地球の記録 - アース・カタストロフ・レビューさんのサイトより
https://earthreview.net/shocking-truth-about-malmo-sweden/
<転載開始>


危険な都市をランキングする「都市別犯罪指数」という世界データが毎年提供されていますが、最新の 2024年版で、スウェーデン 3番目の都市であるマルメが 76位にランキングされたことが話題になっています。

この都市別犯罪指数での 76位というのは、相当高いランクであり、つまり、スウェーデンの主要都市のひとつが「世界から見ても非常に危険な都市」とランキングされたことになります。

スウェーデンのマルメ

Google Map

ちなみに、危険な都市 1位は南米ベネズエラの首都カラカスで、「犯罪指数 82.0 安全指数 18.0」となっています。

スウェーデンのマルメの指数は、以下のようになっていました。

・マルメ 76位 犯罪指数 56.7 安全指数 43.3

ランキングの前後にある都市を比較しますと、以下のようになります。

・テヘラン(イラン) 77位 犯罪指数 56.6 安全指数 43.4
・バクダッド(イラク) 74位 犯罪指数 57.9 安全指数 42.1
・カラチ(パキスタン) 78位 犯罪指数 56.2 安全指数 43.8

こういうような都市とスウェーデンの都市が並んできたことになります。

ただ、実際には、スウェーデンのマルメはこれらの都市より、はるかに危険な可能性が高いです。

というのも、たとえば、今回ご紹介する記事には、

> 昨年、スウェーデンでは衝撃的な 149件の爆破事件が発生した。これは戦争状態ではない国としては最多の攻撃件数だ。

とありまして、現在のスウェーデンは、「戦争中の国」以外では、世界でも最悪の数の暴力事件が起きているようです。

スウェーデンの状態は、5年くらい前の以下の記事で取り上げたことがあります。ギャング化した移民による手榴弾抗争が繰り広げられているようです。

(記事)ヨーロッパで始まる新しいタイプの内戦 : 手榴弾抗争が続く「スウェーデンの憂鬱」に見るこれからの世界
In Deep 2019年11月30日

昨年 9月には、スウェーデン警察が、「前例のない数の殺人と爆破事件が発生している」として特別警告を国民に発した下こともありました(翻訳記事)。

最近の記事で、「スウェーデンの女子高生の4人に1人が体調不良」ということをご紹介したこともありましたが、このような社会の不安定化も関係あるのかもしれません。

何しろ、もともとはきわめて平和な国だったんですから。

なお、都市別犯罪指数リストでは、アメリカの都市に関しては、11位のメンフィス(テネシー州)を筆頭に多数ランクインしています。

日本に関しては、246位に大阪がランクインし、309位に東京が入っていますが、数字だけでいえば、日本は一応はかなり平和な指数です。特殊詐欺などの異常な多さなどから考えると、日本が本当に平和なのかどうかはわからないですが。

スウェーデンのこのランクイン入りについての報道です。

マルメについての衝撃的な真実

Shocking Truth About Malmö
Peter Sweden 2024/06/02

スウェーデンの都市が、世界で最も危険な都市のトップ 100にランクされている。

Numbeo の「2024年 都市別犯罪指数」の新しいリストでは、世界のさまざまな都市がどれだけ安全か、あるいは危険かをランク付けしている。

この新しいリストでは、立ち入り禁止区域が複数あるスウェーデンの都市マルメが、世界で最も危険な都市の 76位にランクされており、75位のポートランドと 77位のテヘランの間に位置している。

実際、マルメのランクは、イラクのバグダッドよりほんの少し後に位置しているに過ぎない。

しかし、リストに載っているスウェーデンの都市はマルメだけではない。首都のストックホルムは 157位、ヨーテボリは 154位にランクされている。

他の北欧諸国ははるかに平和だ。ノルウェーのオスロは 244位、フィンランドのヘルシンキは 305位だ。

スウェーデンはかつて非常に平和な国だった。実際、世界で最も平和な国の一つだった。

しかし、何かが起こった。

昨年、スウェーデンでは衝撃的な 149件の爆破事件が発生した。これは戦争状態ではない国としては最多の攻撃件数だ。

ギャング犯罪が制御不能に陥っている立ち入り禁止区域がスウェーデンには約 60か所ある。問題は、長年にわたり主流メディアがそれを隠そうとしてきたことだ。誰もそれについて話したがらなかった。

また、スウェーデンでは、過去 50年間でレイプ事件が 2200%も増加した。これは恐ろしいことだ。


<転載終了>