さてはてメモ帳さんのサイトより
http://glassbead.blog.shinobi.jp/illminati/protocols%20of%20zion
<転載開始>

Not a "Forgery", the Protocols of Zion Are Coming True  January 9, 2024

https://henrymakow.com/maurice_joly_plagiarized_proto.html

(モーリス・ジョリー1821-1879は、盗作の歴史を持つジョセフ・レヴィという名のユダヤ人であった)

プロトコール』はジョリーの『対話』の約40年後に発表されたので、それ以前の著作を盗用したのだという仮説がある。しかし、実際には『プロトコール』の方が『対話』より先であり、ジョリーはそこから借用したのである。

つまり、『シオンのプロトコール』は反ユダヤ的な策略とはほど遠く、100%本物なのである。

プロトコールは新世界秩序(共産主義)の基礎であり、人類を悪魔主義に引き入れようとするもので、「自分たちのものではないあらゆる集団的な力を破壊する」(プロトコール16-4)、すなわち人種、宗教、国家、家族をである

これが、性同一性障害(結婚と家族の破壊)、移民と混血(人種)、グローバリズム(国家)の推進の説明である。一方、教会(宗教)は妨害され、「神」という言葉は公の場から禁止された。

これが、偽のパンデミック、奴隷マスク、ロックダウン、来るべき世界大戦、アジェンダ2030の説明である。

 

From July 30, 2008 and March 25, 2022

By Henry Makow PhD

シオンの長老たちのプロトコール』(1905年)については、モーリス・ジョリー[Maurice Joly]の『マキアヴェッリとモンテスキューの地獄の対話』(1864年)の「偽作」であるという断り書きなしに言及することは禁じられている

プロトコール』は『対話』の約40年後に出版されたので、それ以前の著作を盗用したのだという仮説である。しかし、実際には『プロトコール』の方が『対話』より先であり、ジョリーはそこから借用したのである。つまり、『シオンのプロトコール』は反ユダヤ主義的な策略ではなく、本物なのである。
私はすでに、この二つの文書が、いくつかの行や単語は共通しているものの、類似したものでも派生したものでもないことを論証した。

シオンの長老たちのプロトコール』は本質的に、収奪と暴政(専制政治)、すなわち新世界秩序のための見事なマスタープランである。現在の苦境を理解する鍵である。(これはすべてのユダヤ人を非難しているのではなく、人類に対するこの極悪非道な陰謀を指揮している銀行家と高級メイソンの核を非難しているだけである)

地獄での対話』は、ナポレオン3世に対するベールに包まれたメーソン的ユダヤ人的攻撃であり、彼らが旧秩序を弱体化させ権力を簒奪するためにいかに自由主義を擁護したかを示す一例である。(プロトコール』の著者は、自由主義やあらゆる平等主義的なプログラムを軽蔑している。それらは大衆を操るための仕掛けにすぎない)

 

ケリー・ボルトン

ケリー・ボルトン[Kerry Bolton]の単行本『The Protocols of Zion In Contextシオンのプロトコール、その背景)』(ルネッサンス・プレス、2003年)を読むと、ジョリーが『プロトコール』から盗用したのであって、その逆ではないことが明らかになった。

本名ヨセフ・レヴィ[Joseph Levy]というユダヤ人のジョリーは、生涯メーソンであり、『プロトコール』の起源である「ミズライムのロッジ」のメンバーであった。彼はロッジの代表アドルフ・クレミュー[Adolph Cremieux]Isaac Moise Cremieux 1796-1880)の弟子であり、イスラリア連合(Alliance Israalite Universelle)の創設者であり、レオン・ガンベッタ[Leon Gambetta]のユダヤ人支持政権の大臣であった。

 

この陰謀(策略・構想)はプロトコールに「何世紀も前のもの」と書かれている。おそらく『対話』より古いものだろう。ジョリーはプロトコールに精通し、彼がナポレオン3世になぞらえたマキアヴェッリの不人気な権威主義的立場を具体化するためにプロトコールから借用した。
1879
年に自殺したジョリーは「借用」の習慣があった。彼はウジェーヌ・スー[Eugene Sue]の人気小説『Les Mystares du Paris(1845)の盗作で訴えられている。(1845年) また、彼の著作は、クレミューのもう一人の弟子、ジャコブ・ヴェネディ[Jacob Venedy]の 『Machiavelli, Montesquieu, Rousseauマキアヴェッリ、モンテスキュー、ルソー)』に対して実際より前の日付にしている。(1850)

