芳ちゃんのブログさんのサイトより
http://yocchan31.blogspot.com/2024/05/blog-post_9.html
<転載開始>

高齢化が急速に進行している日本では癌による死亡が新型コロナ禍の最中に増加したのではないかとの懸念が浮上していた。日本の研究者らが、最近、調査結果を発表した。その論文(原題:Increased Age-Adjusted Cancer Mortality After the Third mRNA-Lipid Nanoparticle Vaccine Dose During the COVID-19 Pandemic in Japan: By Miki Gibo • Seiji Kojima • Akinori Fujisawa • Takayuki Kikuchi • Masanori Fukushima, Cureus 16(4), published on Apr/08/2024)の概要を仮訳し、下記に示そう:

新型コロナ感染症の世界的大流行において、高齢化が急速に進む日本では癌を含む超過死亡が懸念されている。したがって、本研究は、新型コロナ感染症の大流行の間(20202022年)に日本におけるさまざまな種類の癌の年齢調整死亡率(AMR)がどのように変化したのかを評価することを本研究の目的とした。日本の公的統計データに基づいて、ロジスティック回帰分析を用いて、観測された年次および月次のAMRを求め、今回の大流行以前(20102019年)の数値に基づく予測率との比較を行った。大流行の最初の年(2020年)には、有意な超過死亡は観察されなかった。しかし、2021年には1回目と2回目のお注射の集団接種後に癌の超過死亡が観察され、2022年の3回目のお注射の集団接種後にはすべての癌と一部の特定の種類の癌(卵巣癌、白血病、前立腺癌、口唇癌、口腔癌、咽頭癌、膵臓癌、乳癌、等)で有意な超過死亡が観察された。死亡数のもっとも多い4種の癌(肺癌、大腸癌、胃癌、肝臓癌)のAMRは大流行の1年目である2020年まで減少傾向を示していたが、2021年と2022年にはこれらの減少率が鈍化した。本研究では年齢調整癌死亡率の増加について考えられる説明について検討する。

著者らはお注射が癌による超過死亡を引き起こしたことを検証したのである。

ところで、この論文は専門的であり、極めて長いので、全文を網羅することは専門家にお任せしようと思う。一気に結論へ飛ぶことにする。結論は次のように述べている:

2022年には、日本人人口の3分の2が新型コロナ感染症用のお注射で3回目、あるいは、それ以降の接種を受けた後、すべての癌と一部の特定の種類の癌(卵巣癌、白血病、前立腺癌、口唇癌、口腔癌、咽頭癌、膵臓癌、乳癌)で年齢調整死亡率は統計学的に有意な増加を示した。エストロゲン受容体アルファの感受性が高い癌による死亡率が特に顕著な増加を示したことは、新型コロナへの感染自体や都市閉鎖によって癌治療へのアクセスが制約されたからではなく、お注射がもたらしたいくつかのメカニズムに起因している可能性がある。この可能性は重要であって、さらなる研究が必要である。この記事は2023  9  18 日に「 Zenodo リポジトリ・サーバーに投稿されたもの。

統計学的に有意な増加が認められたということは新型コロナ感染症用のお注射によって癌による死亡が増加したということを実証するものだ。しかも、3回目のお注射以降により有意な増加が確認されたという事実は極めて重要だ。しかも、データの信頼性が高いと見られる日本の公的データを用いて行われた研究結果であるという事実も重要である。

ところで、ここに「スパイク蛋白質は癌細胞が化学療法に対して生き延び、抵抗力を増すのを助ける ― ブラウン大学の論文」と題された記事がある(注1)。

本日はこの記事を仮訳し、読者の皆さんと共有しようと思う。

***

副題:スパイク蛋白質サブユニットは癌細胞の増殖を止め、そうすることによってDNA修復の促進に関与するp53遺伝子を阻害するようである。

Photo-1(David A Litman/Shutterstock)

新型コロナ感染症の原因ウイルスのスパイク蛋白質は抗癌活性を阻害することによって癌を促進させる可能性があることがブラウン大学の最近の細胞研究のプレプリント版で明らかになった。

ブラウン大学癌センター所長のワフィック・エルデイリ博士が率いるプレプリント論文の著者らは癌細胞をスパイク蛋白質サブユニットに曝露した。その結果、スパイクサブユニットはp53として知られる癌抑制遺伝子を阻害することにより、癌の生存と増殖を促進する可能性があることが判明した。

癌によって最も多く影響を受けるこの遺伝子は癌細胞の増殖を止め、DNAの修復を促進する。

p53への干渉は癌細胞の増殖を助けるだけではなく、癌の発生を促進する可能性がある」とエルデイリ博士はエポックタイムズ紙に語った。

ドキュメンタリー「The Unseen Crisis: Vaccine Stories You Were Never Told」をご覧になりたい方はこちらをクリック

