eternalturquoiseblue(旧kamakuraboy)さんのサイトより
https://ameblo.jp/ymhkobayasis/entry-12840983985.html
<転載開始>

 

2016年にFBIは「情報開示法」に基づき約250ページ分の二コラ・テスラ関連文書の機密を解除をしています。

FBI releases catalog of Nikola Tesla's writings seized after his death • MuckRock

 

 

2018年3月には、更に、以前に処理された資料の追加64ページを公開しました。

 

FBI Records: The Vault — ニコラ・テスラ

 

 

しかし、実はこれらの文書が公表されても、多くの疑問が未解決のままであり、テスラのファイルの一部は未だに行方不明のままといわれています。

 

 

■NYで死亡したテスラの遺産は甥のユーゴスラビア大使の財産となるべきだった

彼の死後、多くの記録が押収され、その内容については様々な憶測が飛び交った。

 

ワイヤレスでエネルギーを供給する計画や、一般人が知ることのできないエネルギー兵器の計画などが含まれているのではないかと。

 

テスラが亡くなったとき、彼の遺産は、当時駐米ユーゴスラビア大使だった甥のサヴァ・コサノビッチ(セルビアで最も有名な発明家との家族のつながりのおかげで)に渡ることになっていたため、「外国人財産管理局」(注)の代表者によって書類が押収され、保管された。

 

(注)外国人財産管理局

■米軍が持ち去った後だった?

1943年1月にNYの「ニューヨーカーホテル」の部屋で86歳の二コラ・テスラが死亡しているのが発見された当時、世界は第二次世界大戦の真っ只中だった。

 

 

テスラは「デス・レイ」として知られる強力な粒子ビーム兵器を発明したと主張し、彼の技術が米国の敵の手に渡る危険を防ぐため、米軍が彼を急襲し彼の部屋から全ての財産と書類を手に入れたと噂された。

 

 

二コラ・テスラ関連文書が情報開示されたのは、彼の死から73年経った2016年のことであるが、「情報公開法」によってなされたが、この公開された文書というのは、米国にとって差し障りのない内容のものに過ぎなかった。

 

 

実際には米軍が「敵の手に渡る前に」彼を持ち去った書類の残りに過ぎなかったのではないだろうか。

 

 

■二コラ・テスラのバイオグラフィー

発明家。セルビア系アメリカ人の発明家・技術者として世界的に知られ、ほとんどの交流機械の基礎となっている回転磁界を発見し、特許を取得した。

 

1888年5月、交流発電機、変圧器、モーターに関する40の特許権をジョージ・ウェスティングハウスに売却。また、三相送電システムも開発した。

 

1856年7月9日にオーストリア帝国(現在のクロアチア西部)リカ=コルバヴァ県ゴスピッチ近郊の村スミリャンで誕生。東方正教会の司祭で詩人の母と、エッグビーターなどの台所器具を発明した母の間に生まれた彼は、病弱な子供だった。

 

高校在学中にコレラと診断され、9ヵ月間死の床にあった。

 

オーストリアのグラーツ工科大学とチェコ共和国のプラハ大学で工学の教育を受ける。グラーツでは電気モーターに興味を持ち、交流電流を考案した。

 

大学在学2年後に父親が亡くなり、大学を卒業するための学費がなくなったため、実践的な経験から学ぶようになった。

 

ハンガリーのブダペストへ行き、電話会社で働きながら交流電流を利用する探求を続けた。

 

1882年、コンチネンタル・エジソン社の技術職のためにフランスのパリに渡り、才能を証明した後、1年後にストラスブールに赴任した。

 

自分の時間を使って、彼は最初のモーターを製作した。

 

ヨーロッパでは誰も彼のアイデアに興味を持つことができず、1884年に無一文で、書いた詩と飛行機械の設計図を携えて渡米した。

 

トーマス・エジソンのもとで働くが、仕事に対する報酬が得られず、自分のアイデアがエジソンと合わないとして退職。

 

