あかいひぐまさんのサイトより
https://note.com/akaihiguma/n/n96643c709cc6
<転載開始>

Sam Parker 2023-10-15
https://behindthenews.co.za/the-west-versus-eurasian-integration-part-2-of-a-2-part-series/

画像

以下は、ズビグニュー・ブレジンスキー著『THE GRAND CHESSBOARD』からの引用である。

彼はロックフェラーの地政学アナリスト/アドバイザーであり、1973年に新たに設立された三極委員会の初代委員長に任命された。彼はカーターの国家安全保障顧問になったが、これは1970年代以降ワシントンで最も重要な仕事である。これは現在まで続いている。ジェイク・サリバンは毎朝命令を受ける。彼はバイデンの 「コントローラー」なのだ。ワシントンでは何十年もの間、そうやって物事が進められてきた。この言葉があれば、2001年以降のすべての出来事が完全に理解できる。 このように、彼の言葉は、グローバリストたちの考え方を私たちに教えてくれる。

  • 「約500年前に大陸が政治的な交流を始めて以来、ユーラシア大陸は世界権力の中心であった。

  • 「ユーラシアを支配し、ひいてはアメリカにも対抗できるユーラシアの挑戦者が現れないことが肝要である。それゆえ、包括的かつ統合的なユーラシア地政学戦略の策定が本書の目的である。

  • アメリカがユーラシアをどのように "管理 "するかは極めて重要である。ユーラシア大陸を支配する大国は、世界で最も先進的で経済的に生産性の高い3つの地域のうち2つを支配することになる。また、ユーラシア大陸を支配すれば、ほぼ自動的にアフリカが従属することになり、西半球とオセアニアは地政学的に世界の中心大陸の周辺に置かれることになる。世界の人口の約75%がユーラシア大陸に住んでおり、世界の物的富の大部分もユーラシア大陸にある。ユーラシア大陸は、世界の既知のエネルギー資源の約4分の3を占めている。

  • 「アメリカは今や唯一の世界的超大国であり、ユーラシアは世界の中心的舞台である。したがって、ユーラシア大陸の勢力分布がどうなるかは、アメリカの世界的な優位性とアメリカの歴史的遺産にとって決定的な重要性を持つ。」

  • 「ヨーロッパとアジア全域に警告の兆しが見えている今、アメリカの政策を成功させるには、ユーラシア大陸全体に焦点を当て、地理戦略的デザインに導かれなければならない。」

  • 「しかしその一方で、ユーラシアを支配し、ひいてはアメリカにも挑戦できるようなユーラシアの挑戦者が現れないようにすることが不可欠である。」

さて、以下はウクライナをロシアの影響から引き離すことの重要性に関してである。

  • 「ウクライナは、ユーラシアのチェス盤の新たな重要な空間であり、独立国としての存在そのものがロシアを変貌させるのに役立つため、地政学上の要である。ウクライナがなければ、ロシアはユーラシア帝国ではなくなる。ウクライナのないロシアは、まだ帝国の地位を目指すことはできるが、その場合、アジア主体の帝国国家となり、覚醒した中央アジアとの衰弱した紛争に巻き込まれる可能性が高くなる。」

  • 「ウクライナは、ユーラシアのチェス盤の新たな重要な空間であり、独立国としての存在そのものがロシアの変貌を助けるため、地政学的な要である。ウクライナなしでは、ロシアはユーラシア帝国ではなくなる。」

  • 「しかし、モスクワが5200万人の人口と主要な資源、そして黒海へのアクセスを持つウクライナの支配権を取り戻せば、ロシアは自動的にヨーロッパとアジアにまたがる強力な帝国国家となるための手段を再び手に入れることになる。」

