嘘八百のこの世界さんのサイトより
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-5162.html
<転載開始>
「「聖書を深く読めば読むほど、民主主義というものには反対です」と、きわめて危険な教義にたって、「昔の武士は、“生きるも、死ぬも、すべては主君のために”と言って、烈々たる精神に貫ぬいて(ママ)生きていました」などと封建時代の支配者の思想を理想とする時代錯誤もはなはだしい集団です。」by赤旗による「キリストの幕屋」の解説

「やらせ中東戦争(→第三次“八百長”世界大戦)を演出する“変な奴ら”」



CNNの記者が嘘をついたことを認めたようです。
認めただけマシか。まぁハマスもグルですけどね。

https://parstoday.ir/ja/news/world-i119616
CNN記者が、ハマスに関する虚偽報道を謝罪
10月 14, 2023

パレスチナ・イスラム抵抗運動「ハマス」が子供の首を切断したとする偽りの情報が流布していることについて、CNNの記者が謝罪しました。
CNNのサラ・シドナー記者は、X(旧ツイッター)で、ハマスが子供の首を切断したとする根拠のない報道を流したことについて謝罪し、「イスラエル政府は12日、ハマスによって子供の頭が切断されたことを確認したと主張したが、翌日、確認できないと発表した」と投稿しました。
ハマスは11日の声明の中で、パレスチナ戦闘員らが民間人を銃撃し、子供の首を切断しているとした一部西側メディアの主張を否定し、「西側のメディアは、偽りの報道により、占領者シオニスト政権軍によるガザ地区への夜間爆撃を隠蔽しようとしている」としました。
こうした中、シオニスト政権軍は、ガザ地区のパレスチナ人に対する野蛮な攻撃を継続しており、これにより多数のパレスチナ人が殉教または負傷しています。
“変な奴ら”がやらせ中東戦争(→第三次“八百長”世界大戦)を演出しているようなので、メモしておきます。信者さんは騙されているんでしょうが、こいつらは「彼ら」悪魔勢力と繋がっていることを誰か教えてあげてください。まぁ無理かな。信じる者は殺される。統一教会や日本会議と繋がっているということは、CIAと繋がっているということなんですよ。


https://parstoday.ir/ja/news/japan-i119606
渋谷のイスラエル支持集会、「キリストの幕屋」が動員参加
10月 14, 2023

11日、東京・渋谷のJR渋谷駅前で、シオニスト政権イスラエルを支持する集会が開かれました。しかし、SNS上に拡散した集会の動画に映っていたのは、多数の年配の日本人男女が在日シオニストらよりも前に出て、イスラエル旗を振ったり、ヘブライ語の歌を歌ったりする異様な光景でした。彼らの正体を探りました。
この集会は11日午後、JR渋谷駅のハチ公前で開かれ、在日シオニストらのほか、シオニスト政権のコーヘン駐日大使、エマニュエル米大使、ゲッツェ独大使らも参加し、パレスチナの権利を無視し、イスラエルを支持する一方的な主張を繰り広げました。
しかし、それよりも注目を集めたのは、SNS上に拡散したこの集会の様子を映した動画でした。
そこには、数十名はいると思われる日本人の年配の男女が、イスラエル旗を振り、ヘブライ語の歌を歌ってシオニスト政権への支持を表明していたからです。動画を見ると、この集団の女性のほとんどがバケットハットをかぶっています。
また、別の画像には「エルサレムの平和のために祈れ」などと書かれた横断幕が写っています。実はこれらの特徴は、日本の新興宗教・カルト団体である「キリストの幕屋」が行ってきた活動と一致します。


