さてはてメモ帳さんのサイトより
http://glassbead.blog.shinobi.jp/digital%20surveillance%E3%80%80/u.s.%20government%20illegally
<転載開始>

U.S. government illegally SURVEILLING targeted citizens to SILENCE their free speech 09/04/2023 // Ethan Huff

https://www.naturalnews.com/2023-09-04-government-illegally-surveilling-citizens-silence-free-speech.html

  

今日の米国は、建国者たちが最初に米国を建国した当時の姿とは似ても似つかないものです。言論の自由と憲法修正第1条に対する社会全体の攻撃の一環として、政府が市民を違法に標的にし、監視しているため、憲法は本質的に無効になっています。

1963828日、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアが「仕事と自由のためのワシントン大行進」で有名な「私には夢がある」の演説を行なって以来、少なくとも過去60年間、アメリカの影の政府は監獄のような社会づくりに励んできました。そこでは、何も良い方向に変化することがなく、誰もが常に、次に何が起こるかわからないという恐怖の中で生きているのです。

最近、分断と征服の最たる戦術は、白人と非白人の間の人種戦争と、右派と左派の間の政治戦争を煽ることにあるようです。軍産複合体は戦争の両側面を演じることで利益を得ており、一方、統一党派はワシントンD.C.の居心地の良い飛び地からすべての指示を出しています。

「寡頭勢力(オリガーキー)はいまだに政府権力の中枢で主導権を握っている」と、バーニング・プラットフォームへのゲスト投稿で、ジョン・W・ホワイトヘッド[John W. Whitehead]は書きました。「そして政府は、反政府感情を封じ込め、活動家に嫌がらせをし、アメリカ人を脅して従わせるために、依然として監視を武器化している。」

(関連:グローバリストたちが武漢コロナウイルスの「パンデミック」を企んでいたのは、少なくとも2001年の9.11同時多発テロからへと遡ることをご存知だろうか?)

1950年代以来、アメリカ政府は全米の市民を監視し無力化するために、国内情報収集プログラム 「コインテルプロ」を使用してきた

MLK Jr.は、1950年代から運用されている国内諜報プログラム「コインテルプロ[COINTELPRO]」の下で、連邦捜査局(FBI)によって標的とされた多くの著名人の一人です。

国内の政治的反体制派を無力化するため、FBIMLKジュニアだけでなく、マルコムX、ブラックパンサー党、ジョン・レノン、ビリー・ホリデイ、エマ・ゴールドマン、アレサ・フランクリン、チャーリー・チャップリン、アーネスト・ヘミングウェイ、フェリックス・フランクフルター、その他何百人もの人々を長年にわたって標的とし、脅迫してきました。

かつては、このような有名人のほとんどがコイントテルプロの標的でしたが、今やFBIがディプステートの意向について真実を言い過ぎたり考えすぎたりしていると判断すれば、誰でもヒットリストに載る可能性があります。

世界は1950年代から技術的にも大きく進歩しました。今やFBIをはじめとする3文字の政府機関は、フェイスブックやX(旧ツイッター)のようなソーシャルメディア・プラットフォームを通じて人々をスパイし、監視することができます。

そして、政府が電柱や信号機、建物、さらには人々の家にまで設置している監視カメラもあります。ホワイトヘッドは、政府のディプステートが国民を監視するために利用しているその他の監視装置として、以下のものを挙げています:

「ナンバープレート・リーダー。呼び鈴。GPS装置。ダッシュカメラ。ドローン。店舗の防犯カメラ。ジオフェンシングとジオトラッキング。フィットビット。アレクサ。インターネット接続デバイス。ジオフェンシングドラッグネット。融合センター。スマートデバイス。行動脅威評価。テロ監視リスト。顔認識。密告ライン 生体スキャナー。犯罪予備軍。DNAデータベース。データマイニング。予知技術。接触追跡アプリ。」

どんな日でも、アメリカの平均的な人々は、1つ、2つ、3つの異なるメカニズムだけでなく、20以上のメカニズムによって監視されています。ほとんどありとあらゆる方法で、ビッグブラザーは人々の生活を監視し、収集したデータを使って誰が脅威かを判断しているのです。

「武器化された監視は、恐怖の美学を中心に構造化された社会を再構築している」と、ホワイトヘッドは警告しています。

憲法修正第1条、第4条、その他の憲法修正条項に対する政府の攻撃に関する最新ニュースは、Tyranny.newsで見ることができます。

Sources for this article include:

TheBurningPlatform.com

NaturalNews.com

関連

魔術とイルミナティ

グレート・リセット高性能大型爆弾:9/11の2ヶ月後、慈善活動のカーネギーメダル賞で一緒にいるアンソニー・ファウチ、ジョージ・ソロス、ビル・ゲイツ・シニアとデビッド・ロックフェラー

静かなる戦争のための沈黙の兵器 戦略と戦術:通貨の崩壊、アメリカ国民相互の信頼崩壊

バンクオブアメリカの予報: 3つの壁画
デンヴァーの壁画で識別された反キリスト

ほか


<転載終了>