さてはてメモ帳さんのサイトより
ペンシルバニア州の農家はディーゼル不足で作物の収穫ができない Lance D Johnson
<転載開始>

Pennsylvania farmers are unable to harvest their crops because of the diesel shortage Friday, June 17, 2022 by: Lance D Johnson

https://www.naturalnews.com/2022-06-17-pennsylvania-farmers-unable-harvest-crops-diesel-shortage.html#

(ナチュラルニュース)2年という短い期間で、アメリカはエネルギーの独立からエネルギー危機に陥りました。ペンシルバニア州のディーゼルの平均価格は現在6.19ドル。ディーゼルの価格は1年前に比べて75%上昇しています。農家はディーゼル燃料の入手や購入に苦労しており、そのため作物を収穫することができません。

Morning Call紙によると、ペンシルバニア州の農家は記録的なディーゼル価格によって「潰されて」おり、この状況は間違いなく食糧価格に影響を与え、今後数ヶ月の間に新たな食糧不足をもたらすだろうとのことです。


立ち往生し、一文無しとなった農家、今年の収穫もままならず

ペンシルバニア州リーハイ郡からの報告によると、ある農家が完全に立ち往生し、ディーゼル燃料が手に入らず、トラクターを操作することもできない状態であることがわかりました。彼は、今年の初めに植えたトウモロコシを収穫する余裕がないのです。この農家は、ペンシルバニア州農業局の立法事務専門家であるカイル・コッツモイヤー[Kyle Kotzmoyer]に連絡を取りました。コッツモイヤーは、生活費に苦しむ農家を代表して州議会で証言しました。「もう沈没船に近いところまで来ています。私たちは今、崖っぷちに立たされているのです」と、コッツモイヤーは州議会で語りました。

もし、農家が作物を収穫するためにお金を払えなければ、アメリカ国内の食糧供給はまたもや大打撃を受けることになります。平均して、3,500エーカーの農地を担当する農家は、毎月約2,000ガロンのディーゼルを燃やすことになるのです。農業のコストがわずか1年前の2倍になったことで、多くの農家はかつての半分強しか収穫できないかもしれません。トウモロコシや豆の種を売って、投資効果の高い干し草を収穫できるようにする人も多いでしょう。

 

より良い共産主義を構築し直すことは、生産者を罰し、貧困化させることである

2022年初頭に記録された1030%の食品価格の上昇は、これから起こることの前菜に過ぎません。アメリカ人は1年前と比べて、食料と燃料に毎月300ドル近くも多く費やしています。コッツモイヤーは、食料不足は悪化の一途をたどっていると議会で警告しました。「1つは、地中に埋める余裕がない場合。あるいは、2つ目は、それを取り出す余裕がない場合だ」と、彼は述べました。

現代のホロドモールのような現象が起きているのでしょうか?個人経営の農場は、やがて国が運営する集団農場にとって代わられるのでしょうか?食料品店は品目制限を復活させるのでしょうか?ホワイトハウスを現在占領している人々は、共産主義的なアジェンダを押し進めるために、「飢餓」を通じて「死」を与えるのでしょうか?

バイデン政権の「より良いものに作り直す」というアジェンダは、共産主義的な「グリーン・ニューディール」が強制的に存在させられるので、国内の石油掘削と国内のエネルギー供給を脅かし続けています。このような悲惨な政策が続く中で、アメリカ人はエネルギーと食料の配給を余儀なくされています。一方、民主党がこだわっているこの美化された「カーボンゼロの未来」に、アメリカ人を平和的かつ建設的に移行させる現実的な計画は存在していません。アメリカ人が歴史的なインフレによって飢えと貧困にあえぐ中、全国の生産者は脅かされ続け、その重労働に対して罰を受け続けているのです。

この「より良いものを作り直す」アジェンダは、世界経済フォーラムの共産主義的な「グレートリセット」アジェンダをモデルにしています。

これらの政策は、アメリカの独立性を破壊し、人口をコントロールするために設計されています。アメリカのエネルギー、世界の基軸通貨、食糧供給の破壊は、全て計画された世界征服の一部であることは否定できません。この2年間、家に閉じこもり、政府への依存を受け入れ、マスクをつけ、ワクチンパスポートにしがみつくことで、この新しい世界秩序への忠誠を証明したのです。

Sources include:

Zerohedge.com

McCall.com

NaturalNews.com



畜牛の大量死は食糧供給に衝撃を与え、憶測が飛び交う:わざと毒殺されたのか? Mike Adams

Mass CATTLE deaths send shockwaves through food supply as speculation rises: Are they being poisoned on purpose? Thursday, June 16, 2022 by: Mike Adams

https://www.naturalnews.com/2022-06-16-mass-cattle-deaths-send-shockwaves-through-food-supply.html#

(ナチュラルニュース)全米で食品施設に対する妨害行為と見られる100件以上の火災に続いて、週末にカンザス州で突然死したと見られる数千頭の牛について、憶測が飛び交っています。すべての牛のワクチンが「安全で効果的」であると主張する企業メディアによれば、これらの突然の大量死は暑さの結果であるといいます。しかし、牛は信じられないほど回復力があり、中西部が今経験しているのと同じ気温に頻繁に耐えています。なぜ、何千頭もの牛が突然死するのでしょうか?

