donのブログさんのサイトより
https://ameblo.jp/don1110/entry-12659405548.html
<転載開始>

ぶっちゃけ今日のネタはいっぱいあるけども、やっぱパンデやわ。コレはねキツかったけどね、実は前から考えとった変化が前倒しになったっちゅう結果やったね。 積もり切った問題の山と変なバランスの世界が浮き彫りになったんや。 コレはね、まだまだ広がって色んな分野で出てくるよ 

もちろん過去を見ても歴史上似たような状況は無いわな。けどもね、ボクが尊敬しとる一部の専門家は今の状況が1930年代に酷似しとると言うとる。 まぁコレに関してはええも悪いも意見はあるやろけど、実際そうや思うポイントは幾つかあるんや。 

 

今ね、もう経済がパンパンやわ、もう無理。世界でも国レベルでもカースト化が進んどるね。結局コレが原因で皆分裂するやろ、んで極端なイデオロギーで党派に別れる。これが各国の内政プロセスを毒しとんやな。 ほたら国際的にもあかんなるわなー、んで世界的に不安定になるんや。 

 

結果諸君が安全に暮らせんくなるんやわ。昨日ボクとじぃじで軍事的な抑止力の度合いの話としたんやわ。 それ自体はえぇけどね、やっぱアカンわ。自分の事しか考えてない感じが20世紀初頭から変わってないねん。あの時は結果WW IIなったのにや。 

 

もちろんね、今はそう簡単にそんな事は起きんよ。んなもん、起きたら皆おしまいや。 せやけども、先見も抑止も出来ん可能性がある状態にあるって事や。人類全員を巻き込んで闘争を生んだり、問題を関係ない奴の責任にしたり、家族やら人権やら選択肢を踏みにじる自由の剥奪とかが起きるかもしれん。 

 

いやね、言うとくけども、コレは既に諸君のボディに効きまくっとるんや。実際キミらの社会とか価値観に左ボディ打って、その結果人口言う名の諸君らのヒザはガックガクや。このままやったらダウンして10カウントだけやない、最悪全身麻痺で全て失のうてしまうどー、シャレなってないやろー。 

 

こんなカスみたいなシナリオ腹立つやんか!嫌やん?だからね、飲みに行った時に一軒目から二軒目行く間の感じで、ボクらは前向きに笑って建設的な方向いて行く事が『みんなの責務』であるわけであります怒るでしかし。


その2

続き: これに紐づいてやな、世界がブチ当たっとるめんどい事を何個か話すわな。 1. 世界のお金 今まで去年含めてキツい事は何回もあったけども、この40年で見たらようやった、いや、ようやったと言う内容やった、感動したー。ラインを揃えて見てみたら世界の一人当たりのGDPは2倍になったんや。 

 

グローバル化と各国内の成長は今まで後続走っとった国にとってもえぇチャンスになったし、10億人以上の人がキングボンビーから脱出したんや。世界銀行とか言う人らによるとやな、中国ではこの30年で8億人がキングボンビー卒業やて。ボクんとこはこの20年くらいで6,000万人やった。 

 

ボクらも頑張ったんやで、これで出雲のソバ屋売られんで済むわ。 大事なんはココからや。 じゃぁその成長やったり、そこから来た利益は一体どこへ行ったんかっちゅう話やね。これの答えがまさに今ボクらがブチ当たっとる問題と大いに関係あるんやでしかし怒るでしかしどないやっちゅうねん。

 

今まで後続走っとった国々が成長して世界のお金に関係し始めたんは凄い潤ったんやけど、同時に各国内個人で見た時の経済格差っちゅう『社会的コスト』を作ったわな。ほなカースト化がエラい進んでもうとるデッカイ国はどうなんや?USは2000年から2016年で200万人がキングボンビーになったっちゅーんや 

 

増えとんかい。 同じ頃、USやったりEUやったりのデッカイ企業も国際化でエラい利益伸ばしたんや。つまりEU諸国でもUSと同じ様なキングボンビー化が見られる。 諸君社長の大事な出雲のソバ屋売ってきてあげたのねーん さてここでおかわりや。じゃぁそのデッカイ企業達の莫大な利益はどこへ行った? 

