物質であることが1970年代に発覚していた準備中
医者たちの手が震える驚愕の動物実験結果報告の中身!
動物実験の結果ハッキリと「明らかに発癌的」と報告
これを突きつけられたら、医猟産業の虐殺収奪ゲームはGAMEOVER
ガン患者ではわからなかった健康な動物での動物実験結果はガンだらけになっていた
ガン患者だから騙せただけ。健康な動物の実験結果は嘘をつけない
1970年代に凄まじい増ガン剤である報告が多発していた
投与した動物には全身に腫瘍が発生していた!
さらに奇形児に不妊症の多発
世界でもっとも使われ続けるシクロホスファミドが薬史上最強の発ガン剤だった
シクロホスファミドの凄まじい催奇形性と発ガン性報告、証拠資料の驚愕の中身!
最強の発ガン剤マスタードガスが世界一よく使われる抗ガン剤の不思議
アルキル化剤は究極の発ガン物質だった!
使用率世界一の最強発ガン剤、シクロホスファミドの驚くべき多用率
動物実験でわかっていた荒ましい催奇形成と奇形児の発生
動物実験で眼球のない胎児、指の欠損、胎児が生まれていた
世界中の医者が猛烈な発ガン効果に飛びついた医療業界の恐るべきホンネ
猛烈な発ガン剤に世界中の医者が飛びついた本当の理由はマッチポンプだった
獲物のガンを育てることこそが後の巨額の利益を生み出すシカケ
「頼むから再発してくれよ」発ガン剤をブチ込む、恐るべき医者のホンネ
発ガンさせた次は0.1グラム10万円の抗ガン剤提示で巨額の利益確定
ガン患者は発ガン剤を投与する絶好の獲物だ
「獲物を落とせ、発ガンさせよ」教授達の悪魔の指令

早期発見、早期治療で打たれるのはWHO発癌指定の猛烈発ガン剤
シクロホスファミドとシスプラチン、「発ガントリオで再発リピートを狙え」
患者を発ガンさせればするほど利益が膨らみ肥え太る医療産業の仕組み
発ガンさせてもガンが悪化して死んだことになるという都合の良い隠れ蓑
動物実験の結果こそ、猛烈な発ガン剤である決定的な証拠
ガン患者の再発は抗ガン剤の二次癌副作用であることは間違いない

添付文書の比較でわかった、ホルモン剤療法の実態はデタラメ、インチキ、増ガンのデパート準備中
悪化させてシャブリ尽くすための乳がん、子宮癌、前立腺癌治療の実態
添付文書の徹底検証でわかったムチャクチャな効能効果、副作用の中身
ガン治療薬にでも避妊薬にでも使えるエチニルエストラジオールの怪
ガン治療の転用は増ガン作戦
矛盾だらけの製薬会社のデタラメセールスの実態
避妊するのも命がけ。WHOが経口避妊薬を発ガングループ1に認定
フィナーレは早期ガン→抗ガン剤→手術→放射線で悶死
避妊薬が子宮癌、性器の癌の原因であると添付文書でハッキリと告白している
ホルモン治療の前に、「乳がんと牛乳」を読んでください
デタラメな効能、効果に騙されるな!
効果はなくても、副作用は100%存在する
経口避妊剤の実態は増ガン剤
ホルモン剤の実態は、抗ガン剤と違い長期的にゆるやかにシャブリ尽くす収奪剤



現代医療の大量殺人ビジネスを国際刑事裁判所に提訴

ハーグ国際刑事裁判所に提訴した訴状抜粋


訴状全文の翻訳したものPDF
マティアス・ラス博士らが人類史上最悪の大量殺人ビジネスを大告発
犯罪が暴露され、提訴された医療業界
インチキ医療産業が国際刑事裁判提訴に発展
作られたガン産業を徹底告発
ガンが簡単に治ることはわかっているが悪化させて稼いでいる
病気をわざと悪化させて拡大する製薬業界を告発
組織的な詐欺ビジネスとしての製薬業界
製薬ビジネスのやり方が組織的詐欺行為である
犯罪の証拠
疾患の意図的拡大
被告の犯罪的なマーケティング計画に関する証拠
製薬業界では、以下の企業を被告として告発します!

ワクチンは製薬利権の陰謀だ
ウソ八百の捏造データに騙されていたことに気づいて大絶望
ワクチンは毒であり、実は効果は出ていないどころか、打たれた人間を苦しめている薬害だ
効果のデータは捏造されていることに気づいたジョン・ラポポートによる元ワクチン研究者インタヴュー
「私は絶対にワクチン接種は拒否します」

予防接種という名の生物兵器
特別レポート HPV(子宮頸癌)ワクチンの大インチキを暴く