Ghost Riponの屋形(やかた)さんのサイトより
https://ameblo.jp/ghostripon/entry-12705970392.html
<転載開始>




段階ごとに分類するとわかり易い。
日本に当てはめると、どうでしょうね?



盗みの解剖学:選挙買収の4つのフェーズ

元ミシガン州上院議員のパトリック・コルベック氏は、システムエンジニアリングの観点から、2020年の選挙強奪について素晴らしい内訳を示しています。

コルベック氏は、盗みを4つのフェーズに分けています。

1)準備

この段階での重要な目標は、選挙システムの弱点を作り、それを利用することです。どうやって?それは、(i)有資格者ファイル(QVF)、(ii)投票簿、(iii)投票用紙、(iv)票集計に関する選挙記録の管理連鎖を弱めることです。

犯罪者は、まずQVFに種をまきます。例えば、2020年の選挙に向けて、ミシガン州のQVFには616K人以上の不適格な有権者が存在していました。

その他の弱体化策としては、言い訳なしの不在者投票、即日有権者登録、有権者IDや署名確認の要件の撤廃、ネットワーク化された中央集権的な投票システムなどがあります。このようにして、選挙を盗むのに必要な悪者の数を減らすことができます。
2)主な攻撃

この第2段階の中心的な手段は、郵便投票による投票用紙の詰め込みであり、QVFに傾向の低い有権者や不適格な有権者を送り込むことで可能になります。

重要なことは、第2段階を成功させるためには、投票率を正確に予測する必要があるということです。その予測が失敗した場合(2020年の選挙でもそうでした)、犯人はバックアッププランであるバックアップアタックの段階に移行しなければなりません。

3)バックアップ・アタック

フェーズ3では、投票用紙の詰め込みでは十分な票が得られない場合に、アルゴリズムによる投票集計の操作を行います。

レディ・ドラザ氏は、このフェーズで「PIDコントローラー」と呼ばれるもののデジタル指紋を確認しました。彼女は複数の州の選挙の夜の結果を監視していましたが、エジソンの報告ストリームで累積投票数が定期的にゼロになり、その後急上昇することに気づきました。これは正常なことではありません。

票の集計が変更されると、調整のために投票用紙を追加しなければなりません。TCFセンターへの午前3時の投票用紙の投函や、すべてのスイングステートでの深夜の投票集計の停止は、まさにこのことを意味しています。

4)防衛

防御の段階では、検閲と証拠隠滅が行われます。

コルベック氏は、不正に対抗するためには投票活動が重要であり、まずはQVFから始めることを勧めています。

また、コルベックの調査希望リストには:選挙の夜の結果レポートの監査、管区レベルからニューヨークタイムズまで。これはまだ誰もやっていません。

Watch 📺 Colbeck downloaded video, YouTube link
Hat tip🤠 @VoteLizHarris🇺🇸

@LibertyOverwatchChannel


https://t.me/ArizonaConservatives/2944


https://www.youtube.com/watch?v=5tVYkTR4wZA


これも監査対象にした方がよさそうな気配↓






ミシガン州の怪しいデータ↓











<転載終了>