高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟さんのサイトより
https://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/740d2be91ab58c0eb0fe48de35d1834c
ミヨイ・タミアラを総称してムー大陸と呼んだ
ミヨイの一部が日本列島
タミアラは移動して南極大陸に
<転載開始>

日本は世界有数のクローン工場を持つ!!

世界でクローン人間の製造は終戦(第二次世界大戦)直後から行われてきました。
クローン人間を作る技法は2つあります。
 
1.レプリケーション(複製)のクローン人間は、赤ちゃんから作ります。
こちらはふつうの赤ちゃんが成長するのと同じ時間がかかります。
 
2.しかしデュプリデーション(複写)のクローン人間は、巨大なガラスの水槽 の中で大人のクローン人間が作られます。
こちらは、短時間で作製が可能です。
 
クローンは、血液や組織のサンプルを使って、遠隔地に保管されている同一のクローン体を作り、その人が眠りにつくと、秘密の技術を使って、人格と記憶をそのままにしたクローン体に意識を移すことで、これを実現していると、10年前は言われていました。
 
今は、記憶を内臓したチップが埋め込まれるようです。
 
クローン人間のマインド(意識や考え方)は本人とは全く異なります。
 
イルミナティ内部では、下層のメンバーは特権階級の連中に絶対服従します。
少しでも抵抗すると、その人間のクローン人の身体をリモートコントロールで段階的に痛めつけ、本人にも同じ苦痛の感覚を与える服従させるのです。
 
クローン人間に電気ショックや拷問を与えると、本人自身も苦痛を感じ、心臓麻痺で死んでしまうこともあります。
 
このような方法で暗殺が行われています。
 
ですから自分のクローン人間が作られると、常にイルミナティに命を狙われることになります。
 

陰謀論者は、世界の主要な出来事は、イルミナティと総称される富裕層の秘密結社の強力な世界的連合の指示の下にあると長い間主張してきました。

彼らは、この影の政府が、銀行、ビジネス、政治、軍事、教育、宗教、医療、メディア、娯楽に至るまで、社会のあらゆる分野を究極的に支配することを含む、隠されたアジェンダを長年にわたって推進し、世界の出来事を指揮してきたと主張しています。

彼によると、彼らの膨大なメンバーには、王族の血筋、著名な富裕層、金融、銀行、メディア、芸能界の有力者、宗教指導者、政治家などが含まれており、その全員が組織に参加して、参加することに同意しているという。

彼は、このエリートクラブのメンバーは無限の機会を享受しているが、その代償として、秘密の会合に参加することに同意しなければならないと説明している。

人間のクローニングの実践は新しいものではなく、遺伝子工学の秘密の実験は何十年も前からイルミナティの科学者によって行われてきたと主張している。


彼は、1940年代に始まった人間のクローン技術は、世界の指導者たちが秘密裏に会合を持ち、将来の出来事を計画し、話し合うための方法として使われていたと説明しています。

 

しかし、時が経つにつれ、彼らは飽きてしまい、他の人のクローンを作り、クローンセンターに連れてくるようになりました。

有名な映画スター、芸術家、ミュージシャン、著名なスポーツ選手などは、すべてクローンを作り、個人的にイルミナティのもとに送り届けられ、彼らのあらゆる妄想を満足させたのです。



マーシャル氏によると、メンバーが他のメンバーに見せびらかすようになったため、時間が経つにつれ、徐々に劣化し、その結果、殺人、誘拐、拷問、レイプ、児童虐待、児童搾取などの犯罪を含む、ショッキングな堕落行為が行われるようになったという。

マーシャルは、幼少期から政府の秘密事業に不本意ながら参加していたため、イルミナティの多くのメンバーが犯した数々の犯罪を目撃したと主張しています。

 

マーシャル氏によると、エリート科学者たちは何十年も前から記憶を操作しており、「ボタンを押す」だけで記憶へのアクセスをオン・オフできる能力を持っているという。

このようにして、この極秘技術によって、誰が何を覚えていて、何を覚えていて、誰も忘れないかを決めることができるという意味で、彼らは脳を完全にコントロールすることができると彼は主張している。
 

 

この技術は何十年も前に完成され、それ以来、様々な理由で多くの人をクローンセンターに連れてくるために利用されてきたと主張しています。

彼によると、ある者はパスワードや仕事上の秘密のために尋問されるために連れてこられ、ある者はイルミナティの忠実なメンバーになるかどうかをテストするために連れてこられている。

ある者は、単に殺人の為のスポーツのために利用され、虐待されるために連れてこられただけです。

 

 

彼らは「普通の仕事をしている普通の人」のように見えても、密かにこの闇の組織に仕えていて、地上のメンバーとして、常に自分たちの地位を向上させようとしていたのです。

さらに、マーシャルは5歳の時に母親が彼をイルミナティに売り渡したことを知ることになります。彼はそこでは奴隷として知られているように、人権も自由の希望もなく、事実上出口のないハイテク地獄に永遠に閉じ込められてしまったのです。

マーシャルは、これが組織の正会員になるための一つの方法だと説明する。親が子供を売って、彼らの好きなように使われるために選ばられると、その代わりに、他のイルミナティのメンバーから機会と好意を与えられて、家族全員が利益を得ることができます。

家族の残りの部分は、彼らの夢の状態の間にクローニングに出席し、犠牲にされた子供に与えられた毎晩の残虐行為を見ることになりますが、犠牲者自身は記憶が抑圧されたままになり、そこで行われる変態性を覚えていないでしょう。
 
