大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

助けられた1人は神に感謝し、残り99人は日本人ボランティアを恨む

逝きし世の面影さんのサイトより
https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/0d066b837beaccc66fec445de67865eb
<転載開始>
2019年12月05日 | 政治

オバハンからの気まぐれブログ

 

アフガン人への支援は難しい

朝晩は寒いが好天の昼間は20℃にもなるので、少し遠くまで買物に出ていた。帰って来たら自宅に置きっぱなしにしていたタブレットには知らない電話番号が並んでいる。メールもface bookにもlineにも幾つものメッセージが入っている。ペシャワール会の中村先生が銃撃され亡くなられたと。

中村先生の死に、「支援や恩恵を受けられない人たちからのヤッカミ、恨みは凄いのです。皆が喜んでいると思わないように」と、息子のように可愛がっていたアフガン人スタッフから毎日のように言われていたのを思い出した。

日本人の多くには理解しがたいだろうが、民族、部族が入り乱れる多民族国家での支援活動はきれいごとではなく、また現地の人々の皆もが喜んでくれるものではないと改めて心した。オバハンたちアフガン難民を支える会soraでの活動は、事故もなく10年間で区切りをつけた。アフガン政府からは「長年のご支援・ご尽力に深謝いたしますと」の言葉を頂いたが、事故が遭っても不思議ではない活動だった。

今もオバハンが30年続けているギルギットでの母子保健センターの活動、皆が皆、喜んでいると思わないようにしようと。

中村先生の死を心から悼みつつ、銃撃を他人事のように思わずオバハンも注意したい。

11年前の2008年8月パキスタンの北部辺境州に隣接するアフガニスタンのナンガルハール州で人道支援に携わっていた中村医師の主導するペシャワール会の伊藤和也さん31歳は現地パシュトーン人のイスラム教武装勢力に拉致されて殺害されるが、この時、『オバハンからの気まぐれブログ』(パキスタンに30年以上在住)管理者が、人道団体のペシャワール会スタッフの殺害事件について、『日本人ボランティアに助けられた1人は神に感謝するが、助けてもらえなかった残りの99人は日本人ボランティアを恨む』と、現地アフガニスタン人による殺害が少しも意外では無いとの驚きの指摘をしている。

★注、1回目は悲劇として2回目は喜劇として、

9・11事件を口実にした初めての『対テロ戦争』であるアフガニスタン戦争が2001年に始められ現在まで18年間も延々と続けられたが、とうとうトランプ政権によるアメリカ軍のアフガニスタン全面撤退が目前に迫っているのである。1979年12月アフガニスタン侵攻以降、10年間駐留を続けていたソ連軍が1989年に全面撤退する。まさに歴史は来る返されるが、この時に政権基盤が脆弱なアフガン政府(カルマル首相)はソ連軍撤退を妨害する目的でイスラム武装勢力との秘密交渉を徹底的に妨害、潰している歴史がある。その結果、無協定でソ連軍が全面撤退したので、その後カブール陥落から無政府状態に陥り、イスラム原理主義タリバン支配と、最悪の結果になる。
今回のアメリカ軍全面徹底でも一番恐れているのは現地のアフガン傀儡政権であり、なんとしても引き留めたい。中村医師を殺した犯人ですがタリバンは即座に否定しているので可能性は一番低い。ISIS(イスラム国)の方も可能性は低い。一番可能性が高いのは今後もアメリカ軍の駐留を必死で求めている1979年当時のカルマル政権以上に脆弱な親米アフガン政府自身である。

 

変わるイスラム 変わらぬイスラム

「イスラム国」とタリバンが敵対するアフガニスタンで・・・復興支援に力を尽くした中村哲医師が銃撃され死亡

飯山陽    2019年12月4日 水曜 午後7:10
  • アフガニスタンで復興支援活動に従事してきた中村哲医師が銃撃され死亡
  • 事件があったナンガルハル州では「イスラム国」が勢力を拡大している
  • 掃討作戦でダメージを受けても「イスラム国」の壊滅はなお遠い

中村哲医師が銃撃され死亡

アフガニスタンで復興支援活動に従事してきた日本人医師、中村哲氏が銃撃され死亡した。現地メディアは、中村氏の乗っていた車が銃撃され、運転手1人と警備担当者4人が死亡したと報じ、事件の発生したナンガルハル州の知事報道官がその後、中村氏の死亡を発表した。

アフガニスタンで襲撃され死亡した中村哲医師(画像提供:ペシャワール会)

アフガニスタンのイスラム武装勢力タリバンの報道官ザビーフッラー・ムジャーヒド氏はツイッターで、この攻撃についてのタリバンの関与を否定した。しかしその真偽は明らかではない。
またタリバンが実際に無関係であった場合も、別のイスラム過激派の関与は否定できない。アフガニスタンの、特に事件があったナンガルハル州は、「イスラム国」勢力が強いことで知られているからだ。

事件が発生したナンガルハル州ジャララバード

勢力を拡大させる「イスラム国」の存在

「イスラム国」は2015年1月、アフガニスタンとパキスタンにまたがる地域に「イスラム国・ホラサーン州」の設立を宣言した。
アフガニスタンの「イスラム国」は去年、首都カーブルだけでも20件以上のテロ攻撃を実行した。今年8月には、カーブルの結婚式会場で自爆テロを行い、63人が死亡した。
アメリカは2001年の米同時多発テロ後、タリバンがアルカイダを匿っているとしてアフガニスタンに軍事侵攻して以来、現在も1万3000人の兵士を駐留させている。米軍駐留の継続の必要性を主張する人々があげる理由のひとつが、この「イスラム国」の存在だった。彼らはアフガニスタン政府軍もタリバンも、「イスラム国」を倒すことはできないだろうと踏んでいたからだ。
アフガニスタンではタリバンと政府軍の戦いが続いてきたものの、長年「よそ者」の侵入は阻まれてきた。しかし「イスラム国」は確かにアフガニスタンに入り込み、間違いなく勢力を拡大させ、一部では支配領域も獲得した。