次はイランについてだ。

  • 「米国が中国とイランを同時に敵対させるほど近視眼的である場合にのみ、ロシアと中国とイランの双方を同盟させる連合が発展する。

「ロックフェラーの最悪の悪夢は、今日現実のものとなった。」

次の引用は、主人のフランスとフランスのロスチャイルド家に対する憎悪を反映している。

  • 「フランスの政治エリートが、フランスはまだ世界的な大国であるという概念にとらわれていることには、妄想的な強迫観念の要素がある。」

  • そして最後に、正義や人権などを声高に宣言しながら、自国内の反対意見を抑圧するために、アメリカ国内で軍事独裁政権への転換が行われている。

  • 「アメリカは国内では民主的だが、国外では独裁的なのだ。」

まずアメリカで、次に世界中に向けて、物語をコントロールすることへの洞察。この家族はアメリカを大きな人間実験室と動物園にしてしまった。この社会的狂気はすべて、「現代的」であり、「ヒップ」であり、「時代についていく」こととしてメディアを通じて描かれている。このナルシスティックな人生観は、メディアによって外国にも伝わり、外国人もアメリカ人と同じようにバカになる。

  • 「アメリカのテレビ番組と映画は、世界市場の約4分の3を占めている。アメリカのポピュラー音楽も同様に支配的であり、アメリカの流行、食習慣、衣服までもが世界中で模倣されるようになっている。インターネットの言語は英語であり、世界のコンピューター・チャットの圧倒的な割合もアメリカから発信され、世界の会話の内容に影響を与えている。最後に、アメリカは高度な教育を求める人々のメッカとなり、約50万人の留学生がアメリカに集まり、優秀な学生の多くは帰国しない。アメリカの大学を卒業した者は、すべての大陸のほとんどすべての内閣にいる。」

そして、ワシントンの政治家たちのIQの低さと愚かさについて。

  • 「アメリカの例外主義は世界の複雑さやアメリカのエネルギー依存のような重要な問題を理解できない人々の反動である。そのため、彼らは単純化された安らぎや明瞭さを求めている。そして今、いわば彼らの不安の代弁者として選ばれている人々は、ほとんどの場合、驚くほど無知なのだ。」

これが米国内の最高権力者の考えである。それから20年後、西側諸国はこのユーラシア統合のプロセスを止めようとあらゆる試みを行った。その間ずっと、西側の経済力、軍事力、金融力は、特にこの10年間で低下し始めた。2019年8月に金融システムが崩壊しそうになると、ニューヨークは民間部門からの信用需要を減らすために、世界的な経済封鎖を行った。その後、ロシアを解体し、その資源と富を奪おうとしたが、惨敗した。

そして今、ガザ戦争はロックフェラー帝国によって、イランを破壊する手段として捉えられている。

エネルギーとグリーン・アジェンダ

このアジェンダは、自称ダボスのエリートたちによって考案されたもので、ロックフェラーの弟子であるモーリス・ストロングによって1992年に構想された。ロックフェラーの弟子であるモーリス・ストロングが1992年までさかのぼる。このアジェンダに組み込まれた夢は、グレート・リセット(無意味な炭素ゼロのグリーン・アジェンダ)を実施することだ。ロックフェラー一族の目的は、この詐欺を使って世界経済を脱工業化することだ。

石油、ガス、石炭、原子力といったエネルギー生産の増加は、労働者一人当たりの生産性を向上させ、余剰を生み出す。逆もまた真である。エネルギーを削減すれば、経済は停滞し、衰退する。つまり、産業活動と生産性を低下させ、ウォール街の政策を優先させ、生産を破壊することは、家族にとって利益となるのだ。生産されないものを食べることはできない。

西側が衰退し、東側が台頭しているため、西側を支配する2つのファミリーは、衰退しつつある世界的な権力にしがみつこうと懸命になっている。

同様に、南半球における食糧生産も同様だ。アメリカの巨大農業企業に有利な土地改革を含む新たな政策が、これらの国々のほとんどに強要された。食料、エネルギー、金融がロックフェラーの支配下にあるため、これらの国々はワシントンの政策に従うか、飢餓に陥るか、制裁を受けるか、侵略されるかのいずれかである。

経済、金融、軍事、イデオロギー、メディア支配など、2つのファミリーを支えてきた主なベクトルは、すべて衰退の一途をたどっている。もうひとつの側面は、グローバル・サウスにおける天然資源の略奪である。

資源ナショナリズム

欧米の鉱業会社は、その精製事業のほとんどをEUやアメリカに置いている。現在、インドネシアやアフリカなど、南半球の国々は原材料の輸出を禁止する法律を導入している。むしろ、そのほとんどが輸出国で「付加価値」事業を開始することを要求している。

2つのファミリーは、グローバル・サウスの国々から制裁を受ける可能性もあり、自分たちの利益を減らすことになるため、この慣習が終わることを恐れている!

