原点回帰さんのサイトより
http://pocopocohead.blogspot.jp/p/blog-page_158.html
<転載開始>





 消費税を上げるためにいま、政府がやっていることは、

1) 「政府が国民に借金をしている」ということが事実なのに、「国が誰かに借金をしているから国民が返せ(増税)」と言い換える。

2) さらにお金を使いたいので、専門家を動員して「審議会」を作り、そこで「このまま~であれば・・・・~の可能性がある」と脅す。そして「財政再建」を旗印にするが、実質はお金をさらに使う。

3) このトリックがばれるといけないので、消費税の増税に際して「テレビ新聞は除く(減免措置)」をして、テレビ新聞が政府の言うとおりに報道するようにする。

(消費税、なぜ増税されるか 武田邦彦) 

FB 十津川 昭和 さんの投稿より 


このことを主語述語を正しく使えば、

「日本国は外国に対して230兆円の債権(貸し)がある。」

「国内に限って言えば、政府は国民に対して1000兆円の借金があり、国民は政府に1000兆円貸している。

もちろん、お金を借りた政府が国民に1000兆円を返す必要があるが、政府は(ムダに)使い込んじゃったのでお金がない。

また、(ムダ使いをする為に)国民からお金を借りる必要があるので、消費税を増税させていただけませんか?

これが正しい日本語。