BBの覚醒記録。さんのサイトより
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/1899963b94ad6a2d6552c3f0c7e8866f
<転載開始>

肝心の宮内庁長官と次官が全否定、政府も「憲法上困難」と
否定的である「生前退位」なのに、報道機関は
確信的に、生前退位説が事実であるとして愛子天皇擁立論まで
一気に、放出。

宮内庁と政府を相手に回しての、活発な報道には組織絡みで
あろうと容易に知れます。局単独でやれることでもないでしょう。

想定される組織は、電通、在日(民団・総連)、創価学会(朝鮮系)、
部落・・・・などなどでしょうか。

これに、国としての組織、中国と韓国が噛んでいるかもしれません。
皇太子は、潘基文と韓昇洙という韓国圏にすでに取り込まれて久しく、
また習近平の妻にして、人民解放軍少将である人との、政府を
置き去りにした接触など、中国にも囲まれているようです。

頭がお悪いので、包囲網は簡単なことでしょう。何度もそのことは、
記事にして警鐘を鳴らして来ました。
いかに頭脳が薄弱だとて、
かつて皇室には自浄作用と、諫言の忠臣たちがいました。現在、皇居内に
そのような存在はゼロ。皇后陛下が宮中ピラミッドのトップに君臨
していらっしゃいますが、もともとがカトリック左翼ともいうべき思想と感性の
お方であり、入内はGHQの仕掛けです。

そして宮中は、小和田系外務省と創価勢、皇太子の暴走はむしろ歓迎すべきところ。

意図的にリークした「ある存在」は、海外をも巻き込んでいずれは愛子天皇擁立まで、持って行きたいのだろうと思われます。

内外ともに説得力があり、また機構上容易な摂政を避けたのは、その意味もあるかもしれません。

一つには、摂政として天皇陛下より前に出ることが多くなると、皇太子殿下の
欠陥ぶりと、海外ではすでに見られてしまっている知能欠如によるさまざまの失態が、それまで日本では情報遮断され国民は知らずに来たことが、国民の目の前に露わになってしまいます。

それは避けたい。しかも、皇太子の不的確ぶりがさらされると、その長女の
天皇即位というどなたかの、見果てぬ夢も遠ざかってしまいます。

女帝擁立への布石である、女性宮家創設を潰した安倍政権。
そして、平和憲法護持、九条堅持の両陛下のお立場には
逆らう、憲法改正の安倍政権。

唐突に出た生前退位論のタイミングを見れば、安倍政権への牽制も
含んでのことでしょう。

生前退位のために憲法改正となれば、自民党の党是憲法改正の
胆である、九条の変更、自衛隊の国軍昇格などいじるのが
後回しになってしまい、それも一石二鳥の狙い目か。

まるで、生前退位のリークを見越したごとく、皇太子夫妻は
愛子さまを伴っての神武天皇陵参拝。愛子さまが中学生になるまで
訪れてもいず放置していたところは、突然のお出まし。

そして、おそらく仕掛けた「存在」の狙い目通り、海外を巻き込んで
愛子天皇であってはなぜいけないのか、の声づくり。
海外では、男子による万世一系の意味を解らず、単に女子を
継承権から阻害する男女差別であり、因習であるとされ
それが、まさしく男女同権を皇室にあって主張し続け、闘って
来られたあるお方の意図通りの流れ。

海外で騒ぎになったことを、ユータンでNHKに大々的にプロパガンダ放送させる戦略。
事実、ニューヨーク・タイムズや、韓国国営放送の反応を喜々として
報道するNHK.狙い目通り。

「天皇陛下は私たち国民のために働き過ぎ。お休み願いたい」
という、結論へ引っ張って行くのは実に容易。

しかし、そこには錯誤があり、「お楽にして頂く」ためには
別に、憲法までいじって生前退位等必要のないこと。

もともと公務は義務では無し。疲れた。休むで通ります。
あてにならないとはいえ、皇太子、そして秋篠宮殿下に肩代わりを
お願いすればいいだけのこと。

女王がたも、そのために高額のお金が支払われているのだから
働いていただきましょう。

どうしてもやらねばならぬ国事行為は、摂政がやればよろしい。
海外からの賓客対応も摂政がやれば済むこと。

しかし、皇太子には無理。その伴侶の使えなさも自動的に
国民の目に入ってしまいます。それまでは漠然と「お病気、お気の毒」と
深くも考えなかった国民も、夫婦しての不出来ぶりをまざまざと
目撃することになります。

それを避け、また安倍政権への意趣返しと牽制、愛子天皇擁立を目論むものは誰。そしてその背景に癒着してくる組織は?