しかし、彼らの目的はただひとつ、自国から金融寄生虫を追い出すことである。

問題は、国民を助け、生活水準を上げ、さらには生活費やビジネスコストを下げるために経済を運営するということは、ウォール街を助けるために経済を運営するのではないということだ。もし誰かが・・・

金融セクターは、そのような人物を公職から締め出したいのだ。ハイ・ファイナンスは短期的なもので、長期的なものではない。ヒット・アンド・ランのゲームに興じるのであって、具体的な経済成長の枠組みを作るというはるかに難しい仕事ではない。

できることは2つある:労働者を助けるか、ウォール街を助けるかだ。もし経済を運営することが労働者を助け、より良い医療を提供することで生活水準を向上させることだとしたら、それは金融セクターと短期的な企業利益を犠牲にすることになる。つまり、ウォール街のためではなく、自分たちの繁栄のために誰かが経済を動かすということだ。

ロックフェラーによる世界銀行とIMFの支配:

第二次世界大戦後、ロックフェラー一族は世界銀行(インフラ整備のため)とIMF(国際収支危機に直面する国々を支援するため)を創設した。世界銀行はロックフェラーの代理人によって運営されている。IMFのトップはロスチャイルドのエージェントで、たいていはヨーロッパの中央銀行か財務大臣である。この二つの組織では、アメリカが拒否権を持っている。これら2つの組織の活動が世界政治により深く関わるようになったのは、1975年以降のことである。このことを念頭に置きながら、これら2つの組織の政策がどのような影響を及ぼし、それがNATOブロックからBRICSへとグローバル・サウスが移行するのにどのように貢献したかを論じてみよう。

帝国主義とは、無一文で何かを得ることである。生産的な役割を果たすことなく、搾取的なレンティアシステムを構築することで、他国の余剰を獲得する戦略である。帝国主義国家は、他国に貢物を納める義務を課す。もちろん、アメリカはローマ皇帝が統治する地方に言ったように、「朝貢を払え」とは言わない。アメリカの外交官たちは、他国からの国際収支の流入や中央銀行の公的貯蓄を米ドル、特に米国債で運用するよう主張するだけだ。この財務省証券基準は、世界の通貨・金融システムを支流システムに変えてしまう。世界中にある800の軍事基地を含め、アメリカの軍事費の支払いはこのシステムで行われている。

金利は歴史的な低水準にあり、投機家が裁定益を得るために株や債券を買うための安い資金を提供し続けようとするために低く保たれている。投機筋は、低金利で借りて高い利回りで配当の出る(キャピタルゲインも得られる)株を買ったり、企業のジャンク債など高い金利の債券を買ったりして、その差額を手元に残すことができる。要するに、低金利は一種の金融工学なのである。

ドルが切り下げられたときに通貨安がもたらすのは、ウォール街の企業が1%を借り入れ、3%、4%、5%の利回りの欧州通貨や債券、あるいはそれ以上の利回りの株式を買うことができるようになることだ。1990年に日本が行ったように、超低金利でキャリートレードと呼ばれる取引を増やすことだ。キャリートレードとは、低金利で借り入れ、高金利の債券を購入し、金利差で裁定取引を行うことである。

1971年以来、世界の外交は基本的にアメリカの軍事力に支えられてきた。これは自由市場ではない。軍事力によって各国は財政的に窮地に追い込まれ、アメリカは返済することなく借金をすることができる。財政赤字を抱える他の国々は、米国に対抗するために、あるいは労働力の生活水準を向上させるために、経済を拡大することさえ許されない。このグローバル化した金融階級闘争から解放されることで、生活水準を向上させ、設備投資や技術を向上させることができるのは、中国、そして原則的にはロシアやアジアの一部の国々など、アメリカの軌道の外にある国々だけである。

