ライブドアニュースより
https://news.livedoor.com/article/detail/26315488/
<転載開始>
 

スポーツ報知



 28日放送のフジテレビ系情報番組「Mr.サンデー(日曜・午後10時)では、この日投開票の島根1区、東京15区、長崎3区の衆院3補欠選挙立憲民主党がすべて勝利。自民党は唯一候補者を立てた島根1区でも敗れ「全敗」を喫したことを冒頭で報じた。

 MCの宮根誠司氏は「保守王国・島根での惨敗はショッキングでしょうね」と発言。これを受け、コメンテーターで出演の前明石市長で弁護士の泉房穂氏は「島根で僅差じゃなくて、これほど大差をつけられると言うことは自民サヨナラだと思いますよ、国民世論は」とバッサリ。

 「私は立憲が勝ったと思ってないです。ほぼ(どの党も)全負けだと思います。島根は自民と立憲どちらかを選ぶかと言われれば圧倒的に立憲。長崎は維新と立憲だと立憲。東京もその(候補者の)中で選べと言われれば立憲。立憲が強いというわけじゃなくて、ほぼ全負け状態なんです」と続けた。

 さらに「国民の生活は厳しいですから。野党が強いわけでもないのに、政権交代を望む層の方が(政権)継続を望む層を上回ってるわけですから。古い政治にNOってことだと思います」と結論づけていた。

<転載終了>