さてはてメモ帳さんのサイトより
http://glassbead.blog.shinobi.jp/medical%20tyranny/euthanise%20billions%20via%20bir
<転載開始>

Gates Insider Admits Elite Planning to Euthanise BILLIONS via Bird Flu Vaccine  April 29, 2024 Baxter Dmitry NewsUS 1 Comment

https://thepeoplesvoice.tv/gates-insider-admits-elite-planning-to-euthanise-billions-via-bird-flu-vaccine/

ゲイツ財団の内部関係者が、次のパンデミックを引き起こし、ビル・ゲイツが世界市場を征服するための次の金儲けワクチンの道を開くために、アメリカの食糧供給を意図的に鳥インフルエンザに感染させることを明らかにした。

今週、食料品店の牛乳から鳥インフルエンザの断片が謎の形で発見され、主要メディアが集団感染の恐怖を報じている。

そして、ゲイツ財団はすでに鳥インフルエンザワクチンの緊急世界配布を組織するために水面下で動いている。

ゲイツは世界の食糧供給に対する攻撃を倍増させ、新たな危機を作り出し、グローバリストのアジェンダを推進するために必要な恐怖を生み出すよう、買収され金をもらったメディア関係者に命じている。

エリートたちは、試行錯誤を重ねた「問題-反応-解決マトリックス」を使っている。彼らは意図的に問題を引き起こし、メディアを使って大衆の恐怖反応を引き起こし、そして解決策を展開する。

Covidのパンデミックを覚えているだろうか?エリートたちが何カ月にもわたってメディアで大々的に宣伝した後、ワクチンを売り出すまでに、洗脳された大衆は必死に袖をまくり、毒を腕に注入された。

https://rumble.com/embed/v4pt9ru/?pub=13m19j 

私たちは低温殺菌牛乳の供給における鳥インフルエンザの問題を特定し、騙されやすい大衆の心に恐怖を植え付ける主流メディアの反応を見てきた。

では、解決策は何なのか?ゲイツによれば、その解決策とは新しい実験的H5N1 mRNAワクチンである。

鳥インフルエンザ用のワクチンは4種類認可されているが、より危険なH5N1型鳥インフルエンザ用のワクチンはまだ認可されていない。

ゲイツはこの危機に乗じて、まだワクチンが承認されていない段階で、世界中にワクチンを配布するという不穏な声明を発表している。

しかし、ゲイツが自信満々になるのも無理はない。現実を直視しよう。彼はメディアを買収しているだけではない。規制当局も彼のものなのだ

しかし、ゲイツがこの危機の背後にいることにまだ納得がいかないのなら、鳥インフルエンザを人間にとってより致命的なものにするための機能獲得実験に取り組んできたのが誰なのかを聞くまで待ってほしい。

事実、いつもの容疑者たちがこの犯罪現場に指紋を残している。

バイデン政権はアメリカ農務省を通じて、鳥インフルエンザ・ウイルスの致死性を高め、人への感染率を高める研究をしている中国の軍事研究所と協力していることが暴露された。

今注目しているか?

デイリー・メール紙が最初に報じたこの取り組みについて、18人の議会議員が農務省に質問している。

衝撃レポート:!米農務省と中国共産党の研究所は、致死性の鳥インフルエンザ・ウイルスを作り出す100万ドルのプロジェクトで協力していた。

今注目していますか?

米国が中国の研究所のプロジェクトに資金を提供していることが明らかになり、議員が説明を求めている・・・pic.twitter.com/ht8UtTECmx

— Chuck Callesto (@ChuckCallesto) April 19, 2024

 

このプロジェクトは、米国農務省と中国科学院との100万ドルをかけたパートナーシップの一環である。中国科学院は偶然にも、Covidの研究室流出に関与した武漢の研究室を管理している。

何しろ選挙の年である。

ゲイツ、バイデン政権、そして引退前のファウチが、鳥インフルエンザがアメリカの食品供給を通じて人間に感染する直前に、たまたま鳥インフルエンザの機能獲得実験に資金を提供し、たまたまゲイツがワクチンを準備していた可能性はどのくらいあるのだろうか?

