さてはてメモ帳さんのサイトより
http://glassbead.blog.shinobi.jp/medical%20tyranny/canadian%20professor%20fired
<転載開始>

Canadian Professor Fired for Questioning Safety of mRNA Injections Written by John Leake on May 13, 2024. Posted in Current News

https://principia-scientific.com/canadian-professor-fired-for-questioning-safety-of-mrna-injections/ 

ラヴァル大学はカナダ最古の高等教育機関であり、ルイ・サン・ローラン[Louis St. Laurent]元首相、ブライアン・マルロニー[Brian Mulroney]元首相、ジャン・クレティエン[Jean Chrétien]元首相など、カナダで最も優秀な人材を輩出してきた。

悲しいことに、パトリック・プロヴォスト[Patrick Provost](微生物学・免疫学教授)の解雇を決定した現理事たちは、科学的探究よりも正統派を優先する姿勢を示している。

  

ガリレオ[Galileo]1633年に異端審問の聖職者によって断罪されて以来、西洋では宗教的正統性の厳格な強制よりも言論の自由や自由な科学的探究を優先する傾向がかなり安定している。

ジョン・ミルトン[John Milton]は1639年の夏、軟禁されていたガリレオを訪ね、老人の様子は若きミルトンに強い印象を与えた。その6年後、ミルトンは『Areopagiticaアレオパギティカ)』という有名で気骨のある言論の自由の擁護書を出版した。この本は、知識の進歩に関心があると主張するすべての人の必読書であるべきだ。

ミルトンは敬虔なプロテスタント・クリスチャンであったが、それにもかかわらず、言論の自由こそが知識を進歩させる唯一の方法であると主張した。現実に対する私たちの理解は断片的で不完全なものであり、私たちが完全な理解に近づく唯一の方法は、私たちの観察や考えを互いに自由に伝え合うことなのだ。実際、もし私たちが自由に話すことができなければ、明確に考えることができるかどうかさえ疑わしい。

ラヴァル大学指導者へのメッセージ 16世紀の正統派嗜好に逆戻りし、正教授を異端として迫害することは、21世紀の大学としてはひどい方針です。いずれ、あなた方は知的・政治的歴史の間違った側にいることが明らかになるでしょう。

Watch the video here

See more here Substack

 

関連元記事

Quebec University fires professor over Covid-19 vaccine dissent By Lindsay Shepherd May 3, 2024

ゲノミクス、脂質ナノ粒子、RNAの分野で35年の研究経験を持つ生化学者がCovid-19ワクチンへの批判を理由にケベック市のラヴァル大学を解雇された。

 

2024328日、パトリック・プロヴォスト博士は人事・財務担当副学長アンドレ・ダルヴォー[André Darveau]から解雇を通告する手紙を受け取った。

2021年以来、プロヴォストはCovid-19 mRNAワクチンに関する学内外での発言をめぐって11件の苦情を受けていた。これらの苦情は市民、医師、他の教授からで、うち2件は匿名だった。その結果、プロヴォストは4回の無給停職処分を受け、合計で6カ月と1週間と1日の停職処分を受けた。

 

彼は、この停職処分に関して州労働裁判所に苦情を申し立て、労働組合が代理人として解雇について争っている。

 

プロヴォストは、ULavalの彼に対する処遇を「違法、不当、不合理、虐待」と呼んだ

 

「(ケベック州の)『大学環境における学問の自由を尊重する法律』が202267日に施行されて以来、学問の自由を行使して解雇された教授は、おそらく私が初めてでしょう」と、プロヴォストは423日付の同僚宛ての手紙に書いた。

 

53日、教授グループが公開書簡を書き、ULavalにプロヴォスト博士の復職と謝罪を求めた。

 

パトリック・プロヴォストは、子供に対する医学実験に等しい行為に一線を引いた」と、ブラウンストーン・インスティテュートが発表した手紙の中で、教授たちは書いた。

 

プロヴォスト博士は、ファイザー社とモデルナ社の改変mRNA注射の潜在的な害を把握できる立場にありました。彼は、少なくとも子供たちに関する限り、リスクは報酬を上回ると、少し前に結論を出したのです。

 

プロヴォストは自身の発表した書簡の中で、「ファイザーとモデルナのmRNA製品は全く新しい技術に基づいており、一般大衆が理解する従来の意味での『ワクチン』-20219月に定義が変更された-ではありません」と書いた。

「このような新しい『ワクチン』には、既知・未知を問わず潜在的なリスクがあることを認識している私は、人命、特に子供たちの命がかかっているこのような重要な問題について、黙っているわけにはいかなかった。それは、時間をかけて進化してきたものであり、認知された概念、確かな科学的証拠、推論に基づいているのです。」

 

プロヴォストは、数十年にわたるキャリアの中で、600万ドル近い政府資金を獲得し、60人の優秀な学生や研究者を育成し、査読付き科学雑誌に約100本の論文を発表し(他の16千本以上の論文に引用されている)、ディスカバリー・オブ・ザ・イヤーを3度受賞したと述べている。

 

「なぜ彼らは耳を貸さず、私の根拠のある合理的な主張を聞こうとしないのか?なぜ彼らは、議論も討論もせずに私を黙らせ、教師・研究者としての私のキャリアを破壊しようとするのか?なぜ私は、給料を払ってくれる国民を守るために、自分の専門知識と知識を使うことを妨げられるのか?なぜ私は国民を守りたいという理由で解雇されたのでしょうか?」と、プロボストは手紙の中で述べた。

 

「もし、教師が教育機関内や公共の場で自由に自己表現できなくなったら、誰が社会で自由に自己表現できるようになるのでしょうか?」

 

他の教授、科学者、研究者たちも、Covid-19の反対意見をめぐって職業上の混乱に陥っている。

 

オンタリオ州在住のクリティカルケア医師で保守党候補のマット・ストラウス医師[Dr. Matt Strauss]は、以前の雇用主であるクイーンズ大学を相手取って訴訟を起こした。クイーンズ大学は、ストラウス医師がXのアカウントでCovid-19のロックダウンと義務化に反対を唱えた後、ストラウス医師を世間から非難させ、仕事上の影響を与えたと主張している。

テクノロジー界の大富豪イーロン・マスク[Elon Musk]が所有するソーシャルメディア・プラットフォームXは、ストラウスの訴訟に資金を提供している。

 

Xはまた、反ロックダウンの小児科医クルヴィンダー・カウル・ギル医師[Dr. Kulvinder Kaur Gill]訴訟費用も支払っている

 

Author

Lindsay Shepherd

Lindsay holds an M.A. in Cultural Analysis and Social Theory from Wilfrid Laurier University. She has been published in The Post Millennial, Maclean’s, National Post, Ottawa Citizen, and Quillette.


<転載終了>