In Deepさんのサイトより
https://indeep.jp/about-terminal-lucidity/
<転載開始>


米エポックタイムズで「終末期意識清明」に関する記事を読みました。

これは簡単にいえば、重度の精神疾患や脳疾患などを患っている人などで、ほとんど認知の状態がない、あるいは言語が失われているという状態を何年も、場合によっては十数年も経験している人が、

「亡くなる直前に、認知や記憶が何もかも明晰な状態になる」

ことで、曖昧には聞いたことがあったかもしれないですが、記事として、論文などを引用して体系的にまとめられていたものは、初めて読んだ気がします。

まずは、その記事をご紹介します。かなり長い記事です。論文のリンクはすべて示しました。

終末期の明晰性:多くの患者が最後の数日間に説明のつかない精神の明晰さの回復を経験する

Terminal Lucidity: Many Patients Experience an Unexplained Return of Mental Acuity in Their Final Days
Epoch Times 2024/06/11

アンナ・カテリーナ・エーマーさんの症例研究は、終末期の明晰性に関する研究の中で最も有名なものの一つであり、この現象は研究者を困惑させ続けている。

ケーテとして知られるエーマーさんは、1895年に重度の障害を持って生まれたドイツ人女性だった。彼女は 6歳のときに精神病院に送られ、26歳で亡くなるまでそこで暮らした。

施設を運営していたフリードリヒ・ハピッヒ医師は以下のように回想している。

「ケーテは、当施設で暮らした患者の中でも最も重度の知的障害を持つ患者の一人です。生まれたときから、彼女は重度の知的障害を患っていました。一言も話すことができませんでした」

「何時間も特定の場所を見つめ、その後何時間も休みなくそわそわしていました。食べ物をむさぼり食い、昼夜を問わず汚物をまき散らし、動物のような声を発して眠りました。ケーテが当施設で暮らしていた間、彼女が一瞬でも周囲の状況に注意を払ったのを見たことはありません」

ケーテは髄膜炎を何度も患い、「知的思考に必要な脳組織の多くが破壊された」と考えられていた。また、結核を患い、足の切断に至り、それが最終的に彼女の死因となった。

彼女は一言も話すことはなかった。

しかし、彼女が死に瀕していたとき、予期せぬ出来事が起こった。彼女が独り言で歌い始めたのだ。

彼女は、はっきりと完璧なドイツ語で、葬儀の賛美歌を歌った。亡くなるまで、丸々 30分間、独り言で歌い続けた。

ハピッチ医師はケーテの死の床での次のような光景を語った。

「ある日、科学者としても精神科医としても尊敬されている医師の一人から電話がありました。彼はこう言いました。『すぐにケーテのところに来てください。彼女が死にかけています!』と」

「私たちが一緒に部屋に入ったとき、私たちは自分の目と耳が信じられませんでした。生まれつき完全に知的障害があり、一言も話したことのないケーテは、死に際の歌を独り言で歌っていたのです」

「具体的には、『魂はどこに居場所、安らぎを見出すのか? 安らぎ、安らぎ、天国の安らぎ!』と何度も何度も歌っていました。彼女は 30分間歌い続けました」

「それまで無表情だったケーテの顔は、一変し、霊的になりました。そして、ケーテは静かに息を引き取りました。私やケーテの世話をした看護師と同じように、ケーテの目には涙が浮かんでいました」

 

不可解な現象

末期意識清明期は、認知症患者が亡くなる直前に最も多く見られる。患者は短期間意識清明期を迎え、その間に「生き返り」、病気の発症前の自分らしさ、あるいは自分らしさを取り戻す。

この明晰さには、脳を徐々に破壊する病気によって失われたと思われていた記憶を思い出す能力や、病気の結果としてずっと前に失われた可能性のあるコミュニケーション能力が含まれる場合がある。

この現象は認知症患者に限ったことではなく、重度の精神疾患、脳障害、腫瘍、髄膜炎、脳膿瘍、脳卒中、脳損傷などの他の疾患の患者や、死の直前に目覚める可能性のある昏睡状態の患者にも起こる。

