訴訟すきさんより情報を頂きました。

世界の英語と日本語が読める視聴者の皆さん、ファイザーの親分と日本子会社の女社長が逮捕と辞任だよ!まず事実関係を確かめた後、
https://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666
副作用で死亡または災禍に苦しむ日本の被害者は救われるのは、政府の腹次第、つまり惻隠のこころか人間の心があるyかどうか、NOなら世界に発信せよ、

ノイマン(二進法コンピューターの原理)とシャノン(デジタル方式、多重化の元祖)の間違いは、外人盆暗IT技術者に日本人のそれと差別させないと、化けの皮がはがれるからだね。プーチンは5Gタワー破壊に勤しむだね。いやならペドフィリア虐待写真7をみよ!
https://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666
日本の電子工学通信、コンピュターもっと発展しろ。貧すれば鈍するを打破せよ!
高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟さんのサイトより
<転載開始>

プーチン大統領はロシア全土で5Gを禁止して、すべてのタワーを破壊してしまった!!

 

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、この技術が医学的に安全でなく、サンクトペテルブルク近郊で学童の死亡事故を引き起こしたとの懸念から、ロシア連邦での5Gタワーの設置を禁止した。

5Gの悪影響をめぐる議論は新しいものではない。 10 年以上にわたり、代替メディアはテクノロジーを免疫抑制疾患やウイルス複製などの無数の健康問題に結び付けてきましたが、その詳細についてはこの Web サイトと著者の知識の範囲を超えています。しかし、既存の5Gスーパータワーを解体するというプーチン大統領の公約は、電磁放射の危険性が陰謀よりも実際に根付いていることを示している。

米国や西側諸国とは異なり、ロシアはクアルコムとモバイルエコシステムが開発した技術が2015年に利用可能になってから一夜にして塔の建設を始めたわけではない。それ以来、米国の通信会社は15万本の塔を建設した。比較すると、ロシアには主にモスクワに22しかありませんでした。



プランデミック中、学校が閉鎖される中、米国のモバイルプロバイダーは全国の小学校の目と鼻の先にタワーの建設を加速させた。学校が再開されると、生徒たちは突然、地平線上と学校の屋上に広大な 5G アンテナを目にしました。

ロシアの 4 つの主要携帯電話会社 (MTS、Megafon、Rostelcom、Vimpel-Communications Public Joint Stock) の中で、MTS だけが 2021 年に限定的な 5G 展開を開始し、ロシアで最も人口の多い都市であるモスクワ、サンクトペテルブルク、ノヴォシビルスクにタワーを設置しました。

サンクトペテルブルク郊外の小学校の校庭から 15 メートルのところに 1 つの塔が立っています。

2023年4月、16人の学生がウラジーミル・プーチン大統領が電磁波中毒と呼んだ重度の副作用を経験した。

初期の症状には、自然嘔吐、めまい、耳鳴り、耐えられない頭痛、腹部の炎症などが含まれます。

その後の症状は、消化管出血、脳出血、眼神経の衰弱による失明でした。影響を受けた子供たちは8歳から12歳で、同じ学期に学校に通っていました。

さらに、病気の子供たちはワクチン接種を受けていなかったため、ロシア保健省の保健当局者は新型コロナウイルスワクチンの副作用の可能性を否定した。

包括的な血液検査と放射線画像検査により、既存の病気、食中毒、薬剤、生物剤や化学物質が排除されました。

2023年6月6日までに、生徒16人中11人が死亡した。

ミハイル・ムラシコ保健大臣は、国防省の支援を受けて、査察チームに対し、基地局から発せられる送信周波数を評価するよう命令した。

調査チームは、この送信周波数はミリ波の下端に近い24~50ギガヘルツの範囲のパルス電磁波であると推定した。

世界中の規制当局や通信会社は、その通信範囲が人体にとって安全であると宣言しており、オバマ前大統領のFCC長官トム・ウィーラー氏は2016年に「5Gは人、野生動物、ペットに何の脅威も与えない」と述べた。

