さてはてメモ帳さんのサイトより
http://glassbead.blog.shinobi.jp/vaccine/spider%20silk%20genes%20encoded
<転載開始>

ファイザー/バイオンテックおよびモデルナ modRNA COVID-19注射の一価および二価で検出された残存DNA断片解析により、スパイクオープンリーディングフレームにコードされるクモの糸遺伝子が確認された

Residual DNA fragments Analysis Detected In Monovalent And Bivalent Pfizer/BioNTech And Moderna modRNA COVID-19 Shots Confirms Spider Silk Genes Encoded In The Spike Open Reading Frame

Ana Maria Mihalcea, MD, PhD Apr 04, 2024

https://anamihalceamdphd.substack.com/p/residual-dna-fragments-analysis-detected 

今日、マリア・クリスラー[Maria Crisler]上級研究員と話をしました。彼女は特殊な顕微鏡を使って驚くべき研究をしており、私の発見をすべて裏付けてくれました。彼女は、Covid注射のDNA断片を調査したデイビッド・シュパイヒャー博士[Dr David Speicher]の研究について教えてくれ、この2枚のスライドを送ってくれました。シュパイヒャー博士は『Courageous Truth Substack』を執筆しています。デイビッド・シュパイヒャー博士は臨床微生物学とウイルス学の分野で博士号を取得しています。感染症の診断において20年以上の専門知識を持ち、30以上の査読付き論文を執筆し、100万ドル以上の科学資金を獲得しています。

私のクモの糸に関する研究が、シュパイヒャー博士によって確認されたことは知りませんでした。ご存知のように、クリフォード・カーニコム[Clifford Carnicom]と私は、C19ワクチン接種者と未接種者の血液の両方からポリアミド・タンパク質の化学的徴候を発見しました。また、リチャード・ハーシュマン[Richard Hirschman]が私にくれたゴムのような凝血塊、生きているC19ワクチンで傷害を受けた人の凝血塊、C19ワクチン未接種者の凝血塊の分析も行いました。

これらすべてにポリアミドの特徴があります。ポリアミドにはシルク、ウール、ナイロンがあります。私は、地球工学によって散布されたクモの糸を送られ、クモの糸の軍事利用やナノ・バイオセンサーへの応用について研究した後、シュパイヒャー博士の研究を聞くことなく、独自にクモの糸について議論していました。

シュパイヒャー博士は、スパイドロイン[spidroins]がスパイク遺伝子のオープンリーディングフレームにコードされていることを発見しました。

これが、クリフォード・カーニコムと私が最も腐食性の強い薬剤で血栓を溶解できなかった理由の説明です。

ゴムのような血栓の分析はこちらでご覧いただけます:

Blood Clot Analysis From Living & Deceased Individuals Shows Consistent Findings: A Rubber Like Polymerized Protein - Microscopy Shows Filaments. Part 1 of 3 - Dr. Ana Mihalcea With Clifford Carnicom(生存者と死亡者の血栓分析から一貫した所見が得られる: ゴムのような重合タンパク質-顕微鏡でフィラメントを確認。パート1/3-アナ・ミハルチア博士とクリフォード・カーニコム)

Blood Clot Analysis From Living And Deceased Individuals Near Infrared Spectroscopy Shows Multiple Hydrogel Polymer Components - Part 2 of 3 - Dr. Ana Mihalcea With Clifford Carnicom(生存者と死亡者の血栓分析 近赤外分光法が複数のハイドロゲルポリマー成分を示す-パート2/3 -アナ・ミハルチェア博士とクリフォード・カーニコム)

Blood Clot Analysis From Living And Deceased Individuals - Preliminary Chemical Solubility Testing - Part 3 of 3 - Dr. Ana Mihalcea With Clifford Carnicom(生存者と死亡者の血栓分析-予備的化学溶解度試験-パート3/3-アナ・ミハルチェア博士とクリフォード・カーニコム)

クモの糸に関する私の研究を紹介します:

