マブハイさんのサイトより
http://takahata521.livedoor.blog/archives/24518766.html
<転載開始>
タイムマシンの特許だそうです

マーリン・ポールマン博士
US20060073976A1 - Method of gravity distortion and time displacement - Google Patents
タイムマシン特許
要約
2+1次元の反ド・ジッター空間におけるほぼ放射状軌道上の2点質量の効果をシミュレートし、Van Den Broeck修正の下でvan Stockumに合致する円形時間的測地線を作成する、レンセ・サーリング効果を利用する手法(Van Den Broeck 1999)は、Gerochの定理(Geroch 1967)に従って、ある空間的境界から別の空間的境界への位相変化を可能にし、その結果、( )}odel型測地学的に完全時空エンベロープ上のG{umlautを形成する方法が得られます。
形容

発明の分野
本発明は、重力場の修正によって作動する技術的な時間変位装置の使用に関する。これらの駆動系は、時間の遅れを利用するための推力を生み出すために物質の放出に依存するのではなく、一般相対性理論に従って時空の曲率の変化を生み出します。これにより、時空をワープすることによってトポロジー間を移動し、Gerochの定理に従って、ある空間的境界から別の空間的境界へのトポロジーの変化を生み出すことができます(Geroch 1967)

発明の理論的背景
重力の概念は、量子重力の観点から、ひいては量子物理学自体の構成要素として検討されるべきです。量子物理学におけるエネルギーの基本的な最小量子はプランク定数です。h.したがって、エネルギー等価式E = mc2に従って、基本的な最小質量量(mq)は、既知の定数から次のように導出できます。mq=h/c(1) です。この最小質量をとれば、すべての物質の形成、自然の力、そして時空そのものが、この単一の典型的な量に由来することを示すことができます。

したがって、システム内の真髄の数が次の場合。nq=m/mq:その場合、システムの総エネルギーは、単一の真髄(h)のエネルギーによってより論理的に与えられます。そのシステム内のクインテッセンスの数(nq)を直接掛けると、
E = hn q = mc 2(1 a)になります。


※はい、当然ですがすべてがチンプンカンプン....

マーリン・ポールマン博士
US20060285621A1 - Method and device for initiating a fusion reaction through isomer potentiated nuclear decay - Google Patents
スクリーンショット (675)

<転載終了>