 

諸君がご存知の通り 人口の1%の人々が持っとる お金に関してはこう言う事や。ほたら諸君らの生活はどうやったかね。この30年、デッカイ国では国民の50%以上が、実は給料が上がっとらん、成長なしや。体感そうやろ?ところが教育とか保険のコストはグイグイ上がる一方や。 

 

諸君らはそれがどんぐらい上がったか知っとるか? まさかの2倍や。 つまり、デッカイ国に住んどっても給料が上がらんし、その中で自分とか相棒とかオトン、オカン、オバン、オジン等の健康維持して、子供には教育を受けさせてやるっちゅう無理難題が国民一人一人に乗っかっとるわけやな。 

 

諸君らの親の世代は多くがオトンしか働いて無かったはずや。それが生産性爆上がりした今、なんでオカンまで働きに出やんと厳しいんや? お宅、搾取される量ふえてませんか? そんな中で頑張ってる人もおるんやけどね、逆に要らん人が山ほどおるんや。 

 

国際労働機関いうエライ人の評価ではや、世界の若モンの21%、数字にしたら2億6,700万人がニートやっとる言うやんや、衝撃やんか。 ニート x 260,000,000人 東京ドーム何個分やソレ。しかも働いてる若モンでさえ、その内の3割は平均所得の60%ぐらいで生活してると。 第3弾へ 



その3

第二弾の続き: そもそも世界のお金がこんだけバランスがおかしなったのは1890年代に起きた最悪な政策のせいやったんよ。 これが 『ワシントン・コンセンサス』 言われとる物で、暗黙で『お金の成長』はカモネチに対する金貸しを低率課税かつ緩い規制で優先して進めるってのも含まれとった。 

 

はじめに言うたけどね、今回のパンデはこの問題をかなり大きくして目に見える様にしたね。 去年はね、前回の大戦後最大の不景気やった。7月までに5億件の仕事が飛んだ。内2億5,000万件は回復したけども、半分が飛んだままなんも事実や。こらアカン、ほんまにアカン事や、アカンアカン。 

 

去年の1 - 9月で諸君の給料の損失は3.5兆ドルや、まだまだ増え続けとる、これは諸君がピリ付く状態になっとる言う事や。こんな状態やったらパンデ終わっても立ち直れへん。2, 30年前やったらマクロ経済救済でなんとかなったやろうけど、今やこんなもん毎日服用続けた3年目のバファリンみたいなもんや。 

 

IMFが言うには借金の総額が世界のGDPの2倍にも膨らんどって、国によっては3倍以上、んで金利は0%や。民間で借金したら色んな効果が期待できるけど、このカラクリがある事で出来へんのや。こう言う話ややこしやろ?もっと簡単に言うたらね、諸君が一斉に銀行にお金降ろしに行ったら銀行潰れるんや。 

 

つまり銀行はお金なんて持ってない、仮想経済を回しとるんや。でも諸君は給料もろて生活すんのに実際お金持ってるやろ?そこが実体経済なわけや。この仮想と実体のギャップが開きに開きまくってもう取返し付かんくなっとる言う話や。 

 

『量的緩和』言う奴はバブルを加速させて、格差のアクセルをベタ踏みするだけやねん。このギャップが突然現実になってどえらい事態を引き起こしかねんのや。 

 

テクノロジーの進歩を竜骨にして、ファミコンのリセットボタン押せんじゃねーか?みたいな希望的観測が一部にあるみたいや。確かにこの20年でAIやとかASIMOやとか自動化やとかASIMOやとかロボットやとかのベースのASIMOが出来たわな。パンデはこの辺りを一気に推し進めたね。 

 

でもね、残念ながらこれでは歯が立たんのや。このお金の危機に対抗できるのは構造その物の変化が要るからやね。だってね、ASIMOして行ったら諸君ら失業するやんか。諸君が失業したら1%マンも搾取出来へんやろ?だからね、皆が主役やねんで。ここまでが世界のお金の話。 第4弾へ続く

 

画像



その4

第3弾の続き 2. 鉄男 次の課題はこれから10年の事や。経済の問題やったり1%搾取マンのせいで諸君らは分裂して、社会的にも、人種的にも、民族的にもすぐ対立したがる感じになって来とる。いつもやったらこういう事には器のおおきかった国の諸君まで対立したがっとる、しかも全然許さへんし折れへん。 

