愛娘×2ブログ2さんのサイトより
https://plaza.rakuten.co.jp/manamusume2/diary/202305120000/
<転載開始>
 今日もブログにアクセスしてくださって、ありがとうございます。
いつもご訪問くださる皆さんに心から感謝です。



毎年GWになると恒例なのが、



お米作りスタートで稲の植え付け!
今年も秋の新米で塩ムスビがワクワクの楽しみです♪

同じくGW恒例のサツマイモ苗の植え付け



今年は、5種類のサツマイモを育てますよ♪



植えつけ当日はグッタリしていますが、
3日もすると立ち上がってきます。



家族みんなが大好きな『 パープルスイートロード 』と
家族それぞれが選んだ品種を楽しく育てていきます。

そして昨年大収穫になったスイカ用の高畝もセットで



接ぎ木苗を購入して植え付けしました。



今年も食べきれない!!ってなれるように
育てていきますよ♪

そして昨年と同じ業者さんから購入したウコンも



大収穫になるように昨年と同じエリアに、
更に残った種芋2袋を動物被害軽減対策で
侵入口になっているエリアに植えつけます。

この時期に収穫となって『 卵とじパラダイス♪ 』



になるのが、絹さややスナックエンドウ等で



毎日のように大収穫継続中ですよ♪



色んな畝に分けて栽培しているのですが


ママや妹と収穫に行くのが楽しいです♪

そんな大収穫継続中なのに



更に育苗して植え付けも継続中で
3週間くらいの間隔で追加植え付け
していくと長~~~く収穫できます。
初夏頃からも種蒔きしていくと更に
長~~~く収穫出来たり(地域により)

今年から初栽培の『 赤花豆 』も植えつけて



お節料理の一品にしたいと思います。

夏野菜定番のキュウリ類も3品種8株を



去年も一昨年も掘り出し忘れた山芋ネットに



一緒に誘引しちゃおうと植えつけました。



仲良しおばあちゃんが刈ったネギをくれたので
ウリハムシ除けに手で千切って臭い立たせたネギを
コンパニオンプランツしてあります。
10日後頃に支柱で穴あけしてネギを差し込みます。

ナスは、姫リンゴの近くに第一弾で植えつけて
育苗している苗が大きくなったら追加植えして



ピーマン類も第一弾の植え付けで育苗している
苗が大きくなったら追加で育てていきますよ。
昨年みたいに大収穫になると嬉しいですね♪






他にトマトやインゲン、オクラ等々スタート、
長期保存可能なカボチャや冬瓜等も直種蒔きで
他の苗が育った順や、行った先で出逢った苗を
追加で育てていきます。

いっぱい発芽してきたジャガイモとか


( 草を刈って土寄せしたらマルチ掛けて収穫まで放置 )

発芽が揃っていませんが枝豆も夏の楽しみ野菜で



 ↓ 家だけだと思いますが・・・ ↓



ヨモギ栽培の専用畝があったり、

家族みんなが大好きな甘くて美味しい
玉ネギさんの玉ネギネギ♪栽培畝では・・・



なぜだか玉ねぎが4玉に増えていました。



​ヤフーニュースで『 ブ〇ジル産の卵でマヨ〇ーズ作る 』
なんて記事があったり、ある虫入り商品だとか嫌です!
なので、それなら『 買い物しなくてもいい生活したい 』
そんな風に考えています。
真剣に自給自足したい!そう思っています!!

なんでも手作りする方法を調べれば直ぐ解る時代で、
料理のプロのママが色んなことを学ばせてくれていて
調味料系もある程度なら手作り作り出来そうですし、
最近ずっと魚釣りで実績をいっぱい残せていますし♪

サバイバルに関しては、カブ&ボーイスカウト、冬山登山や
無人島でサバイバル体験があるパパ直伝のサバイバル法や
今一緒に学びを開催しているサバイバルの先生や漁師さん、
猟師さん等からの学びを頭と身体に染み込ませていきながら
楽しく継続で来ている『 楽々♪手抜き栽培 』していきます。

遠方でのお友達達との学びで帰宅が深夜になった時に



妹が作ってくれた『 カラフルわらび餅 』
疲れていたので甘くて美味しかったです♪

ママがボタンの花風呂にしてくれていて
綺麗で花の香りのお風呂に大感激♪



でも近くで見ると・・・赤玉ねぎの皮?みたい(笑)



妹とママ、長距離運転のパパに感謝です。

次の日は休養日だったので、私がデザート作りで



ダイエット中のパパとママがおかわりしてくれたのが



とっても嬉しい出来事でした♪♪
今忙しいけれど、私は幸せなんだなぁと思います。

それから最後になりましたが、
谷先生、新たな学びを教えてくださって
ありがとうございます。
妹も私も毎日ハマり中です♪ありがとうございます。
心から感謝申し上げます。



今日も最後までお付き合いくださって、ありがとうございます。
いつも最後までお付き合いくださる皆さんに感謝です。


<転載終了>