中村さんが銃撃されたと思われる現場(現地メディアのツイッターより)

今年に入り、アフガニスタン政府軍はアメリカ軍と共に満を持して掃討作戦を実施し、アフガニスタンのガニ大統領は11月、ナンガルハル州の「イスラム国」を壊滅させたと宣言した。
一方アフガニスタン駐留NATO軍のミラー司令官は今月1日、「イスラム国」はアフガニスタンで領土を失いはしたが、各地に多数のスリーパーセルがある以上、変わらずアフガニスタンの脅威であり続けるだろうと警告し、シリアとイランで「イスラム国」が領土消失後もテロ活動を継続していることを実例として挙げた。

中村さんが乗っていたとみられる車の窓ガラスに残る銃弾による穴(現地メディアのツイッターより)

「イスラム国」の問題は、ある地域で「イスラム国」の領土を奪還しても、多くの戦闘員を殺害しても解決されない。
「イスラム国」は指導者の死ですら大きな損害とはならないことも、10月の米作戦によるバグダーディーの死によって明らかになった。
米国務省のセールス・テロ対策調整官は、「イスラム国」イデオロギーが広まり続ける限り、「イスラム国」はアメリカにとって最大の安全保障課題であり続けると述べ、バグダーディーが死んでも「イスラム国」の壊滅はなお遠いと指摘した。

イスラム過激派をテロへと駆り立てるものは

「イスラム国」やアルカイダといったイスラム過激派の原因は、アメリカの中東政策のせいだとか、大戦後にヨーロッパ列強が中東に国境線を勝手に引いたせいだとか、それ以前の植民地支配が原因だ、といった「外部原因説」を唱える「有識者」は非常に多い。しかしこれは誤りだ。
それらは確かに、イスラム過激派勃興の要因のひとつではある。しかしイスラム過激派をテロへと駆り立てている根本にあるのは、ジハードというイスラム教の教義に由来するイデオロギーなのだ。そのことは米国務省だけではなく、イスラム過激派テロと前線で戦うあらゆる国の当局者たちの共通認識である。

アフガニスタンで「イスラム国」が勢力を拡大した要因の一つは、タリバンがアメリカと和平協議を開始したことを批判し、あくまでも戦闘を継続し、イスラム法の統治する「イスラム首長国」を建国すべきだと考える強硬派がタリバンを離反し、「イスラム国」入りしたことにある。
是が非でも米軍に立ち去ってもらいたいタリバンと、アフガニスタンからの米軍撤退を成し遂げたいトランプ政権の利害は一致していたため、話し合いは思いのほか順調に進んでいるように見えた。
ところが今年9月、タリバンが米兵を殺害したのを機にトランプ氏が和平協議の中断を宣言、先週になってアフガニスタンを電撃訪問した同氏が協議の再開を発表した。

アフガニスタンを電撃訪問しアシュラフ・ガニ大統領と会談するトランプ大統領

目まぐるしく動くアフガニスタン情勢

アフガニスタン情勢は、目まぐるしく動いている。
中村氏が銃撃されたナンガルハルには、掃討作戦で大きなダメージを受けつつも、ゲリラ的なテロ活動に転じ再起をめざす「イスラム国」が存在している。そしてもちろん、広い領域を支配するタリバンもいる。
アフガニスタンにおいて「イスラム国」とタリバンは、互いに殺し合い、武器や領土を奪い合うライバル関係にある。しかし彼らは異教徒を敵視し憎んでいるという点においては、同じイデオロギーを共有している。
中村氏を銃撃した犯人が誰なのかはわからない。
しかし現地メディアの報道からは、同氏の乗った車が狙い撃ちにされたことがうかがわれる。

事件を伝える現地メディアのツイッターより

アフガニスタンの人々に寄り添った中村医師

中村氏は長年、アフガニスタンの人々に寄り添い、復興事業に携わってきた。アフガニスタン政府からは名誉市民権を得るほど、その貢献が讃えられてきた。
しかし異教徒を敵視しジハードを行うイスラム過激派は、外国の支援を受けるアフガニスタン政府とは敵対関係にある。
彼らが外国人に向ける眼差しは複雑だ。

長年に渡り復興事業に力を尽くした中村医師の功績は語り尽くせない アフガニスタンから名誉市民権も授与された中村医師

【執筆:イスラム思想研究者 飯山陽】【画像提供:ペシャワール会】


<転載終了>

 コメント一覧 (2)

    • 2. ☆
    • 2019年12月06日 17:31
    • 伊知地幸介と言う、乃木の参謀で無能がおったんや。
    • 0
      genkimaru1

      genkimaru1

      likedしました

      liked
    • 1. アフガニスたん
    • 2019年12月06日 11:21
    • こんな事をいうとたたかれるが
      ああいう国の人間は
      生活に困窮していても排他的で攻撃的だ

      貧しい人や国の為にという精神は素晴らしいが相手先を見ることも大切だと思う

      これは何も外国に限った話でもない
      もとめられてもいない善意は身を滅ぼす
      好例だろう
      あくまで個人の感想だが炎上覚悟ていってみた
    • 0
      genkimaru1

      genkimaru1

      likedしました

      liked
記事検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
読者登録
LINE読者登録QRコード
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