 

これはもう根本的にやらな改善が難しいクソめんどくさい問題や、だからっちゅーて放置しとったらエライ事になりかねん。なんでかって言うとな、諸君らが不満に感じる元は、誰かの思想がどうとか言うフワっとした話や無くて、それぞれが直面する現実に不満を抱く事になるからや。 

 

だから誰がどんな思想やとか、どんな考え持ってるとか、危険やとか正しいとか、それを周りがどう認識してるとかそんな下らん事言っとるやつは何も分かってない、もっと現実的な問題が不満や分断や衝突を生むんや。世論やったり言論、言うたらヤジは政治的な側面があるのみで真理を語らんからな。 

 

んでね、ASIMOしとる企業、特にIT言うたらエエかね。彼らデッカイ企業が社会でブクブクと膨れ上がっとる、USの大統領選でも色々出て来たもんね。諸君らはそれらの企業達を未だに ただの『企業』や思てるんと違うか? 

 

ヤツ等はただのカモネチと違う、もはや国家を食うてまうだけのチカラを持つまでになっとる。(原文: もはや単なる経済上の巨人では無く、特定の分野では事実上国家と競合する存在となっています。)※この原文を先日オーストラリアが声明で引用 

 

まさに『金田ー!鉄男ー!』状態やな。そんな彼らが抱える諸君らユーザー数は裕に数十億になって、諸君らはもはや彼らの枠組みの中で過ごしとると言える。 会社の社長の立場になってみたら、こんだけ独占できんのは正直正しいやろうな。問題はそこから生まれた利益がどんだけ社会に貢献しとるかや。 

 

こういう企業を2重人格として擬人化した時に 国際的に儲かって需要が高い分野へのサービスをしてビッグデータを統合してる性格と 個人で勝手に社会を檻に入れて人の人権を奪って制限する性格 どこに境界線があるか諸君は分かるか?ボクらはこの状況をつい最近見た所や。記憶に新しいな 

 

どこで?カモンベイビーUSAや。何の話しとるかは言わんでもわかるやろうし、みんな分かると信じとる。 要約するとな、情報を大量に所持する国家を凌ぐ大企業が私的に情報を遣って君らを踊らせて分断しとる言う事や。このツイートもそうや。使ってる時点で踊っとる。 ここまでが鉄男の話 第5弾へ続く


その5

3. エゴで絡みつく世界 これも今後10年やけども、国際問題がめちゃくちゃ大きくなる、だいぶヤバい。あらゆる国の国内でめんどい事が増えたら、都合のええ生贄を探して魔女狩りしてな、それで諸君の不満とかイライラを逸らしとる。これが外に向けても始まっとる、そう感じるんや、ボクはそう感じとる 

 

それはゴリゴリ攻撃的になっていっとる。あんま文句言わんモヤシみたいな役割に対して嫌気がさしとる国への圧やったり、貿易の嫌がらせ、あとは犯罪も込みで。こんなんなったら何でもありでルール無いから弱い国は一方的に軍事力で蹂躙されてまうわ 

 

諸君ら、今まで何回も見て来たやろ。一方的にいちゃもんつけて輩の感じで蹂躙するのを。これが起きる度に怨嗟が広がって大きく荒れる。もうほっとけんやろ、こりゃ。コレかてな、人の事バカにしたなんちゃらカードにあったけど、もっと前からネタ振りしとったんや。ルールなんてあらへん 

 

画像 

 

今日参加してくれてる愛すべき諸君、1件目から2件目へのはしごの時の感じで、ちょっと食い違いとかもつれがあった所でボクらは前向きに一緒に進むのをやめてはいかん。ここまで話して来たてんこ盛りの問題が一発で消し飛ぶ様な解決策は無いど。自分らは生き残れるんちゃうかとか変な幻想も抱くなよ 

 

ボクらに必要なんは一緒に原因を特定する事や。もっかい言うけども山積みになっとる問題は社会経済問題にある言うのがボクの持論や。 だから今日はパンデのダメージをどんだけスグに回復できるかを話す場やない。その回復をどんだけ維持していけるかを話さなあかん 

