ケムログさんのサイトより
http://blog.chemblog.oops.jp/?eid=993607
<転載開始>
本日は、リンゼイ・ウィリアムスと言う方の予言?をご紹介いたします。
この方はいわゆるエリートとのコネクションがある事で有名ですが、何とも英語が難しくて、このような短い文章でもかなり苦労しました。

その割にあまりインパクトが無いので、苦労が報われませんね。


Lindsey Williams : Obama may not be the next President

Lindsey Williams : Obama may not be the next President

リンゼイ・ウィリアムス:オバマは次の大統領とはなり得ない

2012年8月15日、リンゼイ・ウィリアムス:アメリカは、これまで必要とされて来た以上の石油とガスを保有している。中東情勢に関しては、リビアとシリアが原因で当初のスケジュールから3ヶ月遅れている。オバマが素人で、テレプロンプター無しでは演説もままならない事から、エリート達は彼に対し激怒しており、次のアメリカ合衆国大統領として彼を選ぶ可能性は無いだろう。また、リンゼイ・ウィリアムスはリバティ・リグ(Liverty Rig)の非生物オイル、ガル・アイランド(Gull Island)の石油とガスの発見、そしてアメリカがシリアへの地上侵攻を準備した時、中東で拡大している紛争が、第3次世界大戦へ発展する事への予言を行っている。

キーポイント:夏の間はガソリン1ガロン当たり5ドルで推移するが、長期の計画は未だに150ドル~200ドルとなっている。オバマは全ての政府を退ける事を狙って、中東で戦争を継続した結果、石油の生産は停止するだろう(最後に陥落するのはサウジアラビアとなる)アラスカ、プルードー湾のBPリバティ・オイル・リグは、中東の石油生産が止まると莫大な備蓄を展開する準備が整っている。金と銀の価格は、9月までは相対的に安定するが、値上がりが始まると米国債はデフォルトに陥るだろう。米国がデフォルトし、債権が紙くずになると、ロシアと中国は激怒する事から、これらの国々が長期的な懸念となるだろう。

<転載終了>