ゲイツはたまたまワクチンを用意していたのだろうか?彼らは本当に私たちをバカにしている。

しかし、さらに悪いことがある。

この鳥インフルエンザ危機は、ゲイツとグローバリストにとって完璧な嵐であり、もし私たちが注意深くなければ、未来の歴史家はこの危機を、エリートたちが刑務所の惑星のドアに鍵をかけ、鍵を捨てた瞬間だと認識するだろう。

まず、彼らは何百万頭もの牛を殺そうとしている。エリートたちは近年、牛の淘汰を始めたが、それを続けようとしない国民に苛立ちを覚えている。

私たち国民は牛肉を愛している。牛肉は有史以来、人類に高品質の栄養を提供してきた。ビル・ゲイツの発がん性合成牛肉など、私たちはまったく興味がない。

エリートたちは、大衆に恐怖心を植え付けることで、公衆衛生と安全を口実に、世界中で何億頭もの牛を屠殺することを許すというギャンブルを行なっているのだ。

狂牛病は、汚染された牛肉供給に対して大衆がどのような反応を示すかを見るための試運転だった。騙されやすい一般大衆はその集団的IQテストに失敗し、そして今、エリートたちは私たちが再び失敗すると確信している。

しかし、これは牛肉だけの問題ではない。鳥、具体的には鶏だ。

ゲイツはすでに、世界中で330億羽の鶏にmRNAを接種する計画を立てている。これはゲイツにとってワクチン収入という点では大金だが、同時に何年も前から計画されていた多段階計画の第一段階でもある。

https://rumble.com/embed/v4pt9ru/?pub=13m19j 

エリートにとって「33」は明らかに象徴的な数字であり、私たちはいつもそれを目にしている。現実には、いわゆる鳥インフルエンザやH5N1はワクチンによる感染症であり、それ以上のものではない。

この病気は、さらなる注射や抗生物質の投与によって、鳥自身にも、鳥を食べる人間にも、さらなる病気を引き起こすという、永遠の循環をもたらすのである。

ここで何が起きているかは明白だ。製薬産業複合体は、反人間主義者の手先となり、楽しい技術主義による人類の乗っ取りを試みているのだ。

彼らは偽のPCR検査を利用し、ニワトリが病気であることを人々に伝える。そしてニワトリに毒を注射し、一般の人々がそれを食べることで、さらに多くの人々が病気になる。

その結果、鶏や牛、その他の動物を大量に殺処分するという、さらなるディストピア的措置がとられることになる。

これは、すでに存在している気候制限、第3次世界大戦、偽旗、経済崩壊に加えて、食糧供給の崩壊につながる。

そして、このすべてがさらなるロックダウンにつながり、国民は中央銀行のデジタル通貨CBDCに付けられた炭素クレジット・スコアに基づいて、mRNAや虫入りの配給食品を食べることになる。

この新しい通貨と食糧のリセットは、WEFが承認した社会的信用スコアを決定するために、すべての人を追跡・追跡する統一台帳に接続されている。

この新たなディストピア的現実は、人々に何も所有させず、15分都市(テクノ・ゲットーとしてよりよく表現される)に住みながら、「従うか、飢えるか」という難問に直面することを強いる。

この問題に対する解決策は目の前にあるが、その解決策を真剣に考えるのに十分な数の人々が目を覚ますだろうか?

それが問題だ。

Here at the People’s Voice, we are determined to continue waking people up. Join us in our mission by subscribing to the channel and joining the People’s Voice Locals community and check out the new free speech forum. I hope to see you there.

Watch:

https://rumble.com/embed/v4pt9ru/?pub=13m19j

 

About Baxter Dmitry 5947 Articles

Baxter Dmitry is a writer at The People's Voice. He covers politics, business and entertainment. Speaking truth to power since he learned to talk, Baxter has travelled in over 80 countries and won arguments in every single one. Live without fear.


<転載終了>