1888年、テスラは「A New System of Alternating Current Motors and Tran」という論文で自身のモーターと電気システムを紹介し、アメリカ電気技術者協会で発表した。

 

これがきっかけでテスラは特許をウェスティングハウスに売却し、エジソンの直流(D.C.)とテスラ=ウェスティングハウスの交流(A.C.)の「電流の戦い」が始まり、最終的には交流が勝利した。

 

1891年、彼はアメリカに帰化し、今日ラジオやテレビなどの電子機器に使われているテスラコイルを発明した。

 

1893年、イリノイ州シカゴで開催されたコロンブス万国博覧会で、ウェスティングハウスとともに交流電気を実演し、世界的な賞賛を得た。

 

その後、彼とウェスティングハウスはゼネラル・エレクトリック社と提携し、ナイアガラの滝に交流発電機を設置し、最初の近代的な発電所を作った。

 

この時点で、ウェスティングハウスは彼のために研究室を建設し、ヴィルヘルム・ロントゲンのX線装置などさまざまなプロジェクトを開始した。

 

ウェスティングハウスは、テスラが天才だと思われていたにもかかわらず、単独で行動すると失敗し、無一文でホームレスになることもあったため、彼の職業生活と、時には私生活を管理した。

 

彼はハフェフォビア(他人と触れ合うことへの恐怖)に苦しみ、特に女性との関係がうまくいかなかった。

 

1893年、X線装置で発見されたことに関する論文を "The Electrical Review "に発表。

 

1895年3月13日、彼の研究室が入っていた建物が全焼し、彼の論文やプロジェクトはすべて破壊されたが、別の場所に別の研究室が建てられた。

 

1899年、ウェスティングハウスを退社後、コロラド州コロラドスプリングスに試験所を建設し、1年間滞在した後、無一文でウェスティングハウスに戻った。

 

1904年、彼は未払い債務で市から訴えられ、彼の研究所は取り壊され、その2年後、彼の債務を満たすために競売で中身が売却された。

 

 

1917年、テスラはアメリカで最も栄誉あるエジソン賞を受賞。1917年7月4日、ニューヨーク州ショーハムで、高さ197フィートのニコラ・テスラのウォーデンクライフ・タワーが破壊され、彼は負債で訴えられた。

 

1943年、合衆国最高裁判所がグリエルモ・マルコーニ(Guglielmo Marconi)の特許第7777号を覆し、テスラは他の2人の無線発明のパイオニア、ジョセフ・ロッジ(Joseph Lodge)とジョン・ストーン(John Stone)とともに、マルコーニより少なくとも2年早く無線チューニング装置を開発していたとして、死後に別の発明をしたと認められた。

 

彼は1896年に無線の基本システムの特許を取得し、後にマルコーニが使用した無線送信機の基本要素を記した図を発表した。

 

1931年の75歳の誕生日には、彼の写真が『タイム』誌の表紙を飾った。

 

アルベルト・アインシュタインを含む様々な科学者からの70通の誕生日祝いの手紙が、彼のために一冊の本に綴じられた。

 

多くの資料によると、彼は生涯、精神的な問題と闘い、加齢とともに肉体的な健康が衰えるにつれ、精神的な健康も衰え、"マッド・サイエンティスト "と呼ばれることもあったという。

 

晩年は、市内の公園でハトに餌をやるのが楽しみだった。

 

何年もの間、彼はホテルからホテルへと移り住み、それぞれのホテルで未払いの請求書を残した。

 

そしてついに、裕福なウェスティングハウスが彼の最後の10年間をニューヨーカー・ホテルに住まわせるために金を出し、彼はその2部屋のスイートルームで息を引き取った。

 

ノーベル賞受賞者を含む2,000人が参列した葬儀の後、遺体は火葬され、遺灰はセルビアのベオグラードにあるテスラ博物館にデスマスクとともに展示される黄金の球体に収められた。

 

1975年には発明家の殿堂入りを果たし、翌年からは電気技術者協会が毎年ニコラ・テスラ賞を授与している。ノーベル賞を受賞すべきとの意見も多かったが、候補に挙がったのは1937年の1度だけだった。米国郵政公社は1983年、記念切手でテスラを称えた。