その安全性に疑問を抱く者は、根拠のない陰謀を助長していることになる。

しかし、プーチン大統領は、2023人の死者数は共通点、つまりロシア国土への5Gの侵入が原因であると考えた。

7月中旬、ロシア大統領は多くの通信会社幹部や健康専門家と会談し、5G技術の普及に内在する危険性について話し合った。

彼は彼らに死んだ子供の画像を見せた。

脳が液状化したのだ。

同氏は、5G研究を一時停止し、ロシア連邦内のすべての塔を破壊するつもりであると伝えた。

彼の任務はテレコム幹部には受け入れられなかった。

MTSの5Gインフラ担当副社長のボリヤ・ウラソフ氏は、5Gの不在はロシアを技術的に不利な立場に置くと述べ、ロシアはかつては繁栄していた経済を強化するために5Gが必要だと付け加え、ウクライナでのプーチン大統領の行動のせいで現在は低迷していると付け加えた。

プーチン大統領は死んだ子供たちや病気の子供たちの画像を会議テーブルに広げ、こう言ったと伝えられている。

「5G は彼らに何をもたらしましたか?」

「これを5Gのせいにすることはできません。西側諸国の同志たちは5Gが安全であることに同意している」とウラソフ氏は語った。

プーチン大統領はそばにいた治安要員にウラソフの目の間を正面から撃つよう命令した。

エージェントはためらうことなくマカロフ・ピストルを抜き、15人が見守る中、ウラソフの額に銃弾を打ち込んだ。

1週間後、軍事工学作戦を実行するために設計されたロシア連邦地上軍の軍事行政部隊であるロシア連邦工兵部隊は、モスクワの5G携帯電話塔の廃止を開始した。

一枚岩の塔が崩れ落ちると、歩行者は歓声を上げた。

この記事の執筆時点で、ロシアはすべての 5G タワーを廃止しました。

この記事の情報は、FSB捜査官のアンドレイ・ザハロフ氏のおかげで得られたもので、彼は2022年にReal Raw Newsに、東ヨーロッパから外国のバイオラボ、小児性愛者組織、アドレノクロム研究所を排除するというウラジーミル・プーチン大統領のウクライナ特別作戦の背後にある本当の理由を提供した。

それらの戦いは今も続いています。

プーチン大統領は、プランでミック後に再開した小学校の生徒16人のうち11人が死亡したのは、5G電磁波が原因であるとして、ロシア全土で5Gを禁止しました。


プーチン大統領、ロシア全土で5Gを禁止し、全ての電波塔を破壊By マイケル・バクスター - 2023年8月5日

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、この技術が医学的に安全でなく、サンクトペテルブルク近郊で学童の死亡事故を引き起こしたという懸念の中、ロシア連邦内の5Gタワーを禁止した。

5Gの悪影響をめぐる議論は今に始まったことではない。10年以上前から、代替メディアはテクノロジーと免疫抑制疾患やウイルス複製を含む無数の健康問題を関連付けてきた。しかし、既存の5Gスーパータワーを解体するというプーチンの公約は、電磁波の危険性が陰謀よりも事実に根ざしていることを示している。

プランデミックの間、学校が閉鎖されたため、米国の携帯電話会社は全国の小学校から目と鼻の先にあるタワーの建設を加速させた。学校が再開されると、生徒たちは突然、地平線や学校の屋上に広がる5Gアンテナを目にした。

2023年4月、16人の生徒が、ウラジーミル・プーチンが電磁波中毒と呼ぶ深刻な副作用を経験した。初期症状には、自然嘔吐、めまい、耳鳴り、耐え難い頭痛、腹部の炎症などがあった。

その後の症状は、消化管出血、脳出血、眼神経の崩壊による失明であった。

罹患した子供たちは8歳から12歳で、同じ学期に学校に通っていた。

さらに、発病した子供たちはワクチン未接種であったため、ロシア保健省の保健当局はCovid-19ワクチンの副作用を否定した。

包括的な血液検査と放射線画像検査によって、持病、食品由来の病気、薬物、生物化学物質が除外された。

2023年6月6日までに、16人の生徒のうち11人が死亡した。

プーチンは、2023年の死亡事故は、5Gがロシアの国土に侵入したことが原因だとしている。


7月中旬、ロシア大統領は5G技術の普及に内在する危険性について議論するため、多くの通信会社幹部や健康専門家と会談した。彼は子供たちの死体の画像を見せた。

そして、5G研究のモラトリアムを実施し、ロシア連邦内のすべてのタワーを取り壊すつもりであることを伝えた。

彼の命令はテレコムの幹部には受け入れられなかった。

MTSの5Gインフラ担当副社長ボリャ・ブラソフは、5Gがなければロシアは技術的に不利な立場に置かれると述べ、ロシアはかつて繁栄していた経済を強化するために5Gが必要であり、現在はプーチンのウクライナでの行動のおかげで失速していると付け加えた。