1884
年、パリ在住のロシア人将軍の娘ジュスティーヌ・グリンカ[Justine Glinka]夫人は、機密情報を得るためにジョリーのミズライム・ロッジのメンバーであるジョセフ・ショルスト[Joseph Schorst,]を雇った。 2500フランでショルストはグリンカに『シオン長老のプロトコール』を提供した。その後、彼は追跡され、エジプトで殺害された。

ツァーリ政府には、すでにこの文書が深く浸透していた。グリンカはその後、この文書を友人に渡し、その友人がセルギウス・A・ニルス[Sergius A. Nilus]教授(上)に渡して、1901年に初めて出版した。

ボリシェヴィキ革命後、ニルスは1924年にキエフで逮捕され、投獄され、拷問を受けた。裁判所長は彼に、「プロトコールを出版したことで計り知れない損害を与えた」と言った。("Waters Flowing Eastward" by Paquita de Shishmareff, 1999, pp.74-76.)

 

結論

もしあなたの世界征服計画が漏れてしまったら、あなたはどうしますか?認めるだろうか?「やられた!私のミスだ!」

いや、その文書が「偏見」と「反ユダヤ主義」に突き動かされたデマであることを皆に納得させるために、暗号化の軍隊を雇うだろう。彼らはこの「ダメージコントロール」を完璧に実行している。


(もちろん、彼らはゴイムの裏切り者、すなわちフリーメーソンなしにはそれをなし得なかった)

 

これは、その青写真が自由に利用できるにもかかわらず、優勢になった唯一の陰謀である。これは、知識人と大衆の軽信性(あるいは悪徳性)を示している。

彼らはまず私たちの心を植民地化した。私たちは「反ユダヤ主義」と非難されるのを恐れて、抑圧者の名前を挙げることができない。

それはあたかも、綿花プランテーションで働く黒人奴隷が、白人の奴隷運転手について言及することは「人種差別的」あるいは「偏見的」であると教えられたがごとくである。ユダヤ人の大多数はこの陰謀を知らず、他の人々と同じように操られているので、人種差別は非常に悲惨な問題から注意をそらすための策略である。
イルミナティ(メーソン系ユダヤ人のトップとその非ユダヤ人の盟友)は、自分たちのために究極の権力を確保する方法として、ある程度の富と権力を大衆に分配した(自由主義、社会主義)。プロトコールによれば、彼らの「目に見えない政府」が無敵になれば、彼らは最終的にこれらの利益を取り上げるだろう。テロとの戦い」はこの文脈でとらえるべきである。

私の考えでは、「プロトコール否定派」はこの陰謀に加担している。ユダヤ人である私は、この責任を自分にも、他の罪のないユダヤ人やメーソンにも負わせたくない。


Related -  To Understand the World, Read the Protocols of Zion

Protocols- Introduction and Synopsis

Protocols 5-11 - The Slaughter of the Lambs 

Protocols12-15 -- Freemasonry Serves the Elders 

Protocols 16-24  - Events Confirm their Authenticity

Protocols Plagiarism Claim is Flawed

 

Ken Adachi - Origin and full text of Protocols
-----------------------

First Comment from Tony B:

必要な説明がとてもよくできています。 非常にありがたい。

少なくとも米国では、「プロトコール」という言葉は一般的に使われる言葉ではないので、その定義が必要かもしれない。

ウェブスターの1つを紹介しよう: 「文書や取引の原本、草案、議事録、記録。」

これは、ショルストが講演者のノートを講堂の講壇から盗んだという既知の経緯とぴったり一致する。繰り返すが、これらのプロトコールが静的なものであると信じる理由はない。 このプロトコールはすでに古いものだと自認しているのだから、常に更新されていることを示唆している。 例えば、これらのプロトコールは印刷機のコントロールについて言及している。 今日では、インターネットのコントロールに言及するだろう。


<転載終了>