地球の記録 - アース・カタストロフ・レビューさんのサイトより
https://earthreview.net/uk-ae-had-their-worst/
<転載開始>


The Herald

崩壊の瀬戸際に立つ英国の医療救急部門

英国の救急部門の状況が、2024年になって、さらに悪化していることが報じられています。

まず、救急搬送される「数」が途方もなく増えていて、1月だけで 12万5,244人が搬送されたそう(10年前は 2万9000人)。このため、救急要請をして搬送された後も、実際の受診までの待ち時間が非常に長くなっていて、「 12時間待たされた人たち」も一定数いたそう(緊急搬送者の 7.2%)。

こうなってくると、救急という意味の解釈も難しくなりますが、英国の救急部門(A&E)の「受診までの待機時間」の推移を見ますと、2021年から急激に増え、2023年からも高止まりしています。これはスコットランドの報道からのものですが、英国の他の地域も同様か、スコットランドより悪いです。


The Herald

パンデミック、あるいはワクチン接種から時間が経過するにつれて、緊急搬送者が多くなっていることが示されています。

そして、他の多くの国でも「 2023年から健康の状態がさらに悪化している」ことがわかってきています。以下の記事の後半にあります。

世界中が病気の蔓延でムチャクチャになっている中、ワクチン後遺症の治療に携わってきた米医師団体の代表が「今後、自己免疫の波が訪れる」と警告
In Deep 2024年3月7日

この状況が悪化していった場合、英国で「救急部門が機能しない状態」になることも考えられます。

もちろん英国だけの問題であるということもないわけで、今後 1年くらいの間に、日本を含めて各国の健康状態の悪化がさらに拡大するのだとすれば、多くの国に医療の危機が訪れるかもしれません。

スコットランドの報道をご紹介します。

スコットランドの救急部門は今年1月、過去最悪の月となった

Scotland’s A&E departments just had their worst ever month
The Herald 2024/03/06

今年1月にはスコットランドの救急(A&E)部門の待ちが、12時間と過去最高に達した。

保健委員会は、人々を医療サービスの他の部門に振り向けることで玄関先での需要を減らしたり、患者の病院への出入りを早くしたりするための協調的な努力が行われたにもかかわらず、 12時間待ちという数字は行き詰まりに陥った医療システムの厳しい状況を浮き彫りにしている。

どれほどひどかったのだろうか。そして、なぜそれが重要なことなのだろうか。

 

待ち時間

3月5日に発表された統計によると、2024年の最初の 1か月間でスコットランド全土で合計 12万5,244人が救急外来、負傷者病棟、軽傷病棟を受診した。10年前の 2014年1月に A&E を受診したのは 29,000人近くだった。 

そして、1月には、目標時間である待ち時間の 4時間以内に診察、治療を受け、その後入院、退院、または別の病院に移送された人の割合は、同じ期間で 92.2%から 65.5%に急落した。

今年 1月には、記録的な数の 8,857人(全参加者の 7.2%)が、救急科で 12時間以上を過ごした。これは、2022年12月に記録されたこれまでの記録である 8,821人(7%)を上回った。

比較のために、2014年1月の数字はそれぞれ 146人であり、率は 0.1%だった。

12時間という測定値は、病院がいかに混雑しているかを示している。なぜなら、12時間を超えて救急科で過ごす患者のほとんどは、病棟に空きを作るためにベッドが必要なため、救急科で足止めされているからだ。

1月の救急科の状況がこれほど悪かった理由は今は正確には分からない。

 

超過死亡の原因に

理由が何であれ、救急科での待ち時間の長さは問題だ。救急部門が定員に達すると、救急車は患者を引き渡すことができずに屋外で立ち往生し、道路に戻ることになる。

これは、救急要請をした人たちにとってはもちろんよいことではなく、現在、10人に 1人が救急車の後部座席で 1時間40分以上立ち往生している。

さらに懸念されるのは、救急科での受診に時間がかかりすぎる患者は、長期的にはるかに悪い転帰をもたらすという明らかな証拠がある。

これにはさまざまな要因が考えられる。感染症にかかりやすい、転倒する可能性が高い、高齢の場合はせん妄を発症する、病棟でのみ受けられる専門的なケアを単に待ちすぎているなどだ。

これまでのこの種の研究で最も優れた研究は、2016年から 2018年にイギリスの NHS で治療を受けた 500万人の患者を分析したもので、搬送前に救急科で 6~ 8時間を過ごした患者 82人ごとに 30日以内に 1人の超過死亡があったことが判明した。

この計算から考えると、この 1月だけでも、避けられる可能性のある死者は 200人をはるかに超えていることになる。

 

これはイギリス全体で起きている

救急科の状況が悪化しているのは決してスコットランドだけではない。

2月28日、英国家統計局は、2013年 1月から 2023年9月までのスコットランド、イングランド、ウェールズの救急科の傾向の変化を追跡した最初の報告書を発表した。

全国的な比較を目的として、国家統計局はイングランドの救急科部門、スコットランドの救急部門、ウェールズの主要救急部門に限定した。これらはすべて「重篤な患者と生命の患者の治療に備えた 24時間体制のコンサルタント主導の部門」だ。

3つの地域とも 4つの目標待ち時間基準を突破した患者の割合が急激に増加しており、2023年9月時点ではイングランドが最も高かった(42.4%)。ウェールズは 40%強、スコットランドは 33.5%だった。

イギリスは全体的に、患者に致命的な結果をもたらす可能性のある遅延の悪化に直面しており、パンデミック前のパフォーマンスレベルにさえ戻る兆候はほとんどない。



<転載終了>