キリストの幕屋とは?
キリストの幕屋の起源は、戦後間もない頃、熊本のプロテスタント信者であった手島郁郎(1910~1973)が取り組んでいた聖書研究活動にあります。
手島は次第に、神の声を聞いたり、奇跡を起こせるようになったと主張するようになり、独自の布教活動を開始します。そして1961年に「キリスト聖書塾」の名前で宗教法人格を取得し、正式に組織としての活動をスタートさせました。
60年代に入ると、手島はイスラエルに強い関心を示すようになり、自らの弟子を派遣・留学させるようになります。それは現在の教団でも活動の中核として引き継がれており、公式サイトによれば毎年留学生を送っているとしています。
また、1988年には聖地ベイトルモガッダス・エルサレムに「マクヤセンター」を開設し、日本からの留学生の滞在先となっているほか、シオニストらに日本文化を紹介する拠点ともなっています。
インターネット上には、このキリストの幕屋の信者らがイスラエルを訪れた際の画像が多数出回っています。そこには、「マクヤ」と書かれた法被のようなものを着用し、11日のデモと同じようなバケットハットをかぶり、「エルサレムの平和のために祈れ」と書かれた横断幕を掲げて行進する様子が写っています。
こうしたことから、一部のSNSユーザーからは、11日の集会の動画が出回った直後から、キリストの幕屋による動員を疑う声が出ていました。
そして13日、在日イスラエル大使館は、X(旧ツイッター)にキリストの幕屋の信者から寄せられたビデオメッセージを投稿しました。ビデオでは、信者らがヘブライ語でシオニスト政権への支持を述べた後、歌にのせ、11日の集会の模様と参加信者のインタビューも映されています。大使館みずからが動員を認めたのです。

統一教会との近似性
キリストの幕屋のもう一つの特徴は、日本の右派勢力への浸透です。「新しい歴史教科書をつくる会」や安倍政権の強力な支持基盤とされた「日本会議」、教育現場における体罰を推奨する団体「体罰の会」などに多数の人員を送り込んでいると言われています。
こうした右派勢力との近さは、統一教会と通じるものがあります。実際、2010年に当時のキリストの幕屋代表であった手島千代子氏(郁郎の妻)が死去すると、その追悼行事に「つくる会」の西尾幹二元会長と藤岡信勝会長(当時)や、統一教会の関係者が出席したと報じられています。


日本の外交にも影響しかねないカルト集団
カルト団体の動員が判明したことで、今回のイスラエル支持集会が、およそ一般の日本市民が自発的に参加したものではないことが証明されました。しかし、国外に対しては、今回拡散した動画があたかも普通の日本の市民がイスラエルを支持しているかのように受け取られる可能性があります。そのようなイメージが国際社会で固定化すれば、日本の外交にも悪影響を与えかねず、またひとつカルト集団の危険性が明らかになったと言えます。




キリストの幕屋って何者?
ウィキから抜粋します。


キリストの幕屋(キリストのまくや)は、日本のキリスト教系の新宗教である。宗教法人としての届け出名はキリスト聖書塾(キリストせいしょじゅく)。主に二世の満13歳を集め、熊本県阿蘇市にて火渡りや神への祈りなどをさせるバルミツバ(ユダヤ教における成人式)なども行う。 幕屋結婚といわれる団体内での慣習がある。女性は三つ編みを頭に巻きつけた髪型をしている。
原始福音・キリストの幕屋(以下「幕屋」と略称)は、1948年に手島郁郎が日本で起こした、無教会運動の1つである。 「幕屋」とは、砂漠に住むイスラエルの民にとっての神が在する移動式の聖所のことである。 ミッション系諸教会の厳格な教義や内村鑑三の弟子たちの無教会運動の主知主義にも不満を抱いていた手島は、1948年に自分で独自の運動を始めた。
運動の当初、手島は無教会主義の運動に忠実で、ヘブライ語やギリシア語による聖書研究を重視していたが、1961年に初の世界巡礼(インド、アメリカ合衆国、ギリシア、イスラエル)を行って以降、西洋教会よりも、イスラエル、特にそこに在住するユダヤ人を重視するようになりだした。 また、手島や「幕屋」の国家主義的傾向はこの頃から強まりだしたようである。
手島は翌1962年から、若い弟子たちをイスラエル留学へ送りだし、そこでヘブライ語を学ばせ、キブツでも働かせることを始めた。また、弟子を2人組にして、金も着替えも持たせずに伝道旅行に送りだすようになった。 これらは、20世紀末になっても続けられている。 手島とイスラエルの関係はその後も強まり、年に1度の聖地巡礼を組織した他、イスラエルの高位聖職者を定期的に「幕屋」の会合に招待したり、日本国内のユダヤ人指導者をもてなすなどした。 特に、1967年の第3次中東戦争以降、手島はイスラエル国家支援のための数々の活動を行っている。