マーシャルが言うには、そこでは子供の需要が常に高く、彼と同じように、ほとんどの子供は睡眠時間をどのように過ごすかについては記憶を抑制されたままである。
しかし、彼らが大人になれば、イルミナティは彼らの抑圧を解除し、ロックされた記憶を意識的に呼び覚ますように解放するかどうかを決定することができます。
イルミナティは、組織に役立てば、彼らの記憶を解き放ち、法執行機関や地方政府などの要職に就くように選抜し、そこで隠蔽工作に協力し、関係するメンバー全員の秘密と安全を維持するのに役立つという。

しかし、これらの犠牲者が何の役にも立たない場合、イルミナティは、彼らの記憶を永遠に抑圧したままにしておくことができます。
そうすれば、彼らは決して記憶に残らず、通常、原因不明の恐怖心や恐怖症を抱えた、傷ついた依存症の大人になってしまいます。あるいはそうはならず、代わりに自殺することになると言います。
 
マーシャルは2011年に、世界中の地下深くの軍事基地で毎晩行われている重大な犯罪についての目撃証言をオンラインで公開しました。

マーシャルは、イルミナティが極秘に使用しているクローン人間について、命がけで発言し、科学は一般に知られているよりもはるかに進んでいると説明しています。
 
マーシャル氏によると、そこでは常に子供の需要が高く、5歳の時にクローニングセンターに連れてこられたのは、「ディドル・キッズ」としてメンバーに奉仕するためだったという。

マーシャルは数十年後になるまで、自分の家族が「普通の」ように見えても、何世代にもわたってイルミナティとの強いつながりを持っていたことを知ることはありませんでした。
 
彼は、自分の母親が幼い頃、同じようにイルミナティに利用されていたことを知った。今度は彼女が、他のイルミナティのメンバーからの好意や利益と引き換えに、自分の子供をクローンセンターに連れてくる番だった。

マーシャルは30歳まで記憶を抑圧されていたと言いますが、その後、エリートが機械的に記憶を解放して現在の意識に戻すことを決定した時、「覚醒」として知られています。
 
クローン人間の製造にはレプティリアン族が関わっています。
 
レプティリアンはエジプト文明以前から地球にいるのです。
 
3種類のレプティリアンが存在します。
 
タイプ1は、人間に寄生する邪悪で凶暴な背が高く赤い鱗に覆われています。
 
タイプ2は、人間に寄生しませんが同じように邪悪で凶暴なレプティリアンです。そしてタイプ
 
3は、身長が約8フィートで首が長くグレイ・エリアンのような姿をしています。このタイプは地球の地下深くに住んでいます。
 
彼らはメタンガスと酸素を混ぜたガスを吸って地上で生きています。
 
米政府は彼らと共同作業をしています。
 
日本はクローン製造の中心地です‼️
 
 
人間のクローンを作る研究所。
 
クローン研究所は、極秘の軍事基地内に存在する。
 
セキュリティの枠組みの中で、このような基地は山の中にあり、特別なパスがないと入ることも出ることもできません。
 
クローンを育てるにはいくつかのオプションがあります。
 
主な仕事は、世界の政治家のクローンを育てることです。
 
世界の支配者の50%はクローンであり、これらは魂のないバイオロボットであり、簡単にコントロールできます。
 
クローンを育てるための秘密の研究所は多くの国にありますが、日本はクローン製造の中心地です。
 
クローンは普通の人とどう違うのですか?
 
霊性の欠如、思いやりの欠如。
 
精神性の欠如、先天的な臆病さ、卑屈さ。
 
文化を吸収できない、教養がない、教育を受けているのに 
 
乱れた性欲、乱れた "ドギー "セックス、ペドフィリア。
 
肥大化した攻撃性、怒り - 躁病のような殺意
 
アメリカのバラク・オバマ大統領は、2度にわたってクローンである可能性が非常に高いです。
 
その前の最高権力者のクローンは、米国のコンドリーザ・ライス国務長官でした。
 
ヨーロッパでは、政府にもクローンがいる。
 
ギリシャのチプラス首相、
オランダのルッテ首相、
フランスのマクロン大統領と
オランド大統領、
イタリアのレンツィ首相、
ドイツのメルケル首相
 
などです。
 
第一層は、私たちが住む世界です。
第ニ層は、爬虫人類、トールホワイト、コーンヘッドのハイブリッドが住む世界。
第三層は、爬虫人類、トールホワイト、コーンヘッドの純血種が住む世界。
 
すべての秘密は南極にある!
ここまで

奴らは、なりふり構わず「何でもあり!!」と、昆虫食、そして猛毒蚊に人々を襲わせる準備をしています!!

腑抜の政府は、奴らの言いなりです!!

自分どころか家族さえも、守りません!!

新型コロナを証明した論文はありません!!

公的機関のコロナ情報はすべて嘘です!!

新型コロナは存在しません!!

ワクチンには予防効果はありません

発症効果を防ぐ効果もありません!!

重症化を防ぐ効果もありません!!

ワクチンの中身の正体は

酸化グラフェンによる血栓と、M-RNA修飾ウリジンを使った遺伝子組み換えで免疫破壊!!

この二つを主体に貴方の身体を徹底的に破壊する遺伝子組み換え兵器です!!


<転載終了>