日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52041352.html
<転載開始>
米国の複数の州で偽物大麻による被害者が続出しているようです。
このような偽物大麻を生産するのを得意としている国は特に中国や北朝鮮なのではないでしょうか。
北米の多くの地域では大麻の栽培、使用が合法化されましたから、今後は純粋な大麻よりも合成大麻が大量に市場に出回るでしょう。その結果、多くの人々が犠牲になるのです。
イルミの悪魔崇拝集団はそれが目的なのではないでしょうか。つま多くの人々に大麻(偽者大麻を含む)や麻薬を常習させることで、人々をゾンビにするか悪魔の生贄として使うかです。
大麻も同様に常習すれば非常に危険ですが、合成大麻はもっと危険です。どんな有毒物質が含まれているか分かりません。合成大麻は合成麻薬と同じです。
米国で偽者大麻を使った100人以上が大量出血で入院し、3人が死亡したそうですが、このことを報道した記事には悪魔の暗号化メッセージが含まれていたそうです。それを解読したのが以下の記事です。
大麻の合法化に騙されてはいけませんね。

<殺鼠剤で汚染された偽物大麻を使用した人々のうち、3人が死亡、100人以上が大量出血しています。>
http://www.rumormillnews.com/cgi-bin/forum.cgi?read=125326 
(概要)
6月14日付け

(私:米国では多くの州で大麻が合法薬物となっており、以下のような発言ができるのです。私は大麻の合法化は罠だと思っています。)

大麻の販売業者には注意すべきです。地元の農場主を良く知るように大麻の販売業者も良く知るべきです。
一番良いのは自分で大麻を栽培することです(日本では違法です!)。
イリノイ州及び他の4つの州で殺鼠剤で汚染された偽物大麻を使用した人々が被害に遭いました。そのうち、3人が死亡、100人以上が大量出血で重体です。
 

CDC米疾病対策予防センターは全米の医師らに対し、原因不明の大量出血で患者が病院に運ばれた場合は偽物大麻の被害者である可能性が高いと警告しました。

CDCはイリノイ州当局と協力しながら今年3月の初めから発生している大量出血者(全米で少なくとも116人)の原因を究明しています。

イリノイ州の被害者らと彼等が使っていた合成大麻のサンプルを検査したところ、合成大麻には殺鼠剤として使用される有毒な化学物質が混入していたことが判明しました。
被害者らの症状は、口から大量の血を吐いたり、血尿、鼻血、歯茎の出血、内出血などです。

CDCは、3月10日からイリノイ州だけでなくインディアナ州、ミズーリ州、ウィスコンシン州、メリーランド州の病院の緊急治療室で被害者らを治療していると伝えました。
CDCの職員は、「被害者らの出血を止めるためには彼等を入院させてビタミンKで治療させなければならない。このような事態は非常に稀なことであり、いつどこで大麻が汚染されたのかがはっきりしていない。」と述べました。


偽物大麻は、合成カンナビノイドとも呼ばれ、大麻と同じような症状(ハイになる)を生じさせる合成化学薬品で作られた麻薬です。このような偽物大麻はタバコ屋や他の店で販売されています。偽物大麻には2種類あり、1つは液状で電子タバコに入れて使います。もう1つは、干草状でタバコと同じように吸い込みます。
偽物大麻のニックネームは、K2、スパイス、クッシュです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


<偽物大麻の犠牲者は生贄のために殺害されました。CDCは共犯者です。>
https://beforeitsnews.com/v3/alternative/2019/3687965.html    
(概要)
6月14日付け

CDC米疾病対策予防センターは悪魔の生贄儀式に関与しています。合成大麻を使用させ生贄儀式の標的となった人たちのうち、3人は殺害され100人以上が大量出血で重体です。
この事件の報道で使われている悪魔の暗号化メッセージを解読します。
悪魔の暗号化メッセージとは・・・「アバドン=我々の父(ユダヤ人の父)へ、我々は、女神の果実という気前の良い贈り物を差し上げます。ですから我々に破壊をお与えください。」