手島が1973年に亡くなった後、「幕屋」は複数の指導者によって運営されるようになった。 これらの指導者の中で、最有力人物は手島の後妻である手島千代と目されている。 手島の死後彼らは、更にイスラエルとの関係を強化し、キリスト教のユダヤ教的起源をより強調するようになった。 例えば、1988年にはエルサレムに幕屋センターを開設し、そこで日本語講座や日本文化講座を設ける、ヘブライ語研究の書籍・資料の出版社の運営、イスラエル学者の文献の翻訳などがあげられる。

特徴[編集]
「幕屋」の特徴としては、多数のペンテコステ派やカリスマ運動の、継続する啓示、聖霊のバプテスマ、癒やし・悪魔払い、異言、霊界との相互作用などと、無教会主義の他には、原始キリスト教への回帰、シオニズム、ユダヤ教諸伝統、日本の民族宗教や山岳修行との混合、新国家主義があげられる。

異端[編集]
上述の特徴から、「幕屋」は異端であると見なされている。フリーライターの島崎愛が書いた小文によれば、「幕屋」が、他のキリスト教教団の説かない「原始福音」なる概念を重要視すること、新約聖書よりも旧約聖書を重視する傾向があること、ユダヤ教の教義に寛容であること、きわめて政治的に右派的な主張を展開することから、一般的なキリスト教からは異端とされている。 一方、組織神学のキリスト論である「キリストとは誰か」の問いに答えれば旧新約聖書を土台にしており正統である。[要出典]
初期の幕屋はまだカリスマ運動のはじめであり、内村鑑三の後継者たち(矢内原忠雄、高橋三郎ら)からは「幕屋」は異端と言われていた。現在、カリスマ運動を否定するキリスト教会は少ない。[要出典]
上杉聰は、キリストの幕屋について宗教右派に属するとしている。

ユダヤ教との接近[編集]
ユダヤ教との接近は、例えば、キリスト教の象徴である十字架を、ユダヤ人が象徴として用いてきたメノラー(七枝の燭台)へ置き換えた点などに見られる。その他にも、賛美歌の中にユダヤ民謡が取り入れられたり、ユダヤ教の安息日が祝福されるなどしている。

「つくる会」・日本会議・「救う会」[編集]
「幕屋」が「新しい歴史教科書をつくる会」(以下、「つくる会」と略称)と関係を強めたことや「つくる会」の集会に信者を大量動員していたことはよく知られている。 これは、「つくる会」の種子島経元会長(元副会長、元理事、元日本BMW会長) が「幕屋」の関係者だったことが大きいようである。 その他にも、「つくる会」の有田正作が「幕屋」の熱烈な信者であることが知られている。
「つくる会」の発足(1997年1月30日)当初に比べて、その後「幕屋」信者の割合が目立って増えた。 特にその女性信者は特徴的な髪形をしている人が多いため容易に判別がついたという。 真偽不明ではあるが、一時期は「つくる会」会員の約四分の一が「幕屋」の会員だった、との「つくる会」の内部情報がある。 「幕屋」の信者の活動は非常に熱心で、「つくる会」に家族ぐるみで入会する、「つくる会」の教科書や西尾幹二著『国民の歴史』を自腹で何十冊も買って知人に配っていた、などの証言がある。
「幕屋」の「つくる会」への傾倒ぶりは相当だったらしい。 「幕屋」の信者動員の数は尋常ではなかっただけではなく、しばしば一般来場者にも布教したり、集会会場から来場者をそのまま自分たちの施設へ連れて行こうとして問題化したりと、 トラブルを引き起こした。 地方支部からは、支部が「幕屋」に乗っ取られた、という声が出始めたほか、本部の方でも「幕屋」から、役員に「幕屋」の人間を入れないかと持ちかけるような状況に陥ったが、「つくる会」の内紛激化のため「幕屋」対策はできなかった。 そのうちに「つくる会」の運動自体が急速にしぼんだため、「幕屋」の問題も対策する必要がなくなった。
その他では、「幕屋」は日本会議の構成団体の1つである他、 2016年現在も北朝鮮拉致問題の解決運動に関与している。
また、「幕屋」がサンケイ会館内に中規模の集会場を持っている、少なくとも2001年頃までは藤岡信勝を講師に招いて全国で講演会を開催していたなど右派勢力との結びつきは強い。
しんぶん赤旗は、日本会議や「つくる会」、北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)との関連についての読者の質問に答える形で、日本会議や「つくる会」と立場が共通しているとして批判している。