2009年、ドイツの生物学者マイケル・ナーム氏は、臨死研究ジャーナルの記事で終末期の明晰さという用語を次のように定義した

「死の直前に、鈍い、意識不明の、または精神病の患者が、気分や霊的な感情がかなり高揚したり、以前は普通ではなかった霊的で高揚した様子で話したりする能力など、正常または異常に強化された精神能力を(再び)発現すること」

逆説的明晰性は、同じ現象(患者が突然、精神が明晰になり、話したり記憶したりする能力を取り戻すこと)を指すより広い用語であり、死の直前だけでなく、いつでも起こり得る。

一部の専門家たちは、逆説的明晰性は、しばしばコミュニケーションが不可能になる重度の神経変性疾患を持つ患者のみを指すべきだと示唆している。

 

終末期の意識清明期における体験

こうした意識の明晰さのエピソードではさまざまなことが起こるが、末期の意識の明晰さを体験する人々に共通する特徴がいくつかある。

オール・アメリカン・ホスピスによると、患者に共通するのは次の点だ。

・好きな食べ物や物を要求する

・友人や家族を認識したり探したりする

・機嫌が良くなり、言葉も増える

・若い頃の楽しかった思い出を振り返る

・亡くなった人、ペット、宗教上の人物を探したり話したりする

・光が見えたり音が聞こえたりするなど、説明のつかない感覚体験をする

・旅行について、または一人旅の準備について話す

・自分の死亡時刻を正確に予測する

その他の一般的な経験としては、痛みなどの身体的症状の改善、明瞭かつ首尾一貫した発話、他者からの質問に答えること、以前は忘れていたと思っていたことを思い出すこと、立ち上がって歩き回ること、歌うなどの活動に参加することなどが挙げられる。

 

終末期の明晰さのケーススタディ

ナーム氏とブルース・グレイソン博士らが執筆したレビュー論文では、さまざまな症状を持つ患者における終末期の意識清明状態とその発生に関する症例報告が収集された。

1990年の事例では、悪性脳腫瘍で死に瀕していた 5歳の男の子が 3週間昏睡状態にあった。その間、家族は息子のベッドサイドに付き添っていた。最終的に、牧師の助言を受けて、家族は昏睡状態の息子に、寂しいだろうが死んでも構わないと伝えた。レビューには以下のように書かれてある。

「突然、予期せず、少年は意識を取り戻し、家族に自分を解放してくれたことに感謝し、自分はもうすぐ死ぬだろうと告げた。少年は翌日死亡した」

別のケースでは、若い男性が肺から脳に転移したガンで死にかけていた。脳スキャンを行ったところ、腫瘍が彼の脳組織のほとんどを破壊し、置き換えていたことが判明し、彼は亡くなる数日前には動くことも話すこともできなくなっていた。

しかし、亡くなる 1 時間前に彼は「目を覚まし」、家族に別れを告げ、意識を失って亡くなるまで約 5分間家族と話したのを、彼の妻と看護師たちが観察している。

3番目のケースは、アイスランドの老人ホームに住んでいたアルツハイマー病の 81歳の女性に関するものだ。

彼女は 1年間、家族を誰も認識せず、話すこともなかったにもかかわらず、家族は交代で彼女を訪問した。ある日、彼女の息子のリドゥルが彼女のベッドサイドに座っていたとき、彼女は突然起き上がり、彼の顔をまっすぐに見てこう言った。

「私のリドゥルよ、あなたに詩を朗読します」

息子によると、彼女はそのとき、次のような詩を非常に明瞭に暗唱したが、息子はそれが彼女の状況に特にふさわしいと思ったという。

「ああ、光の父よ、崇め奉れ。あなたは私に命と健康を与えてくださいました。私の父と母よ。今私は起き上がり、太陽が輝いています。あなたは私に光を送ってくださいます。ああ、神よ、あなたはなんと善良な方なのでしょう」