Spider Silk Polymer Sprayed Via Geoengineering Operations From California - Darkfield Microscopy Analysis(カリフォルニアから地球工学的操作によって散布されたクモの糸ポリマー - 暗視野顕微鏡による分析)

Ana Maria Mihalcea, MD, PhD Jan 16

画像受け取ったスパイダーシルクの標本 先日、レイネット・セナムとインタビューを行った、その中で彼女は、カリフォルニア州ジェームズタウンで発見された、地球工学作業によるものと疑われる「クモの糸」の調査をさらに進めるために、私に協力してくれないかと尋ねてきた。キャサリン・サーリはすでに赤外線スペクトルによる定性分析を行っていた。その結論は・・・

Read full story

Spider Silk Polyamide Polymers Applications In Self Assembly Nanotechnology, Biosensors, Vaccine Delivery, Synthetic Biology, Brain Computer Interface (クモの糸ポリアミドポリマー 自己組織化ナノテクノロジーへの応用、バイオセンサー、ワクチンデリバリー、合成生物学、ブレイン・コンピューター・インターフェース)

Jan 17

画像 研究者たちがクモの糸を光ファイバーに変えてバイオセンサーを作成 前回の投稿で、環境中のクモの糸の暗視野顕微鏡法について述べた。なぜこのようなことをすることに興味を持ったかというと、クリフォード・カーニコムと私は、死亡したC19注射者とC19注射者から採取したゴムのような塊の化学成分を発見したからである・・・

Read full story

My Interview With Silk On Diamond And Silk Show: Spider Polymers, Geoengineering, Transhumanism And Surveillance Under The Skin And Contemplation Thereof(ダイヤモンド・アンド・シルク・ショーでのシルクとのインタビュー: スパイダー・ポリマー、地球工学、トランスヒューマニズム、そして皮膚の下の監視とその考察)

Ana Maria Mihalcea, MD, PhD Jan 31

これがそのリンク クモの糸ポリマー 昨夜、シルクと話をした。彼女は基本的に、私の情報がいたるところで検閲されていることを理解しており、私に私の発見を説明する場を持ってほしいと説明してくれた。彼女は特にクモの糸ポリマーについて知りたがった。その中で、私は軍との関係を説明した・・・

Read full story

 

要約:

これは、ドラゴン・スパイダー・シルク[dragon spider silk]の遺伝子と特定された残存DNA断片にポリアミド・ポリマーが存在することについての私の研究の大きな裏付けである。これは人類にとって壊滅的である、この素材は鋼鉄よりも強いのだから。

ドラゴンシルク」の鎧が米軍を守る可能性

その神話的な名前とは裏腹に、ドラゴンシルクは実際には遺伝子工学者の作品である。クモの糸が並外れた強度と弾力性、柔軟性を持つことは、少なくとも素材業界では広く知られている、とライス[Rice]Live Science誌に語った。

「クモの糸は従来のカイコの糸より5倍から10倍も強い」と、ライスは語った。「また、場合によっては2倍もの伸縮性がある。ケブラーよりも丈夫です。」

私の情報を否定し続ける科学者たちよ、シュパイヒャー博士が遺伝子配列解析で発見したものを見てみませんか?

不信や懐疑の代わりに、この地球上の有能な科学者なら誰でも、このことを研究するべきだと私は言う。ポリマーの自己組織化開始物質であり、この技術の構成要素の一部である金属をできる限り緩和し、無害化することはできるが、体内でこれを分解することはできない。EMF周波数によって外的に成長を悪化させることができるのだから、これは強力な武器であり、もちろん上の記事で書いたように、人類を究極的にコントロールするためのブレイン・コンピューター・インターフェイスの一部なのだ。

このことをぜひ知っていただきたかったのです。

来週の木曜日に放送されるマリア・クリスラーとのインタビューは、あなたの心を揺さぶるでしょうーそして、そうすれば、私の研究に対する完全な独立した確証が得られるでしょう。


<転載終了>