プーチンは、死体や病気の子どもたちの画像を会議テーブルの上に広げ、「彼らはどうした? 君の5Gは彼らに何をしたんだ?"  と言ったと伝えられている。

「5Gのせいにはできない。西側の同志たちは、5Gが安全であることに同意している」。

プーチンはそばにいた警備員に、ヴラソフの眉間を撃つよう命じた。

諜報員はためらうことなくマカロフ拳銃を抜き、15人が見ている前でヴラソフの額に弾丸を撃ち込んだ。

その1週間後、ロシア連邦の工兵部隊は、軍事的なエンジニアリング活動を行うために設計されたロシア連邦陸上軍の軍事行政部隊であり、モスクワで5G携帯電話タワーの廃止を開始した。

一枚岩のタワーが崩れ落ちると、歩行者たちは歓声を上げた。

この記事を書いている時点で、ロシアは5Gタワーをすべて撤去した。

この記事で注目すべきことは、「発病した子供はワクチン未接種であった」のですが、ワクチン接種者と同様の症状が出ているということです。

5Gとコロナワクチン後遺症とはワンセットですので、


画像


コロナ後遺症を止めるには、5Gを止めればいいわけです。

ワクチン接種からワクチン未接種者にスパイクタンパクが感染するシェデイングについて、この動画で説明されています。

COVID19ワクチンを接種者からはRNAデリバリーの脂質ナノ粒子 (LNP)が、排泄される。ワクチンを接種後に体内で製造されたこのスパイクタンパク質は、「エクソソーム」として運ばれる。「エクソソーム」は、唾液、血液、尿、脳脊髄液に含まれている。


「エクソソーム」は、ワクチンで傷ついた細胞を修復するために細胞外へ排出されたものです。シェディングとは、この「エクソソーム」の働きのことをいうのだろうと私は解釈しています。

5Gで細胞が痛めつけられた上にワクチン接種することで、免疫機能が衰えて様々な病因となるわけですから、病気の根源を断つためには5Gを止める。

エクソソームは、傷ついた細胞を修復するために排出されるのですから、エクソソームを出す必要がないようにするためには、ワクチン接種しないことと併せて細胞を傷つける5Gを禁止する。

プーチン大統領が、5Gを禁止した理由でしょう。

以上
ここまで

 

  • 奴らは、なりふり構わず「何でもあり!!」と、昆虫食、そして猛毒蚊に人々を襲わせる準備をしています!!

    腑抜の政府は、奴らの言いなりです!!

    自分どころか家族さえも、守りません!!

    新型コロナを証明した論文はありません!!

    公的機関のコロナ情報はすべて嘘です!!

    新型コロナは存在しません!!

    ワクチンには予防効果はありません

    発症効果を防ぐ効果もありません!!

    重症化を防ぐ効果もありません!!

    ワクチンの中身の正体は

    酸化グラフェンによる血栓と、M-RNA修飾ウリジンを使った遺伝子組み換えで免疫破壊

    この二つを主体に貴方の身体を徹底的に機械する遺伝子兵器です。

    ワクチンや食品に含まれる社会毒を無毒化する!!

    ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンE・コエンザイムQ10

    納豆・ニンニク・ゆで卵・ゴーヤ・トマト・ブロッコリー

    きのこ類・梅干し・胡麻ナッッ・オリーブオイル・寒天

    非加熱の塩・味噌。

    nRNAワクチン汚染は、想像以上に深刻

    新型コロナウイルスが存在することを証明した人は世界に誰一人としていません!!

    それを政府も厚生労働省も「新型コロナウイルス」と呼びます!

    病原体を説明することが出来ないものに対してワクチンを作れません!!

    遺伝子の確認も病原体を証明しないとPCR検査も作れない!!


<転載終了>