以下、ニューズウィーク日本版 7月14日(木)21時0分配信

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160714-00173833-newsweek-int

 

日本で天皇陛下の「生前退位」の可能性が報じられた13日、英メディアも速やかにこれを追った。

 宮内庁は「報道された事実は一切ない」と朝日新聞などに述べていたが、NHKが報じたことで情報の信ぴょう性が高まった。「NHKは宮内庁からの準公的な情報をしばしば伝えてきた」、「国としてこれほど重要な事柄について、推測だけで報じることはないだろう」と見たからだ(英フィナンシャル・タイムズ=FT=紙、13日付)。

 一定の長さの記事を出した英BBCとFTの報道を見てみよう。

 BBC(「日本のアキヒト天皇が『退位を望む』」)は陛下が「皇室を第2次世界大戦中の攻撃的な国粋主義と切り離したことで高い評価を受けてきた」と記す。1989年、「日本では現人神と見なされてきた昭和天皇を引き継いだ」。昭和天皇の現人神の地位は「日本の戦後憲法を起草した、戦争に勝利した米国人によって奪われた」

近代日本に例のない出来事

 この後、天皇陛下が2003年に前立腺ガンの手術を、4年前には心臓の冠動脈バイパス手術を受けていることを説明。2011年の東日本大震災では異例のテレビ演説を行ったことを補足している。

 最後に、天皇陛下についての5つの事柄を挙げている。

 「陛下はより現代的なスタイルを採用し、皇室を国民により親しみやすいものにする努力をしている」。

 「1959年に平民とご成婚。二人の愛の物語は国民の心をとらえ、『テニスコートのロマンス』と言われている。二人がネット越しに出会ったからだ。陛下と美智子様の間には3人の子供がいる」。

 「陛下は第2次大戦の傷をいやすために努力しており、昨年、このように述べている。『ここに過去を顧み、先の大戦に対する深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い、全国民とともに、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心からなる追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります』」。

 「2002年に韓国と共同開催したサッカー・ワールドカップでは、朝鮮半島系の祖先がいることを認めた。朝鮮半島を植民地化したという苦い歴史を持つ日本の多くの人を驚かせた」。

 「陛下の趣味は海洋生物学で、ハゼの研究が専門だ」。

 FTの記事(「日本の公共放送がアキヒト天皇が退位を準備」)では、「近代日本では前例がない出来事」は「2-3年後に実現するかもしれない」と報じた。そうなれば「200年で初めてになる」(前回、天皇陛下が生前退位した例として、FTは江戸時代の光格天皇を挙げている)。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・ここまで

いわゆる保守を自認する人たちが、目を背けて見ようとはしないのが青字にした箇所です。天皇陛下はまぎれもなく、GHQ憲法肯定の、GHQ発自虐史観者でいらっしゃいます。少年時代のGHQによる洗脳教育と恫喝の成果です。

皇后陛下は「A級戦犯」ご発言、九条の会の連中との親交などでその立ち位置は、男女同権主義と共に明らかです。

そしてお二人共に韓国へのシンパシーをお持ちで、それを有言無言に表明していらっしゃいます。

皇室は国民に親しみなど持たれる必要はありません。それは王室のやり方です。必要なのは「祭祀を通じ、神とつながる者」としての崇敬です。

皇室はファン投票の如きものではないのだから、粛々と祭祀を行われ、私的感情と思想は口にされず、後は国事行為と必要最小限の公務をなさればそれが全てであり、どうしても外せないものがあるとすれば、祭祀以外に天皇の御役目はありません。後は全て代行可能です。

祭祀すら最終的には代行可能です。(晩年など、肉体的に不可能になった場合のみ) 現在は、掌典長による代行でしょう。皇太子がやっているとも思えません。宮内庁に問い合わせたらやっているとのお返事でしたが、記事で何度か検証した如く、その言葉を信じてはいません。

健康上も、祭祀の前の禊、数時間に渡す正座などご無理かと存じます。
雅子さんは、はなからやる気なし。

生前退位の話が突如出る前から、いやにこのところ「そこそこ」表に
出られるようになったなとは思いましたが。

「朝鮮半島系の先祖がいる」ということに対して、保守自認者は言葉を尽くして
天皇陛下を擁護します。いわく、百済は現在の韓国にはあらず、武寧王は日本人である・・・・とかなんとか。

しかし問題はそこにはありません。韓国はじめとする海外が、天皇発言を
「天皇の祖先に朝鮮人がいる」と捉えても仕方のないことを、天皇陛下がわざわざ仰った、その結果を考慮もなさらず、と問題点はそこです。

イギリス紙やアメリカ紙まで、「天皇家の祖先に朝鮮人がいる」と報じているのは、誰か他のせいではありません、天皇陛下の軽率なご発言からです。
歴史からこの発言は消えません。
世界は正確な古代韓国の歴史などに興味は持ちません。エンペラーが放った一言が全てなんです。

また李明博に対して天皇陛下が友好願いの親書を政府の頭越しに渡したことなども、自認保守の人々は無視します。

見ざる聞かざる言わざるが、天皇皇后問題に関しては「保守」の基本的スタンスですが、皆からと言って現実にそこにある事象が消え果てるわけではありません。

見ずに聞かずに流してきたツケが、今度の「生前退位」≒ニア イコール愛子天皇擁立ではないのですか?

