BrainDead Worldさんのサイトより
https://nofia.net/?p=16304
<転載開始>

スタンフォード氏の担当者たちが、安全上の懸念を理由に5G協定を拒否「これは害を及ぼす可能性がある」

Stamford Advocate 2023/11/12

Stamford reps reject 5G agreement, citing safety worries: ‘This may cause harm’

コネティカット州スタンフォード市議会は、環境衛生への懸念を理由に、市所有の電柱に 5G通信インフラを設置する連邦規制の計画を拒否した。

11月8日、市議会の議員 40人のうち 21人が、この件に関する地域規制は連邦法に優先されるという市当局の指導にもかかわらず、国内 2大無線会社 AT&Tとベライゾンとの協定に反対票を投じた。

5人の議員が賛成票を投じ、8人が棄権したが、この問題についての情報を知らなかったという議員もいた。

拒否された協定の下では、スタンフォード市は市の通行権内の電柱にスモールセルとして知られる 5G導管を設置する条件に同意するはずだった。

「もしこれが害を及ぼす可能性がほんのわずかでも、たとえほんのわずかでもあるのであれば、これを前倒しする理由は見当たりません」とジェフリー・ステラ下院議員(民主党)は述べた。

キャロライン・シモンズ市長の特別補佐を務めるローレン・マイヤー氏は、理事会メンバーには 5Gの展開を制限する権限がほとんどないと知らされていると述べた。

「法務省は、下院の土地利用委員会に広範な覚書を提出し、地方議会には 5G機器から発せられる高周波放射による健康リスクの疑いの問題について立法する権限がないと説明しました。この問題は事前に問題になっているからです」と彼女は電子メールでの声明で述べた。「市は今後の対応をまだ決めていません」

…同僚たちが協定を拒否すれば訴訟を引き起こす可能性があると意見したにもかかわらず、多くの代表者が協定に反対した。


<転載終了>