大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

韓国、ヌリ号打ち上げ成功しても衛星独自打ち上げは事実上“不可能”

ライブドアニュースより
https://news.livedoor.com/article/detail/19937816/
お隣さんもロケット作っていたんですね。
<転載開始>

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が25日、全羅南道高興(チョルラナムド・コフン)の羅老(ナロ)宇宙センターで開かれた「ヌリ号総合燃焼試験参観および大韓民国宇宙戦略報告会」で航空宇宙研究院のコ・ジョンファン本部長から説明を聞いている。[写真 青瓦台写真記者団]

写真拡大

「来年に月軌道船を打ち上げて、2030年までに韓国の発射体を利用した月着陸の夢をかなえる。われわれも、われわれの衛星を、われわれが作った発射体に載せて宇宙に打ち上げることができるようになった。また民間が革新的な宇宙産業を主導する『ニュースペース』競争にも本格的に参入することになった」

25日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が全羅南道高興(チョルラナムド・コフン)の羅老(ナロ)宇宙センターで開かれた「ヌリ号総合燃焼試験参観および大韓民国宇宙戦略報告会」で明らかにした言葉だ。大統領の発言は事実なのだろうか、希望なのだろうか。

今年10月に予定された韓国型発射体(KSLV-2)ヌリ号の打ち上げが成功したとしても、米国の輸出統制政策が変化しない限り、韓国は実用人工衛星はもちろん、月着陸船の打ち上げもできないことが明らかになった。科学技術系のある関係者は29日、「米国は国際武器取引規定(ITAR)等を通して、自国の技術が入った人工衛星や宇宙探査船を韓国宇宙ロケットに載せて打ち上げることを許諾しないでいる」とし「大陸間弾道ミサイル(ICBM)への転用が可能な宇宙ロケット技術が拡散することを防ぐための装置」と話した。また「米国は今も韓国の宇宙発射体開発が国防用途に転用される可能性があると疑っている」とし「韓国の宇宙発射体開発を認めた場合、ブラジルなど第三国の同じような要求を拒否するのが難しくなるという論理も展開している」と付け加えた。米国・日本・フランスなど1987年ミサイル技術管理レジーム(MTCR)が作られる以前に宇宙ロケット技術を確保した8カ国は例外だ。

結局、文大統領の「月着陸船」発言が現実化するためには、人工衛星技術の完全な独立が優先されなければならない。さらに、核心技術の国産化が可能だったとしても米国の輸出統制政策が緩和されない以上、国産衛星の打ち上げだけしかできない。米国スペースXや日本H2ロケットのように海外の人工衛星を打ち上げる発射サービスも行うことができない。

科学技術情報通信部が明らかにしている「宇宙探査推進ロードマップ」にも同じ悩みが隠れている。ロードマップには月着陸船の自力打ち上げの「着手条件」として▼韓国型発射体の安定性確保▼支障のない部品需給▼先行技術確保--の3つを規定している。韓国型発射体はすでに開発完了段階に近づいているが、月着陸船用部品の需給や先行技術の確保は米国との交渉なくしては容易ではない。科学技術情報通信部がこれまで「着手条件」が揃えば、2030年ごろに月着陸船を打ち上げるというあいまいな計画に固執した理由がここにある。

2018年に発表された第3次宇宙開発振興基本計画には2040年までに合計100余基の民間衛星打ち上げ計画がある。だが、各種人工衛星打ち上げのうち、米国国輸出統制を受けない小型衛星を除いては韓国型発射体を利用する計画はまだない。10月に初めて打ち上げられる予定のヌリ号には人工衛星の模型が、来年5月の2次打ち上げには科学実験衛星の一種である200キログラム未満の性能検証衛星と大学生が参加した超小型キューブサットが載せられる。2022年打ち上げ予定の月軌道船の場合、米国スペースXが運搬を引き受ける予定だ。これについて、科学技術情報通信部のイ・チャンユン巨大公共研究政策官は「われわれの宇宙戦略に限界点があるということは認める」としつつも「米国の輸出統制政策に変化を与えるための外交的努力と共に、核心技術を確保するための研究開発も本格的に進めていく考え」と話した。


<転載終了> 

 コメント一覧 (3)