詩を朗読した後、女性は再び横たわり、反応しなくなり、1か月後に亡くなるまでその状態が続いた。

彼女の息子は、それが母親のオリジナルの言葉だと思ってその詩を書き留めたが、後にそれがアイスランドの詩の最初の節であることに気づいた。

 

終末期の明晰性に関する研究

終末期の意識清明は新しい現象ではなく、19世紀以来、医学文献に事例が記録されてきた。

1826年まで遡る末期意識清明状態の事例を調べた研究によると、この短い意識清明状態を経験した人の 84%が 1週間以内に死亡し、43%が 24時間以内に死亡した。しかし、死の 6ヶ月前までに症状が現れた事例も記載されている(論文)。

逆説的明晰性に関する研究が、アルツハイマー病と認知症の医学誌に掲載された。

この研究では、49人の患者 (多くが認知症患者) が対象となった。この研究では、患者の 43%が死の数時間前に逆説的明晰性を体験していることがわかった。41%は死の 2~ 7日前に体験し、10% のケースで、死の 8~ 30日前に発生した。

同じ研究によると、他の研究者たちは認知症患者の逆説的明晰性は典型的には患者が死亡する 1~ 2日以内に起こることを発見したという。

エピソードの持続時間にも大きなばらつきがある。別の参考文献にある、明晰夢を経験した 38の症例の研究では、5%が数日間、11 %が 1 日、29%が数時間、24%が 30分から 60分、16%が 10分から 30分、3%が 10分未満エピソードが続いたことがわかった。

科学者の中には、特定の状況や刺激がこうした明晰夢のエピソードを引き起こすのではないかと考える人たちもいる。

こうした明晰夢のエピソードが起こる条件はさまざまだが、家族がそばにいるときや、患者にとって馴染みのある音楽や意味のある音楽が流れているときに起きることは、どちらも比較的一般的であることが示されている(論文)。

これらのエピソードは、末期患者のケアにあたる介護者、看護師、医師、ホスピスや緩和ケア従事者によっても目撃されている。

終末期の体験に関する調査によると、老人ホームの介護者 10人中 7人が、過去 5年間に認知症や混乱を呈していた患者が亡くなる数日前に意識がはっきりするのを観察したと答えた。

 

原因は謎

科学者たちは終末期の意識清明状態の原因をいまだ研究中だが、この現象は予測不可能で一時的な性質のため研究が難しい。

また、短時間の意識清明状態の発生中に(患者を)研究することは、患者が愛する人と再びつながるために使える貴重な時間を奪うことになり、非倫理的であると考えられる。

ナーム氏とグレイソン博士による 2009年の報告書では、歴史的にこの現象を研究する医師は、患者が死にゆくにつれて脳の生理学的変化が原因であると考えていたと述べられている。

しかし、著者たちは、これらの結論は「かなり一般的であり、現代医学の観点からは不十分と思われる」と述べている。

終末期の意識清明状態とその原因については多くの疑問が残っている。

オール・アメリカン・ホスピスは、多くの人が「それが現実なのか、霊的なものなのか、それとも単に超自然的な体験なのか疑問に思う」と述べており、別れを告げたり、最後の願いを伝えたり、誰かに最後に会ったりといった、やり残した仕事を終えるために患者が「目覚める」ため、霊的なものかもしれないと考える人たちもいると書いている

ある研究では、死の直前の脳の変化により、末期の意識清明状態は身体的なものになる可能性があると理論づけられた。

ターナー脳精神衛生研究所の准教授イェン・イン・リム氏と、臨床神経心理学の博士候補で暫定心理学者のディニー・トムソン氏による論文では、その説明は科学の域を超えていると述べ、以下のように書いている。

「こうした精神が明晰になる瞬間は、死にゆく人が最後の別れを告げ、死の前に決着をつけ、家族や友人と再びつながるための方法なのかもしれない。死期が近づくと明晰になるエピソードは、死後の世界とつながっていることを示すものだと考える人たちもいる」

 