リンダ・デイビス

名前。生年。死亡年。「Find a Grave」 メモリアル

 

 

テスラのファイルに何が起こったのか、そしてそれらのファイルに何があったのかは、謎に包まれたままであり、陰謀論の機が熟している。

 

隠蔽工作の可能性について何年にもわたって疑問を呈した後、FBIは2016年にようやく情報公開法に基づき、約250ページのテスラ関連文書の機密を解除した。

 

同局は、2018年3月に最新の2つの追加リリースを行った。

 

しかし、これらの文書が公表されても、多くの疑問が未解決のままであり、テスラのファイルの一部は未だに行方不明のままなのだ。

 

セルビア系アメリカ人の発明家の死から3週間後、マサチューセッツ工科大学(MIT)の電気技師(ジョン・G・トランプ博士)は、彼の論文に「重要な価値のあるアイデア」が含まれているかどうかを判断するために、彼の論文を評価する任務を負った。

 

機密解除されたファイルによると、MITのジョン・G・トランプ博士は(ドナルド・トランプ大統領の叔父に当たる人物)彼の分析はテスラの取り組みが「主に投機的、哲学的、宣伝的な性格」であることを示しており、論文には「そのような結果を実現するための新しい健全で実行可能な原則や方法は含まれていない」と述べたと報告。

 

ジョン・G・トランプ博士はドナルド・トランプの父フレッドの弟で、第2次世界大戦中は、がん患者を大いに助けるX線装置の設計を支援し、連合国のためにレーダー研究に従事。

 

ドナルド・トランプ自身は、大統領選挙期間中、しばしば叔父の信任状を引き合いに出した。「私の叔父は、核が核になる前に、私に核についてよく話していました」と彼はかつてインタビュアーに語った。

 

ドナルド・トランプの核の叔父 |ザ・ニューヨーカー (newyorker.com)

 

 

当時、FBIはトランプ博士の報告書を、テスラの自慢の粒子ビーム兵器「デス・レイ」が噂や憶測以外には存在しなかった証拠だと主張した。

 

しかし実際には、テスラの技術に対する米国政府の対応は分かれていた。

 

伝記『Wizard: The Life & Times of Nikola Tesla』の著者であるマーク・サイファーは、L・C・クレイギー准将を含むオハイオ州デイトンのライト・パターソン空軍基地の軍人グループは、テスラの考えについて非常に異なる意見を持っていたと述べている。

 

「クレイギーは軍用ジェット機を操縦した最初の人物で、当時のジョン・グレンのような存在でした」と、サイファー氏は語った。

 

『これには何かがある――粒子ビーム兵器は本物だ』と。

 

つまり、テスラの発明を否定するグループと、テスラには本当に何かがあると主張するグループという、2つの異なるグループがあるのだ。

 

次に、(本当に価値のある)ファイルが見つからないという厄介な問題がある。

 

テスラが亡くなったとき、彼の遺産は、当時駐米ユーゴスラビア大使だった甥のサヴァ・コサノビッチ(セルビアで最も有名な発明家との家族のつながりのおかげで)に渡ることになっていた。

 

最近機密解除された文書によると、FBIの一部は、コサノビッチが「そのような情報を敵に利用できるようにする」ためにテスラの技術の支配権を奪おうとしているのではないかと恐れ、これを防ぐために彼を逮捕することを考えたようだ。

ニコラ・テスラの行方不明ファイルの謎 |歴史 (history.com)

 

 

 

第二次世界大戦当時、米国のOSSは既にナチスと手を組んでおり、OSSに自分の発明を発表する予定だった二コラ・テスラは、米軍によってではなく、ナチスの特殊部隊によって連れ去られていた可能性があるようです。

 

参考:

二コラ・テスラはナチス特殊部隊に暗殺されていた!?発明の重要書類の大半が実はFBIではなくナチス・ヒトラーの手に渡っていた│有限会社 名岐金型 (meigikanagata.com)


<転載終了>