3人が死亡:  
Strong’s 3を調べると、ギリシャ聖書では3と言う数字はアバドン(ヘブライ語でサタン、悪魔)を意味します。つまり3人の犠牲者は悪魔の生贄にされたということです。そのことは新約聖書のヨハネの黙示録9.11にも書かれています。

ヘブライ聖書では、3という数字は新鮮さ或は果実を意味します。果実とは血液のことであり、ルシファーを崇拝する人々が好んで使う暗語なのです。彼等は悪魔ルシファーに血液(果実)を供与しています。

記事には、殺鼠剤、偽物大麻、100人以上が大量出血いう言葉が出てきますが、なぜここでは大量出血した人の正確な人数を書かなかったのでしょうか。なぜならこれには悪魔の暗号化メッセージが隠れているからです。Strong’s 100を調べると、ヘブライ聖書では100という数は湿地性の深く淀んだ液体のたまり場を意味します。つまりそれはスワンプ=沼です。

つまり、今回の事件は、底なし沼(地獄)にいる悪魔(アバドン)=地獄の王、に捧げる生贄儀式だということです。そしてこの生贄儀式は、世界各国の連邦法人(企業)を支配するルシファーを崇拝している者たち=スワンプの住人(トランプがスワンプ(沼)の水をきれいにすると言っていた。)によって取り行われたということです。
彼等は、悪魔の二枚舌である法律用語を曲解することで、世界中の人々を違法に奴隷化し人々を物品や獣のように扱っています。
ギリシャ聖書では100という数は、気前の良さ、豊富さ、ギフトという意味です。
 https://biblehub.com/greek/100.htm

次にUSAトゥデーの記事では:
CDCはイリノイ州当局と協力しながら今年3月の初めから発生している大量出血者(全米で少なくとも116人)の原因を究明している、と書いています。ここでは、少なくとも116人と記していますが、これもまた悪魔の暗号化メッセージです。Strong's 116を調べると、ヘブライ聖書では116は、その時、その結果を意味します。

ギリシャ聖書では116はアテネつまり女神です。悪魔崇拝者は悪魔サタンに騙され悪魔サタンと肉体関係を持ってしまい彼等の先祖である悪魔の混血種のカイン を産んだイブを崇拝することを何より好みます。

次にCDCとUDAトゥデーでは:
CDCは、3月10日からイリノイ州以外にインディアナ州、ミズーリ州、ウィスコンシン州、メリーランド州の病院の緊急治療室で被害者らを治療している、と伝えました。

Strongs10を調べると、ヘブライ聖書では10は破壊を意味します。

ギリシャ聖書では10はABIOUDつまりユダヤ人の父を意味します。
ホロコーストで多くのユダヤ人が殺害されたと言われていますが、今ではそのユダヤ人が世界を支配しています。
しかし彼等は本当のユダヤ人ではなく、ユダヤ人のふりをした悪魔崇拝者であるとヨハネの黙示録3:9に記しています。
悪魔の暗号化メッセージではABIOUDつまりユダヤ人の父は悪魔サタンを意味します。なぜなら、悪魔サタンはイブと肉体関係を持ちイブに彼等の先祖である悪魔との混血種のカインを産ませたため悪魔は彼等の父になるのです。
これらの悪魔の暗号化メッセージを解読すると、CDCと関連州の偽物政府によって悪魔の生贄儀式が執り行われたということを意味します。

悪魔の暗号化メッセージには以下の言葉が隠されていました。



ABADDON(悪魔サタン)
SWAMP(沼)
ユダヤ人の父
破壊
女神 
その時、その結果 
気前の良い贈り物、果実



そしてこれらの悪魔の暗号化メッセージに使われた言葉を繋げると:
「ABADON(ユダヤ人の父)へ、我々は女神の気前の良い贈り物を差し上げます。そして、その結果、我々に破壊を与えてください。」という文書になります。


中略

誰が教会或は宗教を必要としていますか?
答え:  それは奴隷であり続けたいと願い、底なし沼の地獄に連れていかれたいと願う愚か者たちです。

神はYAHであり、私であり、全てであり、(教会などではなく)あらゆる場所に存在します。
以下省略


<転載終了>