愛する人の助けに

こうした明晰夢を目撃した人にとって、それはポジティブな体験にもストレスフルな体験にもなり得るが、その両方になることもある。

2022年に発表された研究では、介護者に、アルツハイマー病後期および関連する認知症の患者のこうしたエピソードの体験を評価するよう依頼した。72%が「かなりまたは非常にポジティブ」と回答し、17%がストレスフル、10%が両方であると回答した。

末期の意識清明状態は、愛する人が回復しつつある兆候だと考え、この新たな状況に対応するためケアの変更を要求する家族にとっては(実際には直後に亡くなる場合が多いため)ストレスや混乱を招き、患者をケアする家族、友人、スタッフに多大な精神的混乱を引き起こす。

科学者たちにとって、終末期の意識清明状態は、脳に関する理解と、アルツハイマー病やその他の認知症を特徴付ける認知機能の低下は避けられず、回復不可能であるという認識を再評価する機会となる。

家族にとって、こうした短時間の意識の回復は素晴らしい贈り物となり、患者が別れを告げ、家族や友人と再会し、最後の願いを伝え、許しを求めたり与えたりする機会となる。

重度の認知症患者と何年も連絡を取っていなかった愛する人たちにとって、これは関係者全員にとって非常に癒しとなる体験であり、別れを告げる美しい方法となる。


 

ここまでです。

いろいろと考えるところはあるのですが、霊的であったり超自然的であったり、ということがあるとしても、不思議なのは、たとえば、最初に出てくるケーテさんという女性は、

「生まれてから、ずっと重度の精神障害で、一度も話したことがない」

方です。

一般的には、人間の発声能力は、3歳くらいまでに発達して完成していくと思うのですが(これは、マスクの弊害を調べている中で知りました)、このケーテさんという女性は、「一度も発話したことがない」わけです。

当然、発声のための筋肉や、発声のためのメカニズムの機序も学習する機会はありませんでした

なのに、

「魂はどこに居場所、安らぎを見出すのか?」

と、完ぺきなドイツ語で賛美歌を歌った。

こうなると、物理的にというか、現実的サイドからの考えでは、もはやどうにもならないことであり、他の事例でもそうですが、合理的な現実を超越した部分が死亡する間近には出てくるというようなことなのですかね。

あるいは、「純粋な意識は、身体に伴う意識と常に共存」していて、亡くなる時に、その「意識だけの部分」が、その人の肉体の意識と共有されるということなんですかね。

20世紀の最も偉大な詩人のひとりとされている詩人イェイツさんの『ヴィジョン』という著作を昨年読んだのですが、そこには繰り返し「死者と生者」の話が出てきまして、「死ぬ間際っていうのは、その境目なのかなあ」とかも思います。

これについては、自分が死ぬときにはわかるのでしょうけれど。

詩人イェイツが『ヴィジョン』に記していた、「死亡から生誕にいたる期間」の部分を抜粋して締めさせていただきます。「死に際にあらわれる亡霊」という表現が出てきます。

昨年の「死の時代となる21世紀」という記事でも引用しています。書かれてあるこの内容は今もよくわかりはしませんが。

イェイツ『ヴィジョン』審判を受ける魂 - 五 より

死亡から生誕にいたる期間は、白羊宮と天秤宮とのあいだに位置する六つの太陽月に類似した状態に区分される。

第一状態は《血縁者の幻想》と呼ばれるが、それは〈外郭〉と〈情念体〉を通して、われわれとつながりがある者が一様に抱くひとつの幻想を表す。

死に際にあらわれる亡霊は、その幻想の一部であって、〈外郭〉を構成する衝動や心象が「消失」前に示す一種の綜合だといってよい。

《血縁者の幻想》のあとに《瞑想》がつづくが、「大車輪」の上では、それは「神聖の情緒」と呼ばれるものと相当しよう。このとき〈精霊〉と〈天上体〉とが「顕現する。」

〈精霊〉はいまはじめて〈天上体〉を幻想としてとらえ、それを認識するが、そのためには肉ある生者からの援助が必要となる。〈精霊〉には言語もなければ、意志もないからである。

大量死の時代の今であるからこそ、いろいろと考える部分です。

>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下からご登録できます。


<転載終了>