 

その回復は質も求められるし、格差っちゅー名の重さに耐え切る回復である為には、どんな計画が必要か、どんな行動が必要か決めんといかんのや。 もっかい釘刺すけどな、仮にさっき言うた制限やったりバファリンやるとしたら一時的な資金も必要やから結局は各国政府と銀行がやる事になる 

 

そうなったら政府が担うお金の責任が大きなる。それは世界の問題解決への責任も大きなるしお隣さんともシンクロ率上げやな初号機に沈黙されて手詰まりなるんや。だからすな。 ボクは毎回言うてるけど皆で成長する事と人が尊厳ある生活を送る為の条件の話や。これをもっと真剣にやって行かんとあかん 

 

ここまでがエゴで絡む世界 第6弾へ続く 字余りなったもたわ ハイ すしざんまい



その6

第5弾からの続き (実はココからが本筋、何回も同じ事言うめんどい上司みたいなトコもある) 1%搾取マン + 鉄男 だけに利益を預ける経済を続けるんはもう絶対に無理。だってあいつら破壊キボンヌやん、続けて行けるハズがないったら無い、200無い。最近やったら移民の問題がリマインダーになったわな 

 

今大事なんは事実確認じゃなくて行動や、実行に移す言う事や。国内で、国家間で、地域間で1%マン推しの不平等な世界を根絶のためにエネルギーを遣う事や。そうしてたらそもそも移民問題なんて出とらん。ここに手を付けたら調和のとれた世界に向いて行けるし、長期的にも安定して行くのは明らかやろ 

 

それが全ての人々に色んな機会を作って、生まれた場所とか住んでる所とかに関係なく、みんなが持ってる可能性をひらくための条件になるやろう そっちに向かっていく上で大事な4つの優先事項を話そう思う 今まで諸君らが言われてきた『コッチ行った方が皆幸せだお\(^q^)/』みたいなんはもう放っとけ 

 

正直別に目新しい事も無いし、なんでこの4つなん?ってなるかもやけど、今日ここでせっかく話す時間もらえたさけ、話すわな。 I. 人には快適な生活環境が要る。それは家、輸送、高熱エネルギー、公共サービスとかのインフラや。その質もな。 

 

II. この先も仕事あるでーって言う諸君らの中での確信や。やっていけば上がって行く報酬と、そこから来る尊厳ある生活に対して不安が無くなる事や。これには今のクソ教育とは違う本質的な教育を受けれる機会が不可欠やな。そうしたら定年後も安心してやってける社会保障の立ち上げにもつながるわ。 

 

III. 必要な時に間違いない医療を受けれるんやーっていう諸君らの中での確信や。どんな時でも千反のサービスを受ける為の保険システムへの確信もや。   IV. 子供と教育や。子供は未来そのものやからな。所得と教育レベルは切り離さなあかん、みんな十分に教育を受けれる機会や 

 

ソレいつから言うとんねん、聞き飽きたわ思うかもしれんけど、今後ボクらの経済が発展して行くにはこれ以外に方法は無い。ただ、今言うた経済は人を『手段』やのうて『目的』として言うとる。 第7弾へ続く ボクは最後の手段と目的は物凄い事を言うとる思うよ。眼こんなんなったもんね


その7

第6弾の続き 最低でもこの4つを前進させれた国だけが、今後発展を遂げて行けるんや。我が国ロシアの戦略はまさにこのアプローチでやっとる。ロシアは人と家族と関わる事を最優先しとるし、人口の事やったり国民の保護、みんなの生活向上と健康維持に重きを置いとるんやって言う自慢、ドヤ 

 

ええ企業は国が後押しするし、その対象も一部で囲うんやのうて国の発展への還元があればそれでよしや。 ボクらはこの問題に国家、ビジネス、社会が集中して向き合ってお金出して政策を行っていくし、これから数年間でそれを実行していくって言う自慢や、ドヤ 

 

自国の発展にチカラいれるけども、国際的に協力して行く事には物凄いオープンやで。やっぱり皆でやっていったら雰囲気エェ感じなる思ってるし。しかもなんか問題解決する時にお隣さん達から協力もろたり、したりする事が信頼関係生んで行くやんか。これめっちゃ大事やし、スグにでもやらなあかん 

