あかいひぐまさんのサイトより
https://note.com/akaihiguma/n/ncd2b2ceb0f04
<転載開始>

投稿者: ザ・エクスポーゼ 2024 年 2 月 10 日

https://expose-news.com/2024/02/10/cdc-heart-disease-risk-skyrockets-post-covid-vaccination/

米国疾病管理センターと食品医薬品局が実施した研究によると、mRNA COVIDワクチン接種後の心筋炎のリスクは、集団におけるバックグラウンドリスクの約133倍である。

つまり、COVID-19のワクチン接種によって、心臓に炎症を起こす自己免疫疾患である心筋炎を発症するリスクが13,200%増加するということである。

画像
Source

この研究は、米国疾病管理センター(CDC)および米国の複数の大学や病院の研究者らによって実施されたもので、ファイザー・バイオンテック社とモデナ社の製品によるワクチン接種の効果を調べたものである。

この研究の著者らは、CDCのVAERS報告システムから得られたデータを使用し、それらがCDCの心筋炎の定義に準拠していることを確認するためにクロスチェックした。

1626例の心筋炎症例が調査され、その結果、ファイザー・バイオンテック社の製品が最も高いリスクと関連しており、16歳から17歳の男性では2回目のワクチン接種後100万接種あたり105.9例、12歳から15歳の男性では2回目のワクチン接種後100万接種あたり70.7例であった。また、18歳から24歳の男性では、ファイザー社製、モデナ社製ともに心筋炎の発生率が有意に高かった(それぞれ100万回あたり52.4例、56.3例)。

画像
Source

この研究では、以前の研究と一致して、発症までの期間の中央値は2日で、82%が男性であった。罹患者の約96パーセントが入院し、そのほとんどが非ステロイド性抗炎症薬による治療を受けた。

データレビューの時点では、心筋炎の可能性のある30歳未満の死亡報告が2件あり、まだ調査中であるため症例数には含まれていない。

報告された症状は、胸痛、圧迫感、不快感(89%)、息切れ(30%)、心電図異常(72%)、心臓MRI異常(72%)であった。

本研究の著者らは、ワクチン接種後の心筋炎は典型的なウイルス症例よりも速やかに治癒するようであると指摘している。しかし、ワクチン接種がもはやCOVID感染を回避する確実な方法とは考えられていないことを考えると、このことがCOVIDワクチン接種の費用便益分析に特別な関連があるかどうかは不明である。

画像

ワクチン接種と心筋炎との関連性を確認する研究が数多くあることから、CDCは、ワクチン接種後の心臓関連事故後の経過を観察するため、青少年および若年成人の積極的サーベイランスを開始した。しかし、長期的な転帰データはまだ得られていない。

一方、米国心臓協会と米国心臓病学会は、心筋炎患者は3~6ヵ月間は競技スポーツを控え、心電図やその他の検査結果が正常であることを確認してから激しい運動を再開するよう勧告している。さらに、mRNAワクチンの接種は延期すべきであると勧告している。

画像
Source

結論として、本研究の著者らは、mRNAベースのCOVID-19ワクチン接種後の心筋炎リスクは、複数の年齢層および性別層で増加し、思春期の男性および若年男性では2回目の接種後に最も高くなったこと、そしてこのリスクはCOVID-19ワクチン接種の利益との関連で考慮されるべきであると指摘している。

________________________________________________


<転載終了>