これは帝国主義のより高い段階だ。昔の帝国主義は植民地主義だった。植民地支配とは、軍事力を行使して支配階級を植え付けることだ。しかし、それぞれの国は独自の通貨を持っていた。帝国主義が「スーパー」になったのは、アメリカが他国を植民地化する必要がなくなったからだ。その国を侵略する必要も、実際に戦争する必要もない。必要なのは、その国の貯蓄や輸出収入をアメリカ政府への融資に投資させることだけだ。これによってアメリカは金利を低く抑えることができ、アメリカの投資家はアメリカの銀行から低金利で借り入れ、利回りが10%や15%以上の外国の産業や農業を買い取ることができる。アメリカの投資家は、国際収支が赤字であるにもかかわらず、外国から低金利でドルを借り入れることができることに気づいている。このようなただ乗りの協定によって、近いうちに借金から解放されることが期待されているのだ。

2023年10月12日、モロッコでの中国とのIMF対決

モロッコで開催される今年のIMF・世銀総会は、中国とBRICS+の盟友たちに対する米国・NATO外交にとって、これまでで最も露骨な対立となる。問題となっているのは、IMFと世銀の加盟国の割当を引き上げようとするアメリカの動きが活発化していることだ。クォータは投票力を反映するもので、政策制定には85%の投票が必要だ。15%の拒否権があれば、いかなる政策変更も阻止できる。1944年から45年にかけてこの2つの組織が発足して以来、米国はいかなる組織にも拒否権を持つことを主張してきた。これにより、自国よりも他国に利益をもたらすと判断した政策を阻止することが可能になった。17.4%のクオータ(16.5%の得票率)により、IMFでの拒否権が与えられている。

1945年以来の国際金融パワーの変遷に、当初のクォータ配分が追いついていないのは必然だった。台頭する経済国は、IMFや世界銀行の政策決定において、より大きな割当と、それゆえの発言力を求めてきた。しかし、クォータ増額のたびに、米国の戦略家たちは、クォータ全体の増額は自国のクォータを15%以下に減らしてはならないと主張してきた。

他のどの国も、アメリカの力には遠く及ばない。

何十年もの間、各国はIMFへの借金を避けようとしてきた。労働者の賃金を十分に引き下げれば、対外債務の返済額はいくらでも抑えられるというジャンク・エコノミクスの信念のもと、反労働緊縮政策が実施されることを恐れたのだ。

ジャネット・イエレン米財務長官とマラケシュの新自由主義者一味は、中国にIMFでより強い発言力、つまり発言枠を与えることになると、鉄槌を下した。我々はもはや法の支配の中にいるのではなく、アメリカの役人がその場限りのルールを決める「ルールに基づく秩序」の中にいるのだ。すでにIMFの規則や手続きは茶番と化している。IMFによるウクライナへの最近の融資は、ウクライナの借入額を枠の7倍にまで引き上げた。IMFはもはや協定に従う義務を感じておらず、公然とアメリカ国務省と軍の代理人として行動し、アメリカ/NATOのロシアと中国との戦争(そしてもちろん、本当はドイツと西ヨーロッパとの戦争)に資金を提供している。

ウクライナへのIMF融資は、加盟国への融資制限に違反していることに加え、戦争状態にある国への融資も禁止されている。そして第三に、その国が融資を返済できるという計算なしに融資をしてはならないという「ノーモア・アルヘンティーナ」ルールに違反している。IMFと世銀のアメリカの戦略家たちは、アメリカの支配を促進するために融資を武器にし続けるに違いない。

IMFや世銀のアメリカの戦略家たちは、アメリカ優位を促進するために融資を武器にし続けるに違いない。それは確かに、アメリカの長期的な敵対国ナンバーワンに指定されていることから正当化されるように思える。しかしアメリカが拒否するなら、中国はIMFと世界銀行の加入を全面的に取りやめればいい。立ち去るのだ。

