さてはてメモ帳さんのサイトより
http://glassbead.blog.shinobi.jp/digital%20surveillance%E3%80%80/un%20war%20on%20free%20speech
<転載開始>

黙っていれば家畜になれる、黙って打てば、ころりと死ねる、というかまだ死者より労働不可能障害者の方が多いそうです、次は「安楽死」なのでしょう

The UN Ups It’s War On Free Speech Written by Efrat Fenigson on May 13, 2024. Posted in Current News

https://principia-scientific.com/the-un-ups-its-war-on-free-speech/

反セム(ユダヤ)主義が、言論の自由に対する検閲のベルトをさらに締め付ける次の口実となる中、グローバリストが真実を検閲する以前の口実を思い出してみよう。

20235月のノーベル賞授賞式でのスピーチで、国連のメリッサ・フレミング[Melissa Fleming]報道官は「誤情報との戦い」を宣言した。

https://youtu.be/E5uMa8wiCaQ 

私たちは情報戦の中にいます・・・そして、私たちはその対応を大幅に強化する必要があります」と、フレミングは最近のノーベル賞授賞式でのスピーチで宣言した。

どうやら国連は、Covidや気候「危機」のトピックに関する誤情報や偽情報と呼ばれるものに対する戦争を強化する一方で、インターネット上の情報の全面的な管理と節度を求める圧力を強めているようだ

フレミングはスピーチの中で、X(旧ツイッター)が誤った情報とヘイトスピーチを広めていると非難した: 「もちろん、ツイッター社の解雇によって、攻撃的なコンテンツや暴力を扇動するコンテンツにフラグを立てる協力者はいなくなりました」と、彼女は説明している。「今や、青いティック(ツイッター会費)を払えば、ほとんど誰でも偽情報を広めることができるのです。」

しかし、国連には「信頼できるメッセンジャーの軍団」がおり、彼らは国連のコンテンツを取り上げ、プラットフォーム上で宣伝し、あたかもそれが新しいウイルスであるかのように、「偽情報」の拡散を遅らせている。

Covidの時に使われたプロパガンダの業界用語に注意を払っていますか? 「ネットサーフィンをするときにみんなに聞いてもらいたい新しいスローガンは、『共有する前に、一時停止、注意』です。

最後にフレミングは、情報戦争における国連の最新動向を明かす:

「私たちは国連に、誤情報、偽情報、ヘイトスピーチが、私たちの職員や活動だけでなく、私たちが取り組んでいる問題や原因をも脅かしている場合に、迅速に対応する能力を持ち、監視する中央機関を創設しています

彼らの目標は、「より人道的なインターネットを実現するために、私たち全員が支持できる」グローバルスタンダードを設定することである。- 予想通り、それは私たち自身のためである

 

静かな部分を声高に

2022年の世界経済(フォーラム)におけるフレミング女史のインタビューを振り返ってみると、彼女は「私たちは科学を所有しており、それを世界に知ってもらう必要がある」と語り、そのインタビューでは、国連(およびその他のグローバリスト)がグーグルなどの大手テック企業と連携して、国連が「検証済み」と見なす情報を検索結果に表示するよう影響を与える一方で、組織的なシナリオに合致しない情報を隠したり検閲したりしていることを明らかにした。

https://youtu.be/Chu3T6CTaV4 

See more here substack.com

Header image: PR Newswire


<転載終了>