さてはてメモ帳さんのサイトより
http://glassbead.blog.shinobi.jp/history/passing%20observations%20245
<転載開始>

Passing Observations 245  Dr Vernon Coleman

https://www.vernoncoleman.com/observations245.htm 

1. 
インターネットは、無料という考え(そして永遠の期待)を広めることで、あらゆるもの(商品やサービス)の価値を下げた。

 

2. 陰謀家たちに支配された政府は、問題を作り出し、メディアや専門家を使って私たちを恐怖に陥れ、そしてどこからともなく、私たちに残された自由を必然的に侵食するような既成の解決策をもって急襲するというアイデアを完成させた。

 

3. 30歳未満の者は、選挙権、携帯電話の所有、インターネットの使用を許可されるべきではない。「ウォーク」と言える人は、選挙権、携帯電話の所有、インターネットの使用を許可されるべきではない。

 

4. グーグルとその子会社ユーチューブは、今やゴールドマン・サックスよりも邪悪で、腐敗し、有害なのか? これは時代の問いである。 唯一確かなことは、グーグル(ひいてはユーチューブ)が、ボノや英国王室でさえ感心するほどの偽善の科学を習得しているということだ。

 

5. ティム・バーナーズ-リー[Tim Berners-Lee](インターネットの発明者)は、私が思いつく誰よりも人類に害を及ぼしていると思う。

6. プーチンがロンドンを核攻撃するかもしれないという話がある。もしそんなことをすれば、下院、貴族院、ダウニング街10番地、BBC、バッキンガム宮殿、デイリーメールを破壊するだろう。

 

7. CIAは何度も何度も、政府を転覆させ、国全体を掌握することに長けていることを証明してきた。イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、そしてEU全体に対して、なぜそれをやってはいけないのか?

 

8. イギリスでは、当局は万引き犯を逮捕していないようだ。アメリカでも万引き犯は逮捕されていないようだ。世界的に奇妙なことが起こるたびに、それが陰謀の一部であることを確信できる。同様に、いわゆる文明世界のほとんどの地域では、夜間や週末に医者や警察官を見つけることは不可能になっている。


9. 
「思慮深い将校は、機会があればいつでも腸を空にして腹を満たすものである」。ウェリントン公爵[Duke of Wellington]

 

10. 次のパリ・オリンピックにリープ・フロッグが導入されることを、ここに独占報告する。「メダルを獲得できる種目が必要だったのだ」と、フランス人は言った。

 

11. BBCが誤報や偽情報を専門とするスタッフを起用していることを正直に認めたことを祝福したい。政府もBBCに倣って、欺瞞大臣を任命するかもしれない。

 

12. 覚えておこう:もしあなたが偏執狂でないなら、あなたは注意を払っていないのだ。


13. 
現在、病院の駐車場は非常に混雑しており、患者は1時間以上も車を走らせ、スペースを探している。これが大きなストレスとなり、予約時間に間に合わなくなる。問題は、ほとんどの駐車場が朝早くから職員によって埋められていることである。これはすべて変えなければならない。職員は病院の駐車場に駐車することを禁止すべきである。職員は敷地外に駐車し、専用バスで出勤すべきである。患者には無料駐車を許可し、患者を見舞う人には料金を支払うべきである。病院管理者は、病院で最も重要なのは患者であることを忘れてはならない。

 

14. 「歴史は嘘であり、一般に同意されている」。ナポレオン・ボナパルト[Napoleon Bonaparte]

 

15. 手首の故障に悩む店員を友人が見かけた。彼は別の店で手首用のサポーターを買い、ささやかなプレゼントとして店員に渡した。次の来店時、その店員(思いがけないプレゼントに大喜び)は、膝が悪い同僚のために膝サポーターを買ったと友人に話した。ふたりとも、自分の人生が少なからず変わったと言っていた。政府は私たちのことを気にかけていないかもしれないし、専門職は私たちを見捨てたかもしれない。

 

16. 私が出版社を経営していたとき、2人の女性スタッフが同性愛について話し合っているのを耳にした。

「あなたは同性愛をどう思いますか?」と、彼らは3人目のスタッフに尋ねた。「気にならない」と彼は答えた。彼はなぜ彼らが笑ったのか理解できなかった。

 

17. 開業医だった頃、変わった仕事や趣味を持つ実に興味深い人々にたくさん出会った。例えば、裏庭の鳩小屋で飼っている6羽の鳩を自分で調教している、プロの美容師という患者がいた。私は彼女や鳩が働いているところを見たことはないが、彼女はゴルフクラブ、クリケットクラブ、社会人クラブ、大きなパブで働き、スタッグナイトやパーティー、そして私が知る限りではバル・ミツヴァーの余興を提供していた。ある晩、彼女がドーチェスターのパブで働いていたとき、キッチンにいた猫が逃げ出した。その結果、鳩は持ち場から飛び去り、エクディシストは無防備な姿になってしまった。多くのブーイングと非難の声が響く中、会場にいた警官が彼女をわいせつ行為で逮捕し、地元の警察署まで引っ張っていった。その結果、地元の判事の裁判所に出廷することになり、全国紙で大々的に報道された。罰金5ポンドは、これまでで最高の投資だったと彼女はある記者に語った。ある進取の気性に富んだカメラマンが、彼女を逮捕した警官に会って写真を撮るよう説得した。そもそも警官は恥ずかしがっていたが、彼女はそんなことはなく、事件が起きたラウンジ・バーで写真を撮った後、二人は近くのビストロで静かに食事をした。それから6週間後、ふたりは結婚し、ちょうど1年弱後、彼女の最初の出産に立ち会ったとき、ふたりはこの話をしてくれた。 相変わらず幸せそうな夫妻は、先日金婚式を迎え、子供たちと6人の孫たちと一緒に写真に収まった。3人の孫娘のうちの1人は、一家の伝統を受け継ぎ、有名なエクディシストになっているが、彼女はインターネット上のソーシャルメディア・チャンネルで活動しており、その行為には家畜は関与していないらしい。


18. 
ブックショップをご覧ください。ヴァーノン・コールマンの現在入手可能な書籍は、www.vernoncoleman.com のブックショップでご覧いただけます。

 

19. 友人が白内障の手術を受けようとしていた。「もし視力が良くなるなら、私は顔を整形するわ」と、彼の妻が言った。二人はどちらもしないことに同意した。彼女はぼんやりと美しいままだ。

 

20. 「私は古代の原始的な善悪の区別を守ることに賛成だ」。アンブローズ・ビアス[Ambrose Bierce](作家、皮肉屋の衣をまとった理想主義者)


Copyright Vernon Coleman May 2024


<転載終了>