    • 3. 中国の衛星
    • 2022年02月27日 18:24
    • 中国、衛星22基の同時打ち上げに成功
      https://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E4%B8%AD%E5%9B%BD-%E8%A1%9B%E6%98%9F22%E5%9F%BA%E3%81%AE%E5%90%8C%E6%99%82%E6%89%93%E3%81%A1%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%81%AB%E6%88%90%E5%8A%9F/ar-AAUmqv2?ocid=msedgntp
      【新華社文昌2月27日】中国は27日、海南省の文昌宇宙発射場から運搬ロケット「長征8号」を使い、衛星22基を打ち上げ、予定の軌道に投入することに成功した。中国で一つのロケットによって打ち上げられた衛星の数として過去最多となった。

       泰景3号01衛星などを含む衛星22基は主に商業リモートセンシング情報、海洋環境観測、森林防火・減災などのサービス提供に用いられる。
    • 0
      genkimaru1

      genkimaru1

      likedしました

      liked
    • 2. 衛星電波妨害
    • 2021年09月22日 19:07
    • 衛星電波妨害 宇宙領域は中露の周回遅れ
      https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E8%A1%9B%E6%98%9F%E9%9B%BB%E6%B3%A2%E5%A6%A8%E5%AE%B3-%E5%AE%87%E5%AE%99%E9%A0%98%E5%9F%9F%E3%81%AF%E4%B8%AD%E9%9C%B2%E3%81%AE%E5%91%A8%E5%9B%9E%E9%81%85%E3%82%8C/ar-AAOFacp?ocid=msedgntp
      防衛省が人工衛星の電波を妨害する研究に着手したことが明らかになった。衛星通信などを麻痺(まひ)させれば敵に壊滅的損害を与えられ、攻防の鍵も握るだけに研究の意義は大きいが、日本は宇宙領域で先行する中国とロシアの周回遅れで、人材育成を中心に前途も多難だ。

      「宇宙利用で優位に立てば地上戦闘を利する」。これは今や各国軍の共通認識になりつつある。

      衛星を活用すれば地球上のどこでも観測や通信、測位ができ、中露は軍事的優位性確保に向け、他国の宇宙利用を妨げる能力を重視する。①衛星と地上の通信を妨害する装備②衛星を破壊するミサイルやレーザー兵器③衛星をアームで捕獲する攻撃衛星-の開発や試験を活発化させている。

      中露に対抗し、政府は中期防衛力整備計画(令和元年度から5年度まで)で宇宙での自衛隊の能力強化の柱に「電磁波領域と連携して、相手方の指揮統制・情報通信を妨げる能力を構築」と掲げた。中露の①に匹敵するもので、衛星電波妨害の研究で始動する。

      ただ、周回遅れを挽回するスピードはない。衛星電波妨害の研究がまとまるのは今年度末で、研究結果を踏まえた装備を5年度までに保有し、中期防で明示した「妨げる能力の構築」を遂げることは不可能とみられる。各国軍の妨害を研究する手法も「バット(妨害機)の研究をするのにグラブ(受信機)の研究から始めるようなものだ」(自衛隊幹部)との批判がある。

      中期防は宇宙に関して人材育成も柱に掲げ、防衛省幹部は「周回遅れを助長する課題だ」と指摘する。
    • 0
      genkimaru1

      genkimaru1

      likedしました

      liked
    • 1. 2020/8/5
    • 2021年04月17日 21:59
    • 衛星からの映像をリアルタイムで
      ソニーとJAXAが共同開発へ
      https://www.saga-s.co.jp/articles/-/557589

      ソニーと宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、遠隔操作により人工衛星からの映像をリアルタイムで楽しめるシステムを共同開発すると発表した。宇宙飛行士が宇宙ステーションから見ているような景色を地上で楽しめるのが特長。ソニーの担当者は「映像クリエーターや芸術家の作品作りに活用してもらえたら」としている。

       通信や画像撮影技術に強みのあるソニーが専用のカメラを製作。搭載する小型の衛星の開発にはJAXAと東京大が協力する。システムは、地上や宇宙空間の好きな方向にカメラを向け、撮影した動画や静止画を地上の操作者に届ける。数年以内の打ち上げを目指す。
    • 0
      genkimaru1

      genkimaru1

      likedしました

      liked

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
読者登録
LINE読者登録QRコード
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