さてはてメモ帳さんのサイトより
http://glassbead.blog.shinobi.jp/food/the%20hunger%20games
<転載開始>The Hunger Games: A simulation exercise that reveals their strategy for the war on food By Rhoda Wilson on June 16, 2024 • ( 10 Comments )

https://expose-news.com/2024/06/16/the-hunger-games-a-simulation-exercise/ 

2015年に、一部で「ハンガーゲーム」と呼ばれた2日間のシミュレーションゲームが開催され、65人が2020年から2030年を舞台に食糧危機のシミュレーションを行った。

2019年に開催された「イベント201」と呼ばれるパンデミックシミュレーションを覚えているだろうか。

さて、このようなシミュレーションは食料戦争にも使われているようだ。 トレーシー・サーマンが指摘するように、正式には「フード・リアクション・ゲーム」と呼ばれる食糧危機シミュレーションは、食糧戦争に対する彼らの戦略を明らかにしている。

食料連鎖反応ゲームとは?

2015119日と10日、トムソン・ロイターとその他の報道機関は、イベント主催者のカーギル、CNA、マース、世界自然保護基金(WWF)、アメリカ進歩センターとともに、「Food Chain Reaction Game: A Global Food Security Game(食料連鎖反応ゲーム:世界食料安全保障ゲーム)」と呼ばれた現実世界の食料危機シナリオのシミュレーションに参加した。

このシミュレーション演習は、ワシントンDCWWF本部で行われ、65人の国際的な政策立案者、学者、ビジネス界、オピニオンリーダーが集まり、将来の食糧危機に世界がどう対応するかをゲーム形式で議論した。

https://youtu.be/0wfvtD17G9w 

アメリカ進歩センター:食料連鎖反応:世界の食料安全保障ゲーム 2015128日(2分)

2日間にわたり、アフリカ、ブラジル、中国、EU、インド、米国、国際企業・投資家、多国間機関のチームに分かれたプレーヤーたちは、代表団が集中的な交渉を行う中で、それぞれの政策対応を練り上げた。

ゲームは2020年から2030年にかけての設定で、人口増加、急速な都市化、異常気象、政治危機によって引き起こされる世界的な食糧危機というシナリオに基づいて行われた。

各チームは、食糧生産、貿易、政策に関する決定を下すことで、世界的な食糧危機に対応することになった。ゲームは数ラウンドにわたって行われ、各ラウンドは2020年から2030年までのある1年間を表していた。

カーギルはもちろん、食料の未来を理解することに既得権益を持っている。それが彼らのビジネスなのだ。 「世界最大のアグリビジネスであるカーギルは、このイニシアチブとWWFの使命の両方を強力に支援してきた。フード・チェーン・リアクションの主催者の一社として、カーギルはこの対話に重要な民間セクターの声を提供した」と、世界自然保護基金は指摘した

「温室効果ガス排出量の上位20カ国を代表して、米国、EU、インド、中国が、世界的な炭素税を導入し、2030年のCO2排出量に上限を設定することで合意したことが・・・最も目を引く結果となった」と、カーギルは言及した

シミュレーションが終了した翌日、ブルームバーグが報じた:

時は2026年。気候変動によって悪化した洪水によってバングラデシュは壊滅的な打撃を受け、何百万人もの飢えた難民がインドとの国境に押し寄せている。不安と病気を心配したインドは、他国に援助を求めた。

中国は援助物資を届け、アメリカはパキスタンへの援助を強化した。パキスタンも独自の食糧危機を抱えており、それがインドの緊張を高めている。この援助は、インドがバングラデシュに集中するのを助ける。危機は後退する。

このシナリオは架空のものだが、2008年以降、2度の食料価格ショックが世界中で暴動を引き起こし、革命を煽った。専門家によれば、温暖化した気候が世界の食糧生産に大混乱をもたらす中、このような混乱はより頻繁に起こる可能性があるという。そのような懸念から、今週ワシントンで2日間にわたり、食料生産企業、援助団体、政府の代表者が一堂に会し、食料危機のシミュレーションを行った。ブルームバーグ・ニュースも参加し、メディアが危機に対してどのように反応するかを表現した。

「気候変動に伴い、食糧安全保障の脅威にどう対処するか、真剣に考え直す必要がある」と、演習に参加したキャスリーン・メリガン[Kathleen Merrigan]元米国農務副長官は語った。「価格と余剰の浮き沈みは、より極端になっていくだろう。」

世界自然保護基金(WWF)の米国本部で行われたシミュレーションでは、温室効果ガスの増加によって天候が不安定になると、すぐに現実の危険が現れるという架空の物語が作られた。2011年、ロシアで実際に起こった干ばつは、北アフリカでの食糧暴動を引き起こし、アラブの春の反乱を引き起こした。

架空のシナリオは2020年に始まり、エルニーニョがインドとオーストラリアの農作物に壊滅的な打撃を与え、翌年には北米で大干ばつが発生する。

米国、欧州連合、ブラジル、中国、インド、アフリカ、国連や世界銀行などの多国間組織、そしてグローバル企業を代表する8つのチームが参加した。

世界の食糧在庫は、ミシシッピ川の氾濫やアジアの干ばつによって、模擬10年の前半を通じて減少した。アフリカの食糧輸入国では、食糧価格の上昇に反対するデモが発生し、原油価格の上昇によってエタノールへの生産転換が進み、供給がさらに逼迫した。

危機は2024年にピークに達し、記録的な食料価格がアフリカ、南アジア、ウクライナで不安を引き起こした。米国とEUの両チームは、エタノールの使用を義務付ける条項の撤廃を決定し、ブラジルはバイオ燃料用の砂糖を含むすべての作物の生産を急増させた。中国は乏しい水を守るためにダムに投資した。