なぜ中国は、中国やBRICS+の同盟国の政策に不利な国際機関に補助金を出さなければならないのだろうか?世界銀行は常にアメリカの外交官、たいていは軍部出身者がトップであり、中国の「一帯一路」構想に代わるアメリカ・北大西洋条約機構(NATO)の支援に資金を提供することを望んでいる。また、IMFの新自由主義的な「安定化」政策は反労働者的であり、それゆえ米国の顧客である寡頭政治に最も従順であり、BRICS+諸国が導入しようとしている改革ではない。

貪欲と傲慢がアメリカの影響力を破壊した

アメリカの支配に対するナショナリストの反動がヨーロッパの政治全体に高まりつつある。アメリカがヨーロッパの政策をコントロールする代わりに、アメリカはヨーロッパだけでなく、最も重要な「南半球」全体で敗北を喫することになるかもしれない。ユーラシアと南半球をアメリカの軌道から追い出そうとしているのは、アメリカの外交である。アメリカによる世界一極支配の推進は、内部から急速に解体されたにすぎない。バイデン=ブリンケン=ヌーランド政権は、ウラジーミル・プーチンも中国の習主席も望めなかったことを、これほど短期間に成し遂げたのである。

プーチンも習近平も、米国中心の世界秩序に代わる世界秩序を作り出そうとはしなかった。しかし、ロシア、イラン、ベネズエラ、中国に対する米国の制裁は、グローバル・サウスに自給自足を強いるための保護関税障壁の効果をもたらした。

1955年のバンドン非同盟諸国会議以来、南半球諸国やその他の国々は米国の支配に不満を抱いてきたが、実行可能な代替策を打ち立てるには決定的な数が不足していた。しかし、米国がNATO諸国にあるロシアの公的ドル準備高を没収したことで、彼らの関心は今、NATO諸国に集中している。これによって、ドルは国際的な貯蓄を保持する安全な手段であるという考えは払拭された。イングランド銀行が以前、ロンドンに保管されていたベネズエラの金準備を押収したことは、ドルだけでなく、スターリングやユーロがいかに武器化されているかを示している。ところで、リビアの金準備はどうなったのだろうか?

アメリカの外交官たちは、このシナリオについて考えることを避けている。アメリカが提供できる唯一の利点に頼っているのだ。空爆を控えるかもしれないし、国家民主化基金による「ピノチェット」のためのカラー革命を起こすかもしれない。

しかし、アメリカが提供できるのは、そのような行動を控えることだけだ。アメリカは自国の経済を脱工業化し、海外投資という考え方は、技術独占と石油・穀物貿易の支配権をアメリカの手に集中させることによって、独占的なレント・シーキングの機会を切り開くことである。

今起きているのは、意識の変化である。グローバル・マジョリティが、自分たちが望む国際秩序とはどのようなものなのか、自主的かつ平和的に交渉しながら選択しようとしているのだ。彼らの目的は、単にドルの使用に対する代替手段を生み出すことではなく、IMFや世界銀行、SWIFT銀行決済システム、国際刑事裁判所、そして米国の外交官たちが国連からハイジャックした諸機関に対する、まったく新しい制度的代替手段を生み出すことである。

その結末は、文明的な範囲に及ぶだろう。私たちが目にしているのは「歴史の終わり」ではなく、米国中心の新自由主義金融資本主義と、そのジャンクな民営化経済学、労働者に対する階級闘争に代わる新たな選択肢なのだ。貨幣と信用は、経済的ニーズと生活水準上昇のための資金調達のための公益事業ではなく、狭い金融階級の手に私有化されるべきだという考えは、ついにその清算に直面している。皮肉なことに、アメリカの歴史的役割は、アメリカ自身はこうした路線で世界を前進させることはできなかったものの、ウクライナの平原でロシアを征服し、(アメリカのIT独占の試みを打ち破ろうとする)中国の技術を孤立させようとすることで、世界を対立的な帝国体制に閉じ込めようとしたことが、世界の多数派を帝国体制から遠ざける大きなきっかけとなった。

