ザウルスの法則さんのサイトより
https://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/f06cd80c319ba57979abdcebe391a9c6
<転載開始>

ナノテク反応媒体のデトックス法の1つ: Nixon 博士自身が実践中

 

Nixon 博士については14か月前に以下の記事で紹介済み。

動画: 構築・解体・再構築をする体内チップ? 動いている! これが接種者に?

 

ここで「反応媒体」と言っているのは、1年前からザウルスが提唱している用語である。

「5Gワクチン」もしくは「5Gワクチン兵器」と呼ぶべき理由

5G+反応媒体説:兵器研究家マーク・スティール氏の動画解説

「酸化グラフェン」 をワクチンとの関連で日本で最初に取り上げて紹介したのは当ブログの記事(2021-07-03)であった。  “磁石人間” の原因はグラフェンか?

しかし、以下のように、「酸化グラフェン」以外にも、さまざまな物質が関わっていることが明らかになり、ザウルスは「反応媒体 reactive agent」 という語を1年前から提唱してきた

 

 

 

 

 

 

 

ワクチン中の反応媒体の研究者である David Nixon 氏の研究成果は昨年当ブログでも紹介しているが、彼自身は非接種である。しかし、シェディングのせいか、自身の血液中にナノテク反応媒体を発見してしまう。その後それをデトックスする方法を模索して毎日顕微鏡をのぞく生活だが、その彼がナノテク反応媒体デトックス法を紹介している。

 

 

 

 

<使用上の注意>

  • クエン酸ナトリウムはクエン酸とは別物で、酸っぱくない
  • クエン酸で代用はできない
  • クエン酸ナトリウムは、もともと解毒作用のある化合物として知られているが、過剰摂取は危険
  • 過剰摂取すると、身体にとって必要な微量ミネラルも体外に排出してしまい、さまざまな障害が出てくる
  • 2.5~5.0g は欧米人の平均体重で想定されているので、日本人女性の場合、くれぐれも 5.0g を超えないように!

 

 

 

すでにネット上では、ワクチン毒のさまざまな解毒方法を紹介するウェブサイトもある。しかし、人の弱みにつけこんだ悪質な業者もいる。

このブログでは長らくワクチンの解毒法については一切語らない方針であった。信頼性のある方法や解毒剤を見極める自信がなかったからである。しかし、一年以上も高く評価して紹介してきた反応媒体の最前線の研究者自身の解毒法が公開された今、やっと方針を改めることとなった。

クエン酸ナトリウム自体は安価に手に入る。しかし、これによる解毒法も万能ではなく、特に過剰摂取は禁物である。この点に注意するかぎり問題ないと思われる。


<転載終了>