BrainDead Worldさんのサイトより
https://nofia.net/?p=19932
<転載開始>

16歳〜64歳の労働年齢で、2%というのは、50人に1人が病気により仕事を長期離脱しているということですが、何より、現在も激しく上昇し続けているということが問題なのかもしれません。


2015年〜2024年2月までの英国の病気による経済活動停止率

Ilkka Rauvola

今後20年間で「韓国の生産可能人口が1000万人減る」という報告書


韓国「生産可能人口、1000万人減る」…20年後「人口悪夢」報告書

中央日報 2024/05/07

今後20年間で大韓民国の生産可能人口が約1000万人減少するという見通しが公表された。

韓半島未来人口研究院は6日、「2024年人口報告書」を出版した。この報告書によると、韓国人口は40年以内に3000万人台まで縮小する。

昨年5171万人だった総人口は2065年3969万人台に減少すると予想されている。これによって生産可能人口(15~64歳)は昨年3657万人から2044年約2717万人で20年間で1000万人減少する。

研究院は「生産可能人口の減少は消費活力を落とし、内需市場の崩壊を引き起こして、老人扶養負担が大きくなり、経済成長速度が急速に鈍化して長期低成長が固定化する」と診断した。

小学校入学年齢である7歳の児童数は2023年約43万人から2033年約22万人と半分水準にまで減る。兵力資源も急減して新規現役入営対象者である20歳男性は2023年約26万人から2028年約19万人に減って20万人ラインが崩壊する。

あわせて2050年には65歳以上の高齢者が全体人口の40%(1891万人)を占めることになり、史上最大規模となる。80歳以上の超高齢者も昨年全体人口の4.4%(229万人)で2061年全体の20.3%(849万人)に増える。

イ・インシル院長は「人口減少による災難は大韓民国の存立がかかっている事案」としながら「人口回復のゴールデンタイムが過ぎれば韓国社会が再び安定した状態に戻るまでは多くの時間とコストが必要になる」と指摘した。


<転載終了>