マブハイさんのサイトより
http://takahata521.livedoor.blog/archives/20860285.html
<転載開始>
ROTENONE RAMPAGE: Parkinson's Associated Poison Massively Overused Around The World (substack.com)

毒水:パーキンソン病関連毒物が世界中の淡水に大量投棄される

https://bloximages.newyork1.vip.townnews.com/santafenewmexican.com/content/tncms/assets/v3/editorial/0/58/0589b62c-0819-53b6-969d-18845c1c07a9/572e8fcb03270.image.jpg?resize=1000%2C647
写真:ウィリアム・デシェイザー/シカゴ・トリビューン


POISONED WATERS: Rotenone Dumped Into Water Around The World (Parkinson's Associated Deadly Poison) (bitchute.com)

危険な化学物質ロテノンの河川への散布


農薬作業員2人のパーキンソン病診断にロテノンが原因か

サンテフェ・ニューメキシカン紙に掲載された記事『2人の水文学者が、パーキンソン病の診断に魚を殺すために使われた毒素を非難する』の中で、レベッカ・モスは、川魚大量殺戮作戦でロテノンにさらされた2人の過酸化水素処理作業員が今後パーキンソン病に罹患するという話を詳しく紹介しています。
記事 :


「分厚い手袋と呼吸用マスクをつけた政府職員チームが、イリノイ州のシカゴ衛生・船舶運河に2200ガロンの乳白色の液体を流し始めました......何万匹もの魚の死体が水面でばたつき、激しく痙攣した後、生命を失っていきました」。

ロテノンという化学薬品は人間には毒性がなく、魚にだけ毒性があると言われていました。防護服は必要ないと言われていました。しかし、ジャクソンは今でも、毒に伴う強烈な化学薬品の匂いと、水面に立ち込める水蒸気を思い出します」。

「ジャクソンの右手は制御不能なほど震え始め、その震えは次第に彼の全身に影響を及ぼすようになり、それ以来止まることはありませんでした」。

ジャクソンは後にパーキンソン病と診断されました。

「彼の同僚のジョンソンも、この化学物質を使用してから2年以内にパーキンソン病と診断されます。」

ロテノンは、薬物研究のためにラットのパーキンソン病をシミュレートするために使用されます

ロテノンは、ヒトのパーキンソン病患者で観察される主要な神経病理学的特徴のいくつかを再現するために、パーキンソン病モデルラットで一般的に用いられています。ロテノンをラットに投与すると、黒質ドパミン作動性ニューロンの選択的変性、α-シヌクレイン蛋白の凝集、パーキンソン病症状と類似した運動障害など、パーキンソン病のいくつかの重要な特徴が再現されることが、多くの研究で示されている。

ロテノンに暴露されたラットは、ブラジキネジア、硬直、姿勢不安定などの進行性の運動障害を示し、ヒトのパーキンソン病患者で観察される運動症状に似ています。

中略

「合計95の質問票が、68の米国と20のカナダの機関、コロンビア特別区、および7つの米国魚類野生生物局の事務所に送られました。回答した78の機関のうち、48(62%)が過去10年間(1988〜1997年)にロテノンを使用したと報告しました。ロテノンは、調査期間中に37の州(77%)と5つの州または準州(42%)で使用されました。

ヒトとラットにおける致死量のロテノン

ヒト:「平均致死経口投与量は約0.3〜0.5 g / kgです」

ラット:経口致死量は60〜132 mg / kgです


小児における致命的なロテノン中毒の症例

A case of fatal rotenone poisoning in a child. - Abstract - Europe PMC

ロテノン25mg/kg摂取後の致死率
ウッドらによる『殺虫剤ロテノンの意図的摂取による死亡』と呼ばれる症例報告では、ある女性が25mg/kgのロテノンを摂取した後に死亡した事件が詳述されている。
農薬ロテノンの意図的な摂取後の死亡:症例報告-PMC (nih.gov)

この女性は、「自宅で倒れて意識不明で、嘔吐の既往があるのを家族が発見」し、深い昏睡状態(グラスゴー・コーマ・スケール3/15、刺激に対する反応が最小限または全くない状態)でERに運ばれた。

「入院から48時間後に無収縮性心停止を起こし、心肺蘇生に反応しなかった。死後、肺水腫と心臓、脾臓、腎臓のうっ血を伴う多臓器不全の徴候が見られた。肝臓は中心小葉壊死と全身崩壊を伴う黄疸であった」

最近の大量展開:

これは魚の殺処分のごく一部であるが、この野蛮なやり方がどれほど広まっているかを印象づけるために、このセクションを掲載した。

「イエローストーン・シリーズ: 政府は1948年以来、モンタナの水路でパーキンソン病につながる毒物を使用している」
Yellowstone Series: Government Uses Poison Linked to Parkinson’s in Montana Waterways Since 1948 (publicherald.org)

「2022年8月、モンタナ州魚類野生生物公園局(FWP)は、モンタナ州ボーズマン郊外にあるギャラティン川流域の支流、スパニッシュ・クリーク・ノースフォークに、魚を殺す化学毒ロテノンの4回目の投与を行った」

「2019年以来、FWPはバックパック噴霧器とドリップステーションを使用してロテノンをスパニッシュクリークのノースフォークに適用しています。」

「パブリックヘラルドが入手したFWPの記録によると、1948年以来、モンタナ州の機関は、州全体の推定長さ253マイルの地表水に、200を超える異なる水域でロテノンを533回適用しました。」

一覧表:
https://substack-post-media.s3.amazonaws.com/public/images/1d1645b9-91f5-4a37-a422-b60873ca929a_1124x10885.png (1124×10885) (substackcdn.com)

以下、延々と事例が続きます。

ニューブランズウィック州は、すべての魚を殺すためにロテノン毒を湖に送り込みます

政府は水道水への毒物混入で摘発された!これが大量死、不妊、癌の原因なのか?

Government CAUGHT POISONING Water Supply! Is This The Cause Of Mass Deaths, Infertility & Cancers?! (bitchute.com)


魚が何万匹も死滅!:肉や卵の次は魚ですか? : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

<転載終了>