人の心に灯をともすさんのサイトより
https://ameblo.jp/hiroo117/entry-12457055031.html
<転載開始>

小林正観さんの心に響く言葉より…

 

 

60歳を過ぎたくらいの会社社長がいます。

 

彼は30年あまり、ワンマン社長として辣腕(らつわん)を振るってきたのですが、ある日突然、心臓麻痺で死んでしまいました。

 

肉体から抜けた彼の「魂」は、トンネルと林を通り、お花畑に差し掛かりました。

 

空は青く、寒くも暑くもなく、とても心地よいところです。

 

すると、天から声が聞こえてきたそうです。

 

 

その声は社長の「魂」に語りかけました。

 

「川べりまで行ったら『人生のまとめ』について尋ねる。川べりに着くまでに、自分がどんな人生を歩んできたのかを、まとめておきなさい」

 

その社長は、人の20倍も30倍も努力をして、頑張って、怠けることも、休むこともなく、ただただ働き続けました。

 

会社は大きくなり、従業員は1000人。

 

商工会の役員も務め、地位と名誉を手に入れたのです。

 

自分が成し遂げた実績に自信をもっていた社長は、「努力し、頑張り続けた自分は、きっと神様に褒めていただける」と胸を張り、意気揚々と川べりまで歩いていきました。

 

川べりにたどり着いたとき、再び、あの声が聞こえてきました。

 

 

「それでは『人生のまとめ』について聞く。人生をどれほど楽しんできたか?」

 

社長は絶句し、答えられませんでした。

 

どうしてか。

 

「人生を楽しんだ」と思った瞬間が、一瞬たりともなかったからです。

 

 

社長は、「人生は努力をするもの、頑張るものだ」と疑わず、ひたすら厳しく生きてきました。

 

従業員を叱咤し、家族にも厳しく接してきました。

 

そんな彼に「人生を楽しむ」という概念は、まったくなかったのです。

 

 

言葉を失った社長に、「天の声」は言いました。

 

「あなたは人生を勘違いして生きてきました。もう一度やり直しなさい」

 

「えっ」と思った瞬間、社長は息を吹き返しました。

 

生き返ったのです(彼は今も生きています)。

 

 

生き返った社長は、この経験を「自分の頭の中で想像した話ではない」と断言しています。

 

「人生は楽しむもの」というような概念は、今までまったく持ち合わせていなかった自分に、このような想像ができるわけがないからです。

 

だからこそ社長は「あの声は、神様の声だった」と、今も信じています。

 

 

「神様の声」は、「人生は、努力するものでも、頑張るものでも、地位や名誉を手に入れるものでもない」ということを教えてくれています。

 

では人生は何のためにあるのでしょうか。

 

 

人生は「楽しむもの」。

 

つまり「喜ばれるため」に存在しているのです。

 

 

もうひとつの幸せ論』ダイヤモンド社

 

 

 

 

 

小林正観さんは、努力をすることを否定しているわけではない。

 

しかし、「努力」は往々にして、他人と競ったり、比べたりするためにすることが多い。

 

ライバルに負けないために、倍も三倍も努力する。

 

しかし、そもそも競合他社やライバルのことなど気にせず、社員の喜ぶことや、幸せだけを考えるとしたらどうだろう。

 

社員が幸せになれば、結果として、社員が接するお客さんも幸せになる。

 

逆に、不幸で不機嫌な社員は、お客さんを幸せにすることはできない。

 

 

人生の最大の楽しみは、まわりの人が喜んでくれること。

 

だからこそ、私たちが生きる目的は「人に喜ばれること」だと言える。

 

言いかえるなら、「喜ばれること」は、人生のすべて。

 

 

「人生を楽しむとは」

 

まわりの人に喜ばれる人生をおくりたい。

 

 

<転載終了>