さてはてメモ帳さんのサイトより
http://glassbead.blog.shinobi.jp/%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%82%
B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88/israeli%20army

<転載開始>

自分たちがこんな獣人だから、「南京云々」なども平気ででっち上げるのだろう

Israeli Army Caught Running Pedophile Ring Involving Thousands of Palestinian Kids – Media Blackout June 12, 2024 Sean Adl-Tabatabai Middle EastNews 6 Comments

https://thepeoplesvoice.tv/israeli-army-caught-running-pedophile-ring-involving-thousands-of-palestinian-kids-media-blackout/

不穏な新報道によれば、イスラエル軍は、何千人もの避難民となったパレスチナの子どもたちを巻き込んだ大規模な小児性愛組織を運営していたことが発覚した。

最近のニューヨーク・タイムズ報道の底に隠されているのは、イスラエル南部の軍事基地で行われている、罪のない子どもたちへの組織的な拷問、ソドミー、殺人のおぞましい記述である。

調査官によれば、パレスチナ人のための即席強制収容所であるスデ・テイマンでは、何千人もの子供たちがイスラエル兵によって日常的に裸にされ、拷問され、ソドミーされているという。

Naturalnews.comが伝えている: そこでどのように尋問が行なわれているかという説明の中で、ある囚人は、大音量の音楽が流れていて眠れないという理由で、被拘禁者たちが「ディスコ・ルーム」と呼んでいる部屋について語った。大音量は耳から血が出るほど苦痛だったという。イスラエル軍は、尋問の前に被拘禁者同士が簡単に話すことを望んでいないと主張している。

被拘禁者の一人である法学生のファディ・バクル[Fadi Bakr]は、家族のために小麦粉を探していたところ、イスラエル兵に身ぐるみを剥がされ、携帯電話と金を奪われ、殴られ拘束されたと語った。彼は、自分は民間人であり、人質の居場所に関するいかなる情報も提供できないと主張すると、オムツ以外は何もつけずに取調室に連行され、何度も殴られたと語った。

39歳の上級看護師で被拘禁者のユーニス・アル・ハムラウィ[Younis Al-Hamlawi]によると、尋問中にイスラエル兵の二人組が「彼を持ち上げ、地面に固定された金属棒に直腸を押し付ける」よう命じられたという。約5秒間の挿入の後、彼は「耐え難い痛み」と出血を経験した。

他の被拘禁者もUNRWAの報告書で同様の体験を語っている。41歳の被拘禁者は「熱い金属の棒のようなものの上に座らされ、火のように感じた」と語り、別の被拘禁者は「電気棒」を肛門に入れられ死亡した。

アル・ハムラウィはまた、電気で配線された椅子に座らされ、頻繁に衝撃を受け、まず尿意を催し、その後数日間排尿できなくなった。また、床を汚さないようにおむつを着用しなければならなかった。バクルはまた、電気でつながれた椅子に座らなければならなかった。

数々の虐待を語る被拘禁者たち

本誌の取材に応じた8人の元拘禁者は、殴られ、蹴られ、ライフル銃や警棒で殴られるなど、他にも数多くの虐待を受けたと語った。肋骨が折れるほど強く胸を膝で打たれた者もいた。少なくとも35人の被拘禁者が現場で、あるいは近くの市民病院に運ばれた後に死亡している。上級軍医は拷問の兆候は見られないと主張しているが、イスラエル軍司令官は、少なくとも12人の兵士が、過剰な力を使ったという理由で、その任務から解放されたことを確認した。

およそ4,000人の被拘禁者がスデ・タイマンで3カ月も過ごし、そのうちの70%がさらなる調査のために刑務所に移されたと考えられている。約1,200人は民間人と判断され、ガザに送り返されたが、謝罪や補償はなかった。

ある軍医はタイムズ紙に、イスラエル兵がなぜ彼らを連れてきたのかわからないほど、戦争に巻き込まれた戦闘員とは思えない人たちがいると語った。例えば、ある人はひどい肥満、ある人は下半身不随、またある人は子供の頃から首にチューブを挿入して呼吸していた。

「なぜ彼を連れてきたのかはわかりません。彼らは誰でも連れて行くんだ」と、彼は言った。

 

 

About Sean Adl-Tabatabai 17867 Articles

Having cut his teeth in the mainstream media, including stints at the BBC, Sean witnessed the corruption within the system and developed a burning desire to expose the secrets that protect the elite and allow them to continue waging war on humanity. Disturbed by the agenda of the elites and dissatisfied with the alternative media, Sean decided it was time to shake things up. Knight of Joseon (https://joseon.com)

Facebook


<転載終了>