手島郁郎はユダヤ系の思想家や宗教家・イスラエル要人との交流が深く、現在でもイスラエルに巡礼団を送ったりユダヤ教との交流を行っている。そのためイスラエルの国家政策に賛同することも多く、日本における代表的なシオニズム(クリスチャン・シオニズム)グループと目されている。




赤旗による解説です。共産党もグルですが、ここに書かれていることは真実でしょう。


https://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-03-29/ftp20080329faq12_01_0.html
2008年3月29日(土)「しんぶん赤旗」
「キリストの幕屋」とはどんな集団?
________________________________________
 〈問い〉「キリストの幕屋」とはどんなグループなのですか? 原始福音とか無教会主義と自らを称し、キリスト教の一派であるように思われましたが、一方で反動的な歴史歪曲(わいきょく)をすすめる日本会議や「新しい歴史教科書をつくる会」、北朝鮮拉致被害者「救う会」などの活動で中心的な役割を担っているとのウェブ情報もありました。(北海道・一読者)
 〈答え〉 原始福音・キリストの幕屋は、弘文堂刊『新宗教 教団・人物事典』(平8)によれば、プロテスタント系の教会員になって熊本で聖書研究会を主宰していた手島郁郎氏が1950年に「聖霊の御業」が働くようになったと布教活動を本格化させた集団で、1961年に熊本県の認証をうけて宗教法人になっています。文化庁編『宗教年鑑』には文部科学大臣所轄の単立宗教法人「キリスト聖書塾」手島千代子代表役員(死去した郁郎氏の妻)となっており、名前を使い分けて、活動しているようです。
 その「宗教活動」は、この集団のホームページによれば、「日本的個性をもつキリスト教でなければ、大和魂をふるい立たせることは出来ません」とか「日本には明治天皇のような、天を仰いでまつりごとをなされる高邁な御方がおられました」というように、聖書を反動的に歪曲した教義によって「日の丸」掲揚のもとで「宗教儀礼」をおこなっています。この集団の立場は、改憲右翼団体の日本会議や、「沖縄戦で日本軍は県民に『集団自決』を強要していない」と主張する新しい歴史教科書をつくる会などと共通していますから、これらの団体の運動と容易に結びつきます。キリストの幕屋などと名乗ってはいますが、日本のキリスト教界では、聖書解釈がまったく異質であり、キリスト教の諸系統のどこともいっさい無関係とみなしています。
 「聖書を深く読めば読むほど、民主主義というものには反対です」と、きわめて危険な教義にたって、「昔の武士は、“生きるも、死ぬも、すべては主君のために”と言って、烈々たる精神に貫ぬいて(ママ)生きていました」などと封建時代の支配者の思想を理想とする時代錯誤もはなはだしい集団です。日本会議などでさえ口にすることをはばかる主張を展開しているこの集団の策動を許さない、社会的な批判が必要です。(平)
 〔2008・3・29(土)〕



https://31562jp.wordpress.com/%E3%80%8C%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3
%83%88%E3%81%AE%E5%B9%95%E5%B1%8B%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%81%
AF%EF%BC%9F/

【キリストの幕屋】とは?




あのユダヤ大好き政党も繋がっているようですね。


https://hibimonogatari.muragon.com/entry/4225.html
参政党はカルト宗教!マークに悪魔ディープステート数字【666】参政党の神谷宗幣は基督の幕屋、幸福の科学、 オウム等の宗教遍歴!更に故安倍晋三・昭恵氏の熱心なシンパであり桜の会にも出席するほど!変なハンドサイン!




「彼ら」はやらせ中東戦争(→第三次“八百長”世界大戦)に日本も巻き込むつもりのようです・・・


https://parstoday.ir/ja/news/japan-i119656
日米共同訓練が、九州・沖縄などで始まる
10月 15, 2023


<転載終了>