マブハイさんのサイトより
http://takahata521.livedoor.blog/archives/23528412.html
<転載開始>
プログラム可能なヒューマンインターフェースとしてのCOVIDワクチン中のハイドロゲル


多用途のデータ暗号化と復号化を可能にするハイドロゲル・プラットフォーム

https://gregreese.substack.com/p/hydrogels-in-covid-vaccine-as-programmable?utm_source=substack&utm_campaign=post_embed&utm_medium=web

以下のレポートは、アナ・マリア・ミハルセア博士の最近の記事「ハイドロゲル・プラットフォームが多用途なデータ暗号化と復号化を可能にする」からのものです。

ハイドロゲルの構成要素はCOVID-19ワクチンに含まれており、ハイドロゲルはCOVID-19ワクチン接種者と未接種者の両方の血液から見つかっています。

それらは世界中で発見されている、いわゆる血栓です。
そしてこのハイドロゲルは現在、プログラム、暗号化、解読が可能です。ミハルセア博士によると、MITの研究を参照しながら説明したように、ハイドロゲルはブレイン・コンピューター・インターフェイスの基板であり、人間と機械を融合させる主要な方法であるとのことです。

ミハルセアとクリフォード・カーニコムは、近赤外分光法で発見した元素には、シェディングや環境汚染にさらされたワクチン未接種者の血液に含まれる、ポリエン、ビニール、ナイロン、ケブラー、クモの糸タンパク質などのハイドロゲル・プラスチックが含まれます。 
.
また、シリコーンや硫黄などの他のナノテクノロジーの特徴も同様です。この技術は、体内で解毒やグルタチオンの生成に必要なメチル基をハイジャックします。暗号化されたプログラム可能な技術に使用されるハイドロゲルには、ポリビニルアルコールとポリカプロラクトンが含まれます。これらのハイドロゲルはどちらも、脂質ナノ粒子組成物に関するモデルナの特許にステルス・ナノ粒子として記載されています。このことは、注射を受けた人だけでなく、シェディングや環境汚染を経験した人も体内にこのハイドロゲル暗号化技術を持っていることを示唆しています。つまり、これはほぼ全員です。

※私は個人的にここ数か月、毎日鼻をかむたびに血栓状の細いもずくのような鼻血がでるようになりました...心筋梗塞になったので、次は、脳梗塞なのかな?とか感じております...

これらのハイドロゲルは、プログラム可能で暗号化されていることが知られています。このテクノロジーは、脳の記憶装置として機能します。個人の脳に記憶や視覚情報を保存することができます。また、化学薬品によって安全に暗号化・復号化できるため、機密性の高い視覚情報を安全に記録・保存することができます。これにより、デジタルIDの要件である安全な金融取引のためのプラットフォームが提供されます。

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者たちは、これとまったく同じ技術を人間と機械の融合にどのように使えるか議論してきました。そして、過去にはうまくいかなかったものの、最近の論文ではミハルセア博士とカーニコムによってワクチン接種者と未接種者の血液の両方から発見されたのとまったく同じ元素を使用して成功を収めたと発表されています。

マイアミ大学 Sakhrat ・Khizroev教授の講演 講演では、機械と人間の脳をつなぐために先端材料をどのように利用できるかが議論されています。彼はDARPAが資金提供した研究プロジェクトに言及しており、そこでは磁性ナノ粒子がこの技術の鍵となります。ミハルセアは、COVIDワクチンがどのように体内のねじれ場を変化させ、磁気を発生させるかを示す研究を発表しています。ランド・コーポレーションによるレビュー「Brain Computer Interfaces: US Military Applications and Implications」では、人間と機械の融合について議論しています。

大手製薬会社の内部告発者であるカレン・キングストンとのインタビューの中でキングストンはこの自己組織化ナノテクノロジーと、スパイクタンパクがどのように電磁周波数をトリガーとする人工装置であるか、そして量 子ドットがどのように遺伝子編集技術であるかについて議論しています。
.
このナノテクノロジーは、ケムトレイル、食品や水の供給、医薬品、そして子どもたちに定期的に接種されるすべてのワクチンを通じて配布されているようです。複数の科学者によって、ワクチン接種者と未接種者の両方の血液から発見されています。そして、mRNAの話題が主流に押し上げられる一方で、この広範な技術が無視されているという事実は、大きな懸念材料です。
.
ミハルセア博士は、COVID予防接種の悪影響を逆転させる方法として一般に販売されている新しいプロトコルは、これらのハイドロゲルには効果がないことを示しています。そして、10億人を優に超える人々がそれらに感染しているようです。


多くの人が古風な埋め込み型コンピューターチップについて話していますが、最新の画期的なテクノロジーは、誰の同意もなしにすでに展開されているようです。

状況は絶望的に思えますが、意志あるところに道はあります。そして、今は砂の中に頭を隠す時ではありません。人間の体は奇跡的であり、私たちの可能性は無限大です。この悲惨な状況に対処する人が増えれば増えるほど、解決策を見つける可能性が高くなります。

<転載終了>