訴訟好きさんより情報を頂きました。

ウクライナはロシアの同胞でそれを解放するロシアの軍事行動は主権を侵害(KMの本質:盗み、殺し及びその手段とする毒製造バイオラボとペドフィリアの中心地ウクライナ生命線がハイジャックしたNWO)の回復だが、ロシアの最先端軍事力をすべて披瀝しないで(例えば、敵の攻撃部隊兵器の無力化や完成された核兵器の能力を使用せず)、軍隊と国民に更に団結と近代化を期待するというのが、プーチンの演説だ(上記()ないは、表現しない)。
次に軍のトップの演説は部外者である米国、NATO、ウクライナナチ、欧州等の利権は、上記主権侵害者の仲間(究極的には日本も含まれる)だから、プーチンの述べた総論の具体化策を敷衍する。
政府と日本メデア(NHK等)は何故ロシアとナチウクライナ、米国が対立するかを国民がしると、今まで隠したこと(米国の革命等)の隠蔽になるから伏せる、さりとてプーチン暗殺まで加担支援出来ない外務官僚の盆暗の弱みがある、これを堂々と載せたのがゼロヘッジ(上記殺し)
https://www.zerohedge.com/geopolitical/lavrov-says-pentagon-threatening-assassinate-putin
<リンク先より>グーグル翻訳です

ラブロフは、ペンタゴンがプーチンを暗殺すると脅迫していると言います

タイラー・ダーデンの写真
タイラー・ダーデン
2022 年 12 月 29 日木曜日 - 午前 2 時 24 分

ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は火曜日、明らかに匿名の情報源からの多数の報告に応えて、ウラジーミル・プーチン大統領を暗殺するという米国からの脅迫を非難した。 

TASS によると、「国防総省の『匿名の役人』が実際にクレムリンに『斬首攻撃』を行うと脅迫しているが、これは実際にはロシア大統領に対する暗殺の脅威である」とラブロフ氏は述べた。

AP通信経由

「誰かが本当にそのような考えを持っているなら、この誰かはそのような計画の起こりうる結果について長く真剣に考えるべきだ」とロシアのトップ外交官は警告した. 

非難はまた、リンジー・グラハム上院議員が、ウクライナでの戦争を終わらせるためにロシア大統領を「連れ出す」よう誰かに 呼びかけてから1週間も経たないうちに出された.

しかし、ラヴロフは、バイデン政権が「クレムリンの中心部でプーチンを殺すための斬首攻撃」の計画を検討していると述べた匿名の米国国防当局者に依存した、ニューズウィークに掲載された9月のレポートを特に念頭に置いていたようです。

以下は、その 9 月 29 日のニューズウィークの記事からの関連セクションです。 

「決定的に」が何を意味するかについての詳細は、公に明らかにされていません。軍事筋はニューズウィークに、潜水艦や航空機の移動、B-52 爆撃機の掘削など、核の脅威に関して微妙な動きが見られると語った。しかし彼らは、クレムリンの中心部でプーチン大統領を殺害するための斬首攻撃を含めるために、非核の軍事オプション- 通常兵器の使用と特殊作戦、およびサイバー攻撃と宇宙攻撃 -が最前線と中心であることを強調している.

ラブロフ氏は、これと最近の西側からの脅威に対する火曜日の対応を続けて、「彼らは尊敬の痕跡をすべて落としたようだ」と述べた。

「悪名高い[元英国首相]リズ・トラスは、選挙前のキャンペーン中に、核攻撃を命じる準備ができていると直接的かつ公に発言したことを考えると、鮮明な例です」と彼は思い出しました.

ラブロフはまた、危険な核のレトリックと対立の雰囲気が高まっていることにも言及した. 「米国とそのNATO同盟国の戦略的目標が、戦場でロシアを打ち負かし、わが国を著しく弱体化させ、さらには破壊することであることは誰にも知られていない.

これに関連して、彼はさらに説明した、「[ウクライナ大統領] ウラジーミル・ゼレンスキーは、NATO 加盟国に対し、ロシアに対する予防的核攻撃を行うよう促すところまで行った. [キエフ]政権。」彼は、これはすべて、ロシアを弱体化させ、分割するための米国とNATOの計画の一部であると述べた.


<転載終了>