スパイク蛋白質サブユニットを含む癌細胞は化学療法に曝露された場合でも生存の可能性が高くなった。

関連記事:

Excess Deaths in Japan Hit 115,000 Following 3rd COVID Shot; New Study Explains Why: 4/22/2024

Modified RNA in COVID Vaccines May Contribute to Cancer Development: Review: 4/15/2024

「いくつかの化学療法剤で処理した後であっても、癌細胞は新型コロナウィルスのスパイクS2サブユニットの存在下では生存率が高まることが観察された」とエルデイリ博士は述べている。

スパイクサブユニットは抗癌遺伝子を邪魔する:

新型コロナウィルスのスパイク蛋白質はS1S22つの成分で構成されている。本研究では研究者らは肺癌や乳癌、大腸癌、肉腫癌細胞、等、いく種類かのヒト癌細胞におけるS2成分の効果を検証した。

すべての細胞は正常なp53遺伝子を含むように改変され、一部はスパイク蛋白質のS2 DNAに暴露された。

その後、研究者らは化学療法剤を使用してp53遺伝子を活性化し、癌細胞を死滅させめようとした。

しかしながら、スパイク蛋白質S2を持つ癌細胞は抗癌遺伝子と化学療法の影響下であっても生き延びる傾向があることが判明した。また、これらの細胞ではp53の活性が低下していることも観察された。

スパイク蛋白質S2を持つ癌細胞は生存率が高い理由はまだ分かってはいない。エルデイリ博士はS2蛋白質がp53の活性を妨害している可能性があると述べている。しかしながら、S2蛋白質は毒性のある化学療法の存在下でも「細胞の生存を促進する他の効果」を引き起こす可能性もある。

新型‘コロナ感染症用のお注射も同様の効果を示すかも:

エルデイリ博士の研究は新型コロナウイルスまたはそのウイルスサブユニットが癌細胞の活動を促進するかどうかをテストすることができるように設計された。

しかしながら、この研究は、さらに、新型コロナ用mRNAお注射や蛋白質お注射等の新型コロナ治療薬は同様の効果をもたらす可能性があることを示唆している。

「われわれの目標はスパイク蛋白質の起源に関係なく研究することであった」とエルデイリ博士はエポックタイムズ紙に語った。「われわれは感染やヒト細胞で発現できるその他の方法に由来する可能性のあるスパイクに焦点を当てた・・・ これはお注射由来のスパイクにも当てはまるであろう。」

エルデイリ博士は単純な細胞培養研究であることを含め、彼の研究には多くの限界があることを慎重に強調した。さらには、ウイルス株やお注射によってスパイクの変異が異なることから、それらが健康に及ぼす影響についてはさらなる研究が必要である。

さらに徹底した研究が必要:

スパイク蛋白質S2に曝露された場合、ヒトの癌も同じようなリスクを負うのかという質問に対して、エルデイリ博士は現在のデータはあまりにも初歩的過ぎて分からないと述べた。

「癌に対する感受性をより徹底的に評価するには、追加の動物実験が必要になるだろう」と彼は言った。

また、さまざまなスパイク変異体に対する正常な細胞の挙動についてももっと調べたいと考えている。彼は将来のお注射によって生成されるスパイク蛋白質がp53活性を抑制することがないことを望んでいる。

エルデイリ博士は、これらの潜在的な癌促進効果が可逆的であるかどうか、スパイク蛋白質が細胞内にどのくらいの期間残存するのか、これらのリスクを軽減できるのか、等についてはまだ答えが出ていないと付け加えた。

「いくつかの疑問があるが、それらは後遺症と関連し、正常細胞にスパイク蛋白質を導入する安定したRNAを含むお注射の反復投与にも関連する」と彼は言った。

いくつかの研究成果は癌と新型コロナ禍とを結びつける:

最近発表されたいくつかの研究によると、新型コロナの大流行と同時に癌が増加したことが示されている。

米国疾病管理予防センター(CDC)のデータについて死因コードを調査したふたつのプレプリントによると、2020年に癌新生物(新規および異常な組織増殖)による超過死亡がわずかに増加したことが判明した。

2020年の若い米国人の新生物による超過死亡率は1.7%であった。2021年にはこれが約3倍の5.6%に増加した。さらに、2022年には新生物による超過死亡率は7.9%に増加した。

「この結果は、2021年から米国の15歳から44歳の個人に新生物による死亡の増加につながる新しい現象が存在するように見えることを示している」とプレプリントのひとつの著者は書いており、新型コロナ用のお注射の関与の可能性を示唆している。