AgDaily.comは、他の従来のメディアと同様に、死因は熱、湿度、風不足の組み合わせによるものだと言っています。CNBCも、カンザス州保健環境局(The Kansas Department of Health and Environment)がこの評価に同意している、と報じています。

しかし、私は個人的に、同じ気温のテキサス州中央部にいる何百頭もの牛の近くにいます(そして、この時期は緯度がより南にあるため、日がより長い)。ロングホーン、アンガス、ブランコ、その他の品種がテキサス州中央部にはあふれていますが、何千頭もの牛が死んでいるのを見たことがないのです。

そこで、数百頭の牛を飼っている知人に電話してみました。彼はカンザスでの「大量死」をすでに知っていて、他の牛の飼い主と話し合っていました。熱中症で突然死したというマスコミの報道を信じるか、と聞きました。彼の答えは?

「これだけの頭数が同時に死ぬというのは、非常に疑問だ」と、彼は言いました。「熱中症になったとしても、全頭が同時に死ぬことはないでしょう。一度に何頭か死ぬことはあっても、一度にそんなに何頭も死ぬことはないでしょう。」

これは自然死だと思いますか、それとも妨害行為に近いものだと思いますか、と尋ねると、彼は「何か悪意のあるものだと思います」と答えました。

ウシの疫病も大規模な同時死亡を引き起こすことがありますが、誰もこれがウシの疫病による死亡だとは言っていません。となると、妨害工作の可能性としては、1)水への毒物混入、2)指向性エネルギー兵器(DEW)の2つしか残らないことになります。  (蛇足:mRNAを打っていないのなら?)

これは、全米で記録された100件以上の食品施設の放火妨害事件に加えてのことです。当社の調査スタッフは、これらの各詳細(日付、場所、施設名、火災事件の説明)をまとめており、この新しい最新リストを近日中に発表する予定です。

 

経済と食糧供給の意図的な破壊

多くのアメリカ人が今、目を覚ましているのは、自分たちの政府が、私たち国民と戦争をしているという現実です。彼らは意図的にエネルギー・インフラを破壊し、経済を消滅させようとしています。資産市場を暴落させ、年金の将来の生存能力を完全に破壊しています。そして今、彼らが意図的に食糧供給網を破壊し、アメリカ国民を食糧不足、食糧インフレ、本当の飢饉に突き落とそうとしていることは明らかです。

まるで、実際に政権に選ばれたことのない非合法なバイデン政権が、中間選挙の前に全国的な暴動を起こし、戒厳令や他の国家非常事態の宣言を正当化したいかのようです。彼らは、選挙をキャンセルしようとしたり、(2020年に彼らがしたように)また選挙結果を盗むことができるように、全国的に郵送投票を強制することができるように、何か大きな破壊が必要なのです。

日を追うごとに、彼らは経済を動かすための他の何かを壊しています。パイプライン、国際貿易、鉄道、粉ミルクの製造などです。毎週毎週、食糧の崩壊は激化し、食糧価格は高騰しています。最終的な結果は明らかで、食料不足が蔓延し、高騰した食料はほとんど手に入らなくなるでしょう。

その上で、今、疑問が浮かび上がりました:彼らは意図的に牛も使い果たし、大量殺戮しているのでしょうか?バイデン政権は、牛肉と牧場経営を軽蔑する、非常識で犯罪的な狂人たちによって運営されていることは知っていますが、本当にそこまでして食糧危機を作り、選挙を中断させようとするのでしょうか?

もちろん、彼らはそこまで狂っています。彼らは民主党、自分たちの子供が生まれてから殺害することを喜ぶ政党なのだから。牛を大量に殺すことなど、彼らにとっては何でもないことなのです。実際、最近の世論調査によれば、若い男性民主党員の半数近くが政治家を暗殺することは全く問題ないと考えているようです。この世論調査は、驚くべきことに、左翼のSPLCによって行われたものです。Daily Callerが報じているように:

南部貧困法律センター(SPLC)の世論調査で、「民主党の若い男性」の44%が、「国や民主主義に害を与える政治家を暗殺すること」を認めていた。これは性別、政党、年齢の組み合わせの中で最も高い割合だった。

この左翼ファシストたちは、二酸化炭素が地球を破壊していると考えていることを忘れてはなりません。したがって、彼らは「地球を救う」と信じている限り、動物や人間の大量殺戮を正当化することに何の問題もないのです。

Charisma Newsによれば、同じ死の教団の民主党が運営するカリフォルニアでは、生後7日までの健康な子供の殺害を合法化する嬰児殺しの法案が承認されたばかりです。

そう、自分の子どもを喜んで殺し、政敵を殺すことを正当化するこれらの人々は、自分たちが望む混乱につながる食糧危機を引き起こすことを意味するなら、牛を大量に殺すことに一秒たりとも躊躇しないのです。

民主党の邪悪さには、もう誰も驚きません。

彼らは政権を維持するためなら何でもします。だからこそ、我々は彼らを権力の座から引きずり下ろすために、残業しなければならないのです。

本日の状況更新ポッドキャストで、これらすべての詳細と、進行中の金融崩壊に関する新しい分析についてお聞きください:

Brighteon.com/6cba8d45-bca2-4dfd-adf2-29093b5d422f

Discover more information-packaged podcasts each day, along with special reports, interviews and emergency updates, at:

https://www.brighteon.com/channels/HRreport

以下略



<転載終了>