新たな「悪の枢軸」との戦い

NATOのウクライナでの屈辱は、今やBRICSの台頭によってさらに深刻なものとなっている。核戦争でも起こさない限り、ミシマットにできることはほとんどない。ハイブリッド戦争やカラー革命、さまざまな分断工作を加速させる以外には。危機に瀕しているのは、新自由主義という現在の西側モデルの完全な崩壊にほかならない。

中国は、ヘゲモニーによる連続的な挑発に引っ掛からないよう、地政学的に「リスクを回避」している。一方、ロシアは、運動性戦争のリスクを回避するため、深い忍耐と統制を行使している。

しかし、メドベージェフの発言には、自暴自棄に陥ったヘゲモニーが、BRICS3カ国(ロシア、中国、イラン)による新たな「悪の枢軸」に対して第三次世界大戦を起こす可能性さえあるという含みがある。

ロシアの)国家安全保障会議のニコライ・パトルシェフ長官は、これ以上ないほど明瞭だった:

「支配を維持しようとするあまり、西側諸国は軍事機械よりも有効な手段を自ら破壊した。物資やサービスの移動の自由、輸送や物流の回廊、統一された決済システム、グローバルな分業体制、バリューチェーンなどだ。その結果、欧米人は急速に世界から孤立している。」

もし彼らが、未来を共有する共同体に加わることができればいいのだが......願わくば、核兵器がない、後の時代に。

次の記事はガザ戦争を扱ったものである。ガザ戦争は、ウクライナでの屈辱的な敗北とウォール街の差し迫った崩壊に関するメディアの見出しを転換するチャンスを米国に与えた。アメリカがガザに二の足を踏んでいるのにはいくつかの理由がある。もうひとつは、ユーラシア大陸を再び爆破するというロックフェラーの計画だ!説明しよう:

  • 第1次世界大戦は1917年2月、国際金融の拠点をロンドンからニューヨークに移した。そしてユーラシア大陸はこの戦争で破壊された。

  • 第2次世界大戦はユーラシア大陸を東から西へと破壊した。 その瓦礫の中から、アメリカが世界の支配的な大国となった。

今、アメリカの世界支配は急速に失われつつある。衰退しつつある力にしがみつこうと、アメリカはイスラエルに味方してガザ戦争に参戦するチャンスをつかんだ。イスラエルによる大虐殺は、アラブ近隣諸国の心を硬化させている。これが、この地域を爆発へと導いている。

これは、ユーラシア大陸を再び破壊するというアメリカの世界的な計画に合致している。中国に対して台湾を利用することで、ユーラシア大陸東部を爆破する必要があるのだ。下の地図を見てほしい。ユーラシア大陸の3つのポイント、ウクライナとイスラエルの2つが今燃えている。


しかし、ガザ戦争は地域戦争になる可能性を秘めており、世界戦争に発展する可能性もある。

それは次のようなものだ:

もしイスラエル国防軍がガザ住民への大量虐殺を続けるか、もっと悪いことにガザへの地上侵攻を開始すれば、ヒズボラは北から参戦すると約束した。アメリカはイスラエルに対し、ガザへの戦争を継続し、ヒズボラはアメリカが "引き受ける "と言っている。もしアメリカがヒズボラとの戦争に参戦するのであれば、イランも参戦すると約束した。そしてイランの背後には中国が控えている。

もしアメリカかイスラエルがシリアのロシアの基地やジェット機を攻撃すれば、ロシアも参戦することになるだろう。第3次世界大戦へようこそ。米国が地中海東部に艦艇を派遣したとき、プーチンはキンシャルのような極超音速ミサイルを搭載したミグ31を配置した。これらは10マッハの速度で移動するため、目標に到達するのに5分から10分かかる。このため、アメリカは第2空母群を紅海に向かわせざるを得なくなった。プーチンは、紅海にいるこの空母群を標的にするため、カスピ海の資産を作動させることで対抗した。チェックメイトだ!中国海軍6隻がシリア沖に到着した。

ロシア、中国、イランがこの地域のアメリカとその同盟国を囲い込んだというこのニュースに、ホワイトハウスには悲観的な雰囲気が漂っている。この地域の情勢はより面白くなってきている。

________________________________________________


<転載終了>