愛子天皇擁立なれば、皇室は滅び、日本も更に弱体化します。
ご不自由な愛子天皇の伴侶にあてがわれるのは、ほぼ予定調和で
カルト信者か、朝鮮人かあるいは双方兼ね備えた男。出自
ロンダリングされたその男が、実質皇室を率い仕切って行くことに
なります。皇室乗っ取りシナリオとしては、ジ・エンド。

 

(1948年8月) 

右 日本醤油協会会長・正田文右衛門氏  
 
GHQのVIPアップルトン女史

 

正田 文右衛門は、群馬県館林の商人。正田醤油の基礎を作った。日清製粉の創業者正田貞一郎は孫。皇后美智子は玄孫

正田美智子嬢の曽祖父がGHQと接触があった日付1948年(昭和23年)

美智子嬢の入内は1958年(昭和33年)

この事実に注目

美智子さまのご実家正田家は、美智子様の入内の10年も前にすでに
GHQと接触・親密な関係が結ばれていた。

その後もGHQのVIPが、館林の正田家をわざわざ訪問などしています。
小麦粉のこと、美智子嬢のことなどが話し合われたのかもしれません。
・・・この時話し合われたかどうかは別として、GHQと正田家のとの
間には何らかの契約があったと思われます。
アメリカ産小麦粉利権と共に、ひょっとしたらゆくゆくの長女の入内に関しても。

美智子嬢の母正田富美(旧姓副島そえじま)富美さんの、奇矯なまでの皇室への頭の高さは、バックにGHQありきだったからかもしれません。あるいは、もともと皇室に尊崇の念を抱く出自ではなかったか・・・・・・。
あるいは、その双方か。
皇室とのバトル、要は条件闘争とはすでにGHQ側の発想かもしれません。
通常の日本人の思想と感性ではありませんね。

 

上記ニューズウィークが報じた「テニスコートのロマンス」は嘘っぱち、
演出です。日本人の多くはもちろん、海外でもいまだこのでっちあげ
ロマンスが信じこまれていますが、全てはお膳立てされ運ばれました。

平民からの嫁入りという皇室としては世紀の掟破りが、こうして口当たりの良い
大衆受けするロマンスとして流布され、それは「アメリカ流」平等、男女同権主義の導入ともなって、以後皇室を歪めゆるゆると、しかし着実に腐敗させて行きます。「新時代」をキャッチフレーズに、伝統が巧妙に駆逐、破壊されて行きました。手を下したのは美智子さまです。

 

 

正田家の人々
前列右から貞一郎、二女・勅子、母・幸、三女・祐子、五男・篤五郎、妻・きぬ(美智子の祖母)、四男・順四郎、後列右から三男・英三郎(美智子の父)、長男・明一郎、義弟・卓治、二男・建次郎

美智子さんの祖母、きぬさんがまずカトリックに改修しました。以後、一族も徐々にカトリックの洗礼を受けます。

きぬさんを改宗させたのは、カトリック神父ジョセフ・フロジャック。
美智子さん入内の最大の立役者です。自らそう証言しています。宮中にもなぜか出入りを許されていたジョセフ・フロジャックの敷いた路線に従って、キリスト教徒たちが美智子さん入内に活躍しました。

このたびの「生前退位」の一件、美智子様の思想を含めた「出自」抜きには
語れないものがあるかもしれません。

 

 

 *再三繰り返していますが、お名前欄の空白Unknownや「名無し」、文章の一部を名前にしたもの、「あ」やイニシャルのみの「n」などのいかにも、やっつけ的なHNは、読まぬまま削除しています。「通りすがり」も同じく。発言には最後まで責任を持つという意思表明を兼ねて、他とダブらないような常設のお名前を工夫の上、お入りください。


必然性のない「非公開」指定もお控えくださいませ。公開非公開段階では、
文を熟読して選り分けているわけではないので
「非公開」ないしは「非表示」については

【タイトル欄に】

【非公開】と強調して表示なさってください。

長めのコメント内に書かれると見落として
表示することがあります。常連の嫌がらせさんたちも読まず即ハネています。HNを騙っても変えても解るので無駄です、念のため。

またこちらの反論と説明を封じる形での非公開指定は、卑怯なので、公開します。

反論は大いに歓迎しますが、但し記事の「どの箇所が」「いかなる理由で」間違いなのか、「論拠を示して」ご提示くださいね。知能が一定レベルに達してない方へのコメント返しは不毛なので、ご遠慮ください。・・・・って書いても書き込むのがいる。文意すら読めない連中。解るように言い換えます。「バカは来なくてよいです」。

 

<転載終了>