 

国際的な、世界政府的な、新世界秩序を生むみたいな時代はもう終わった、間違いない。終わったど まぁぶっちゃけそんなもん始まってすらなかったけどな、ざまぁ なんかちょっとソレっぽい動きあったけど、それももう過去の事や いまボクらの文明は文化的にも歴史的にも多様性を持つようになった 

 

今日話した独占言うやつはその多様性に本質的に矛盾しよる。 具体的に言うとやな、ここ数十年の世界的な経済成長の波紋で後続走っとった国々でも独自のモデルやったり政治システムやったり社会構築でみんな独自の発展が世界各地で起こって、イェーイの声が上がっとるんや 

 

その成功を、多様性やったり色んなイェーイの間で『お前のイェーイなんやねん!』みたいになる事、無政府やったり紛争が続いたりする事へ持って行かん為には皆それぞれの利益を調整するメカニズムがめっちゃ大事になってくる 第8弾へ続く 今回は世界秩序終わったど、ざまぁ宣言がパンチラインでした


その8

第7弾の続き そのメカニズム作んのって、やっぱり信頼のおける、強固な、世界で協力して運営する機関やん?でも今ある機関がヘボいからもっと強化していかなあかん 実際色んな分野の機関は今や土俵際で寄り切られかけ寸前。中小企業の社長なって『我、覇者なり』みたいな顔してる小金持の感じやから 

 

いやね、知っとるよ、こういう機関たちが作られた昔とは時代も違うし、そもそも創設目的もその時の物と現在が合わんのは だからその機関が今のボクらの問題に答えるのは正直ガッツ石松にヒモ理論みたいなもんかもしれん。悪い例えに使って氏には申し訳ないが、事実バナナぐらいしか認識してないやろう
 
でもボクが言いたいんは、だからっつって誰も代替え案出さんと拒絶ってのはクソ仕事できん奴の典型かって話やねん。 しかもこの機関達には長年の作業を当して得たレアな経験とめっちゃでかいポテンシャルが残ってる。だから産廃扱いする前に使えるものは全部遣っていこ 
 
でもポンコツであるのも事実やから何かしら追加のフォーマットが要る。何の話をダラダラしとんや思った?これね多国間主義の話してんのよ。捉え方やったり概念は色々議論があるとしてや、それぞれの解釈が可能な物やね、この多国間主義言うやつは 
 
その証拠に、他の国がイエスって言わな進まん状況で自国の利益だけゴリ押しして、それを厚顔無恥にも正当化してるのも解釈の一つや。でもね、実際ある問題にみんなで取り組んで共通の利益得れるやんかってのも解釈の一つや 第9弾へ続く 当たり前のことしか言ってないんやけどね

その9

第8弾の続き さて恋さんと兄さん。 一緒にやってかなあかん事がめっちゃあるんは理解されてると思う。多国間主義が実際に機能してるんはロシア、イラン、トルコ間のアスタナフォーマットでシリア安定の為に実現されてる事は君らが一番知ってるやろう 

 

今その問題はシリア国内政治の確立を数か国と協力して、一緒にやで?支援してるとこや。もう一回いうけど一緒にやっとんねや。今までだれかコレが出来たか?んでウチはアゼルバイジャンとアルメニアがゴチャったナゴルノカラバフ紛争の停止と調停に努力してきたんや。 

 

この時僕らが世話なったんはミンスクグループやった、その中でもUSAとFRA。これも良い例や。結果みんな知っとる通り前の11月にはアゼルバイジャン、アルメニア、ロシアで参加国共同声明に署名でけたがな。注目すべきは協力したことで流血が抑えられたって事や。 

 

画像 

これを止めて、停戦して安全化に動けたんが一番重要や。 今国際社会やったりヤバい状態の解決にあたってる国が『あー、ムズい!』思てるんは被害地域への人道的支援や。これは難民の帰還、インフラの復旧、歴史、宗教、文化記念碑の保護と再建に関わって来るんや 第10弾へ続く