高齢者の米国人に関する別のフォローアップ論文においても同様の調査結果が報告された。

48日にCureus誌に掲載された査読付きの日本の研究によると、2022年に3回目のmRNA お注射を接種した後に日本では癌による死亡が「有意に増加」したことが確認された。

一般的な癌の超過死亡率は2010年から2019年の間減少していたと著者らは書いている。また、新型感染症の大流行の最初の1年間は癌による超過死亡は見られなかった。しかしながら、研究者らは2021年に一部の種類の癌が増加し、2022年にはさらに増加し、集団予防接種の取り組みと時期が一致していることを観察した。

研究対象となった癌死亡率のうちで乳癌の死亡率の上昇は特に顕著であることが分かった。乳癌は2020年には死亡率が大幅に低下していたが、2022年には超過死亡率の上昇に移行した。

***

これで全文の仮訳は終了した。

この引用記事はスパイク蛋白質が癌を引き起すと指摘している。P53遺伝子の機能を阻害することによって癌を引き起こし、増殖させるという。

そのことは承知の上で、私が今もっとも心配するのは日本政府が前のめりに関与している新型の「レプリコンお注射」、つまり、「自己増殖型お注射」である。このお注射はスパイク蛋白質を自己増殖する。少量のお注射であっても、大量のスパイク蛋白質を作り出す点が最大の特徴だ。

エルデイリ博士は「将来のお注射によって生成されるスパイク蛋白質がp53活性を抑制することがないことを望んでいる」と率直に述べているが、レプリコンお注射では自己増殖されるスパイク蛋白質はp53活性を抑制することがないように特別な配慮が施されるのだろうか?もしもそのような配慮がなされないならば、レプリコンお注射はとんでもない発癌マシーン、あるいは、心臓発作マシーンと化してしまうのではないか?素人の杞憂として終わってくれれば幸いである。

新型コロナ禍に関して今までに判明している事柄の中には重要な情報が山ほどある。実際に重篤な健康被害に見舞われたり、家族を失った方々の悲しさ、苦悩、やり切れなさは言葉では言い表せない。たとえば、「新型コロナの予防接種をもう一回受けようと思っている人が身の周りにいるかい?まずは、お注射による傷害に関するこの短い動画を観るように勧めていただきたい!」と題された記事がある(原題:Know anyone thinking of getting another COVID shot? Urge them to watch this short video on vaccine injuries first!: By Steve Kirsch, Mar/20/2024)。そこに掲載されている情報を下記に転載し、現状の理解に役立てたいと思う:

臨床試験の当時12歳だったマディ・デ・ガレイは、1,131人の子供たち(12歳から15歳)が接種を受けた臨床試験で、2回目のファイザー製お注射を接種してから24時間も経たないうちに永久的な障害に見舞われた。1,000人に1人の子供がこのお注射によって永久的な障害を負ったのであれば、この臨床試験は中止すべきであった。 しかし、ファイザー社はそれを隠蔽し、実際の健康被害を報告しなかった。彼らはこの事例を意図的に腹痛と誤報告し、NEJM(訳注:この「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン」誌は米国では頂点に立つ、もっとも権威のある医学専門誌であると見なされている)に掲載された論文でも同様であった。この科学的には不正な報告に関する主流の医学界からの苦情は何ら表面化してはいない。この不正な論文はいまだにNEJMに掲載されている。論文には、「お注射関連の重篤な有害事象はなく、全体的に重篤な有害事象もほとんどなかった」と書かれている。これは真っ赤な嘘だ!

米国ではいったい何人がお注射によって健康被害に見舞われたのであろうか? V-safeデータによると、お注射の接種者の約8%は新型コロナ用のお注射が原因で重傷を負ったと推定される。27000万人以上の米国人が接種を受けたので、2000万人以上の米国人が健康被害に見舞われたことになる。 

冒頭でご紹介した論文によると、日本では20233月現在で全人口の80%が一回目と二回目のお注射を受けたという。三回目は68%、四回目は45%。2023年の日本の総人口を12400万人とすると、二回目までの接種者数は9920万人、三回目までの接種者数は8432万人となる。因みに、米国での健康被害者数の割合である8%を使うと、日本での推定健康被害者数は二回目で794万人に相当する。三回目では674万人となる。いずれにしても、膨大な人数である。日本での実体ははたしてどれだけ把握されているのであろうか?

大きな視点で新型コロナ禍を眺めてみると、最近は今まで無視されていた真実がより多く出回るようになって来た。潮目が変わったと前にも書いたことがあるが、その実感はますます強くなっている。

参照:

注1:COVID Spike Proteins Help Cancer Cells Survive, Resist Chemotherapy: Brown University Preprint PaperBy Marina Zhang4/22/2024, updated: May/4/2024


<転載終了>