さてはてメモ帳さんのサイトより
http://glassbead.blog.shinobi.jp/medical%20tyranny/faked%20emergency
<転載開始>

FDAもわかってやっている、八百長ワープスピード緊急承認のおさらいです、日本では海外で使われていれば緊急承認の嵐で、毒殺が続いています

BOMBSHELL: The FDA’s emergency use authorization (EUA) for covid “vaccines” was FAKED Wednesday, February 15, 2023 by: Ethan Huff

https://www.naturalnews.com/2023-02-15-fda-eua-covid-vaccines-faked.html#

  

(ナチュラルニュース) 2020年に議会が公共準備・緊急事態準備法(PREP法)を可決した後、米国食品医薬品局(FDA)では、ワクチン、生物製剤、その他の医薬品を認可・承認するための基準が悪い方向に変化させられのです。

武漢コロナウイルス詐欺の最盛期には、2020年以前には守られていた認証済みの優良臨床試験実施基準(GCP)がすべて窓の外に消えて、こっそりと急いでワープスピードの医薬品承認への道が開かれましたが、これはまさにワープスピード作戦と同じことでした。

(関連:この凶悪な法律と、Covid「ワクチン」による傷害や死に対する法的責任からワクチン産業を免除するために行われたことについてもっと知るために、PREP法についての以前の報道をチェックしてください)

内部告発者ブルック・ジャクソン[Brook Jackson]は、現在では危険で効果がないことが判明しているファイザーのメッセンジャーRNAmRNA)注射のヒト臨床「試験」における露骨なGCP違反の数々を明るみに出しました。ファイザーのパートナーであるヴェンタヴィア[Ventavia]社は、臨床試験の時点で、この違反について十分承知していました。

ジャクソンがそのことを暴露した後、ヴェンタヴィアは攻撃態勢に入りました。ファイザーの致死性注射の被害者が、注射を打たれたために苦しんでいるか死んでいることを中傷し、さらにジャクソンが真実を語ったために解雇されるように仕向けたのです。

以下の箇条書きは、ジャクソンが内部告発の訴状に記載した、ヴェンタヴィア在籍中の観察事項を強調したものです:

  • 採血情報、バイタルサイン、署名およびその他の臨床試験必須データの捏造と改ざん;
  • ヴェンタヴィア従業員の家族を含む、不適格な臨床試験参加者の登録および注入;
  • 不適格な患者のデータを臨床試験から適時に削除しなかったこと;
  • 問題となったワクチンの温度管理を行わなかったこと;
  • 治験実施計画書に定められた注射後の患者のモニタリングの失敗;
  • 治験責任医師の監督不行き届き;
  • 資格のない、訓練を受けていない人員をワクチン接種者、実験室職員として使用したこと;
  • 観察者盲検臨床試験の信頼性・妥当性に不可欠な「盲検」を要求通りに維持しなかったこと;
  • インフォームド・コンセントの不徹底や患者への未承認の報酬の供与などの倫理違反;
  • ワクチンの不適切な注入(濃縮ワクチンの過度の希釈や誤った針サイズの使用など);
  • 臨床試験実施施設のスタッフが適正な臨床実践に必要な適切な訓練を受けていることを確認しなかったこと;
  • HIPAA違反を含む安全性および機密保持の問題;そして
  • 臨床試験プロトコール、FDA規制、連邦調達規則およびそのDoD補足文書に対するその他の違反。(蛇足:どうせ芝居だったので)

 

ファイザーと国防総省は、FDA審査官にフェイントをかけるために偽の臨床試験を提出することで不正を行った

もしPREP法以前の古い規則が、これらの不正な臨床試験の時にまだ有効であったなら、前述の問題はどれも許されなかったでしょう。それどころか、臨床試験全体が直ちに中止されたことでしょう。

その代わりに、臨床試験は腐敗にもかかわらず通常通り行われ、後に、故ナンシー・レーガン大統領夫人がかつて求めたように、そうでなければこれらの致命的な薬にノーと言うだけだった何百万人ものアメリカ人にCovid注射を義務付ける正当化に使われたのです。

緊急時使用承認(EUA)の茶番劇の間、ファイザーは国防総省(DoD)と共同で、パッケージの一部としてFDA審査官にフェイントをかけるためにウィスター系ラット[Wistar rat]のデータを提出しました。その臨床試験「研究」には、注射に関する薬物動態学、薬力学、バイオマーカー、遺伝学の評価が行われないというファイザーと国防総省の自白が含まれていました。

「毎年、毎年、何ページも何ページも、法律や規制の変更、ガイダンス文書の改訂を行う主な目的は、まず、人々が戦争犯罪を戦争犯罪として理解しないようにすること、そして、もし人々がそれを理解したとしても、戦争犯罪を戦争犯罪として理解しないようにすることである-戦犯たちが閉め損ねたFDAの抜け穴を見つけようと尻尾を追い続けることで、いつか誰かが我々を殺すのを止めさせることができるかもしれない。」と、Bailiwick Newsにキャサリン・ワット[Katherine Watt]が書いています-彼女のこの状況についての評価全体を是非読んでみてください。

この他のニュースはFDA.newsで見ることができます。

Sources for this article include:

BailiwickNews.substack.com

NaturalNews.com


<転載終了>