真実を探すブログさんのサイトより
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1977.html
<転載開始>
20140308161100aukuraian.jpg
クーデターが発生したウクライナの対応で、日本とアメリカの間にはかなりの温度差があるようです。先日にオバマ大統領と安倍首相が電話会談を行いましたが、アメリカ側は「ロシアへの制裁に関して明確な支援や協力をしてほしい」と要請したのに対して、日本側は「ウクライナ情勢の改善のためのオバマ大統領の努力を支持する」と述べるにとどめました。

制裁への協力も基本的には資産凍結などはしない方針で、意外にも安倍政権はアメリカの要請に強く「NO」を突き付けています。元々、安倍政権は北方領土問題の解決とロシアの天然ガスを手に入れようとしていたわけで、それらの政策を実行しようとするのならば、アメリカの政策に従うことは不可能です。

しかも、安倍首相は各国の首脳の中では一番プーチン大統領と合った回数も多く、そのような観点からもロシアに攻撃的な政策を行うことが出来ません。ただ、安倍政権はアメリカの国債を数兆円規模で購入したりしているわけで、ここまでハッキリとアメリカに協力しない方針を伝えたのは意外です。というか、安倍政権の今までしていたことの中では、一番驚きました。

もしかすると、安倍政権も1年ほど政権を担当して、世界のパワーバランスが変化している事を感じたのかもしれませんね。アメリカは大量の債務問題を片付けるために、軍備の縮小などを行っています。その結果、アメリカのパワーは前よりも小さくなり、相対的にロシアのような国々が強くなりました。
日本も流石にアメリカが弱ってきていることを実感したのでしょう。出来たらこの調子で、日米原子力協定や日米地位協定も破棄して欲しいところですが、安倍政権にそこまでするほどの度胸があるかは怪しいです(苦笑)。

☆ウクライナ対応巡り日米に温度差 NHKニュース


☆ウクライナ対応巡り日米に温度差
URL http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140308/k10015814841000.html

引用:
安倍総理大臣は、ウクライナ情勢を巡って行われたアメリカのオバマ大統領との電話会談で、ロシアに対する制裁への明確な支持は示さず、北方領土問題の解決に向けロシアとの関係悪化を避けたい日本と、アメリカとの温度差をうかがわせています。

安倍総理大臣は、ウクライナ情勢を巡って7日、オバマ大統領と電話会談を行い、日米を含めたG7=先進7か国が緊密に連絡を取り合っていくことを確認しました。
一方で安倍総理大臣は、オバマ大統領がロシアに対する制裁に理解を求めたのに対し、「ウクライナ情勢の改善のためのオバマ大統領の努力を支持する」と述べるにとどめ、制裁への明確な支持は示しませんでした。
政府高官は「『努力を支持する』と言っても、アメリカと同じことをやるわけではない。EU=ヨーロッパ連合も資産凍結まではしていない」と述べ、制裁に同調することに慎重な姿勢を示しました。
:引用終了

☆日米首脳電話会談、発表内容を米側が“軌道修正”
URL http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2144206.html

引用:
ウクライナ情勢をめぐるアメリカのオバマ大統領と安倍総理の電話会談について日米の発表が食い違っていた問題で、ホワイトハウスの報道官は会談内容について追加コメントを発表し、発表内容を事実上軌道修正しました。

 安倍総理とオバマ大統領の電話会談をめぐっては、アメリカ側が「ロシアの行動は国際社会の安全保障への脅威であるとの認識で両首脳が一致した」としていたのに対し、日本側は「オバマ大統領から説明があった」という内容にとどまっていて、両政府の発表が食い違っていました。
:引用終了


関連過去記事

☆ウクライナ騒乱の黒幕はオバマ政権だった!?ヌーランド国務長官補の通話記録が暴露される!ウクライナの政府上層部を事前に米国が選出!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1925.html


<転載終了>