その10

第9弾の続き ほかにはエネルギー市場の話をロシア、サウジアラビア、US等の国々が全く違う考えを持ってる中で協力して進める良い例になったわ。   それ以外にも、どの国にも例外なく関わってくる問題もあってウィルスとかね。しかもつい最近何個かの変異種がでたのう 

 

こういうのに対して研究出来るように国際社会が条件を整えたり、足並みをそろえて進んで行かんとコケてまう 新コロを阻止して必要な人がWクチソ接種出来るように、支援が必要な例えばアフリカ諸国には援助が必要やろう。 

 

今現在ワクチソ接種を望む人が出来るんはデッカイ国だけで、ちっちゃい国は望んでも無理や。それを希望しても叶わん。こういう不平等が万人への脅威になる可能性もあるしね。感染症に国境はない、無駄に、故意に長引かせて感染源を守る様な動きは皆も知っとることやろう 

 

これに対してせなあかんのは状況を正確に把握するモニターシステムの有効性を高める事や   もちろん環境、自然保護の事もあるけども、新しい事なんてなんも無いから特に話さん   さて諸君、今までの歴史、今現在、これからも国家間の競争と利益の衝突は止まらんやろう 

 

これはある意味起きて当然の事象や。しかしな諸君、人類最大の折り返し地点に到達した時、こんな事はもはやどうでもえぇ、逆にチカラを結集して手をたずさえてやって行く良い機会となるやろう。それが   今や 

 

諸君みんな腹割って話して、問題をちゃんと評価して皆にとって最大の問題になってる『1%搾取マン + 鉄男』問題に専念しよやないか それがでけたらボクらは成功して、次の10年どんな問題が起きても対応して行ける。   今日はありがとう プーチン君のダボススピーチは以上や 次回おまけ編へ


おまけ

ロシアとヨーロッパってのは根本的に一緒や、見たらわかるやん一緒の文化やて。こないだヨーロッパの主要な政治家が『ロシアはヨーロッパの一部だ』コメして、ここの関係推進していく言うてたね。言語文化的にも地理的にも完全にそうやん、見たらわかるやん 

 

フランスはリスボンからウラルまで統一せんとみたいな事言うてたけど、ボクは疑問やね。 おかしいやろがい、だってなんでウラルまでやねん。しかもあの小僧ごときが。ウラジオストクわい!と思うしワシわい!とも思うし、そう言ったこともあるわな 

 

前ね、ヘルムートコール元首相に個人的に聞いたんやけど『ヨーロッパが世界の発展とか問題とかの上で主要文化のひとつとして残りたいんならロシアと統一せんといかん』言うとった。ボクらロシアとしても同じ気持ちや。   もう今の状況は狂っとるよ、だから前向きな事話して行かなあかん。 

 

これは両地域にとって絶対ええ事なはずや。今ロシアはEUと貿易高になっとるから、経済的に上向きに戻す話したいな。ボクら一方的な話やのうて相互強化の話を。この両地域は技術開発も、ヨーロッパ全土よりロシア国土が広いこと考えたら絶対ええパートナーになれる 

 

ウチの資源と人的ポテンシャルはヤバいそ、知らんやろうけど。まだあんねんけど今日はやめとこ。   とにかくやな、誠実に向き合って話す事、今日言いたいのはそれや。はるか昔からの負の遺産の問題を各国内政で利用するみたいなクズい行動はやめよ、もう 

 

トラウマみたいに人類が背負ってきた『〇〇恐怖症』から解放されて未来を見ようや。 皆でその恐怖症を克服して解き放たれたらロシアとヨーロッパの新しい形が見えてくるやろう
 
我々には準備あるし、できとる それを望んどるし、その実現に向けて動いてきた。 でもな愛は片思いだけでは成立せんのや、相互やないと 以上でプーチン君のダボスでのスピーチは全て終了や。
 
 
ちょっと感想を書くと、一国の主人である限り表裏共にあるわな。内政の闇を抱えながら多国家をリードする程の政治力には正直脱帽やわ。良い悪いあるけども、国が、世界が傾いた時にあんなリーダーがおったら少しは安心や。 しかしUSもRUもやっぱり海の向こうの話。後悔が立つ前に行動が居るな。
 
画像


<転載終了>