さてはてメモ帳さんのサイトより
http://glassbead.blog.shinobi.jp/history/passing%20observations%20242
<転載開始>

Passing Observations 242  Dr Vernon Coleman

https://www.vernoncoleman.com/observations242.htm


1. 
英国では現在、銀行休業日にGPや薬局が閉まっている。薬局によれば、処方箋の応需に少なくとも7日はかかるという。全体的な計画は、より多くの人々を殺すことである。

 

2. 地球上の65歳以上の人口は、5歳未満の人口よりも多い。

 

3. 共謀者たちが「地球温暖化」という名前を「気候変動」に変えたのは、寒くて雨の多い天気に変えようとしていることを知っていたからだ(暖房を強めるよりも、彼らがやっている太陽を遮る方が簡単だからだ)。太陽は遮られ、雨は誘発され、農業を破壊し、世界経済を破壊しようとしている。

 

4. 地元の病院は閉鎖され、英国に残っている病院は地域の大病院だけである。つまり、平均的な患者は診察のために2030マイルも移動しなければならない。現在、地元の電車はなく、地元のバスの90%は運休している。タクシーもほとんど走っていない。運転免許証もすぐに失効してしまう。そして、救急車サービス(明らかに緊急事態にしか対応していない)は、緊急通報への対応に数日を要することもある。その結果、人々は病院に行くことができない。


5. 
ロックダウンの間、病院スタッフに対する夜の声援が世界的なものであったことを、どれだけの人が知っているだろうか。例えば、ニューヨークでは毎晩、騙されやすい人たち、従順な人たち、ナイーブな人たちが窓から身を乗り出して、自分たちを殺そうとしている人たちに声援を送っていた。

6. 私は若い頃、若い医師の人生を描いた3つの小説を書いた。私は真面目な本(『メディスン・メン』など)も書いていたので、当時の文芸エージェントはペンネームを使うよう説得した。一冊は若い医師の医学生時代を扱ったもの(『Getting into Practice』)、残りの二冊は若い医師の開業医としての人生を扱ったもの(『Practice makes Perfect』と『Practice what you Preach』)である。これらの本は「エドワード・ヴァーノン」(私のクリスチャンネームが丸くなった)という名前で書かれており、www.vernoncoleman.comで入手できます。


7. 
インスリン不足は、インスリンに依存している40万人のイギリス人の命を脅かしている。誰も気にしていないようだ。これはすべて、世界の人口を減らすための殺戮プロセスの一部なのだろう。私たちの側では、地球が平らなのか、細菌(病原体)は存在するのかといった議論に忙殺され、重要な問題には関心がない人が多すぎるようだ。

 

8. 英国政府がウクライナで人々を殺害するために費やした金のせいで、平均的な英国人は1,500ポンド不利になっている。


9. 
アメリカのランジェリー会社が、ブラックダイヤモンド3,575個、ホワイトダイヤモンド117個、ルビー34個がセッティングされた335万ポンドのブラジャーを販売している。手洗いする必要があるのだろうか。(ちなみに、ダイヤモンドが本物かどうかを見分ける簡単な方法は、ダイヤモンドに息を吹きかけることだ。本物のダイヤモンドは曇らないが、模造品は曇る)

 

10. 水分補給を怠る高齢者は、心身ともにすぐに衰弱し、動きが鈍くなる。多くの精神的・肉体的疲労を取り除く最も手っ取り早い方法は、水分を多く摂ることである。


11. 
生垣の樹齢を知りたければ、30ヤードの範囲にある木質の種の数を数えればいい。そしてその数に110を掛ける。そしてその合計に30を足す。生け垣の多くにトゲのある木が含まれているのは、生け垣が植えられた当時、家畜を逃がさないことが目的だったからだ。

 

12. かつて女性は男性よりかなり長生きだった。しかし、女性の平均寿命は急速に短くなっている。その理由は簡単で、現代の女性は喫煙や飲酒が多く、ストレスの多い仕事に就いているからだ。フェミニズムのおかげで、女性の平均寿命は56年縮まっている。より詳しい情報やアドバイスについては、私の著書『How to live longer(長生きする方法)』(www.vernoncoleman.comのブックショップにあります)をお読みください。


13. 
ジェレミー・クラークソン[Jeremy Clarkson]はもうすぐサー・ジェレミー・クラークソンになるらしい。このテレビ司会者は、どうやら「ウォーク」の大使になったようで、彼の農業番組で気候変動なんてナンセンスなことを宣伝しているようだ。彼の最近の番組は、WEFを代表する政党の政見放送の延長のように見える人もいると聞いている。

 

14. あるランジェリー会社が、約5フィートの長さのパッティンググリーンに展開するブラジャーを発明した。日本向けに作られたこのブラジャーは、適切なときに「ナイスショット」と言う。

15. 
金は完全に無臭の唯一の金属である。

 

16. オックスフォードで開催された反生体解剖集会でスピーチをした後、聴衆の親切な人が電車に乗るために私を駅まで送ってくれた。途中でパトカーに止められた。警察は、実験室に侵入して動物を放した動物愛護活動家を追っていたのだ。4人の警察官が、私たちと車を一通り捜索した。私たちが旅を続けたとき、運転手が緊張しているように見えた。大丈夫ですか?と私は尋ねた。「トランクの中を見られなくてよかったわ」と、彼女は言った。どうして? 「ジェミーがまだ入っているからよ」と、彼女は答えた。


17. BBC
のウェブサイトに最近、浜辺でレゴの破片を見つけた少年のニュースが掲載された。現在起きている2つの大きな戦争については、すぐにはどこにも言及されていなかった。BBCは次に何を伝えるのだろうか? 「庭で雑草発見」 「ごみ箱でブリキ缶を発見」

 

18. 注射を打たれた一部の人が他の人よりも早く病気になった理由について、いまだに混乱があるようだ。混乱する必要はない。3年以上前、私は、ワクチンを打つ人が針の先端が血管に入っていないことを確認しなければ、ワクチンがそのまま血液に注入される可能性があると指摘した。当然、この警告は軽蔑をもって迎えられた。しかし、実際に起こったことなのだ。


19. 
ドイツの公衆衛生局は、我々が4年前から知っていたことをついに認めた。同機関はまた、フェイスマスクが何らかの効果をもたらすという証拠がないことにも同意した。

 

20. 天気予報がこれほど完全に外れたことはない。粉を撒いたり、雲を播いたりする気象管理者は、予報士と情報を共有できるかもしれない。それとも、誤った、誤解を招くような予報を出すことで、混乱させ、絶望を生み出し、休暇や海辺のビジネスを破壊する計画なのだろうか?

 

Copyright Vernon Coleman May 2024


<転載終了>