本物そっくり、リアル

EUは、高価な畜産を抑制するために食肉税を追加し、自国の生産を促進するために環境規制を一時的に緩和した。米国は炭素税を制定し、インドは石炭に課税し、世界的な気候変動協定への支持は万国共通だった。

シミュレーションの目的のひとつは、参加者が現実の脅威に対応できるよう、もっともらしいシナリオを作成することだと、国防省や他の連邦政府機関のために危機シミュレーションを作成する研究機関、CNA Corp.のゲームディレクター、ケイト・フィッシャー[Kate Fisher]は言う。

参加者に決断を迫り、互いに反応させることによって、「それは実行することによって計画を立てることだ」と、彼女は述べた。「私たちは現実的なものにしようとしています。プレーヤーがそれをリアルにするのです。」

このハンガーゲームは終わりがないことが証明された。

2027年までに、EUは食肉と規制に関する緊急措置を廃止した。大規模な収穫が続いたため、供給量は増加したが、チャドやスーダンなど農業に投資していないアフリカの地域では問題が続いた。各国は、気候変動による大災害からの難民に対処するため、国連とより緊密に協力するようになった。

ニューノーマル

しかし、10年の終わりには価格と気温が再び上昇し、食と農業において、異常がいかにニューノーマルとなるかを示している。。

Floods, Riots in Mock 2026 Food Crisis Test Government Response, Bloomberg, 11 November 2015

Further reading:

 

Their Strategy in the War on Food(食料との戦いにおける彼らの戦略)

By Tracy Thurman

以前のの2つの記事では、農民に対する世界的な戦争と、このアジェンダの背後にいる犯人について取り上げた。今日は、これらの組織が自分たちのディストピア的なビジョンを私たちに押し付けるために使う戦術に飛び込んでみよう。

おそらくあなたは、2019年末に行われたパンデミックシミュレーション「イベント201」を覚えているだろう。このようなシミュレーションは食料戦争でも使われてきた。例えば、2020年から2030年までの期間をシミュレートした2015年のウォーゲーム「食料連鎖反応ゲーム[Food Chain Reaction Game]」である。カーギル社や他の参加者は、それぞれのウェブサイトから食料連鎖反応ゲームのデータを削除したが、カーギル社のバージョンは独立した研究者によってアーカイブ化されたため、こちらでまだ見ることができる。

そのシミュレーションでは、この10年間に「価格が長期平均の400%に近づいた2つの大きな食糧危機、気候関連の異常気象、パキスタンとウクライナでの政府転覆、バングラデシュ、ミャンマー、チャド、スーダンでの飢饉と難民危機」が起こった。ゲームが終わったとき、主催者はヨーロッパで食肉税を課し、CO2排出量に上限を設け、世界的な炭素税を制定していた。食物連鎖反応ゲームの期間は、2020年のCovid危機と見事に一致し、アジェンダ2030の頂点で終わる。これらの日付が重要でないと思うなら、あなたは注意を払っていない。

このシミュレーションの背後には、世界自然保護基金、アメリカ進歩センター、海軍分析センター、カーギルなどの関係者がいる。このシミュレーションには、Covidの権力掌握の際に登場したように、米軍や諜報機関関連の組織が参加していることに注目してほしい。カーギルは、前にも述べたように、世界的なビッグ・アグリ・カルテルの最も強力なメンバーのひとつであり、食糧供給の完全な支配権を確立するために、世界的に独立農家をつぶすことに長けている。センター・フォー・アメリカン・プログレスは、ソロス[Soros]とポデスタ[Podesta]系列のシンクタンクである。

世界自然保護基金は、ビルダーバーグ・グループの共同設立者であるオランダのベルンハルト皇太子[Prince Bernhard]トランスヒューマニストであるジュリアン・ハクスリー[Julian Huxley](『ブレイブ・ニュー・ワールド』の著者オルダス・ハクスリー[Aldous Huxley]の弟)、「人口過剰の解決に貢献するため、致死性のウイルスに生まれ変わりたい」と語ったイギリスのフィリップ皇太子[Prince Philip]など、優生主義者を創設者とする怪しげなマルサス的歴史を持っている。

これらの陰謀家たちがでっちあげた対策(食肉税や世界炭素税)は、飢饉をなくすための食糧供給の増加とは何の関係もないことに注意しよう。イベント201の参加者が、病気の効果的な早期治療を提供することよりも、ワクチンや誤った情報のコントロールに執着したのと同じようにである。明らかなように、どちらのシミュレーションも飢餓やウイルス伝染を解決するためのものではない。これらは、不本意な民衆の喉にアジェンダを押し込む方法をゲーム化するために設計されている。

ヘーゲル弁証法の典型的な例であり、問題-反応-解決という戦略である。その解決策には、問題が発生する前には決して国民の承認を得られなかったであろう、あらかじめ計画された行動や法案が必ず含まれる。オバマ大統領の首席補佐官、ラーム・エマニュエル[Rahm Emanuel]の言葉を借りれば、「深刻な危機を決して無駄にしない」である。つまり、それは、以前にはできなかったと思うことをするチャンスなのだ。

食品連鎖反応ゲーム・シミュレーションと、このビジョンを共有するグローバル・エリートたちの目標は、シンプルだが破滅的だ。現在の食品供給とサプライ・チェーン・ネットワークを制御された形で解体すること、つまり、工場農業を終わらせ、再生可能な、地球を癒す農業に置き換えることではなく、気候変動を口実に、エリート以外のすべての人々にとって、食事の選択肢がほとんどなく、ひどい健康結果をもたらす、実験室で作られ、工業的に加工された、いわゆる食品に基づいた、グローバルで、中央集権的で、完全に監視され、厳重に管理された食品システムに置き換えることである。

バートランド・ラッセル[Bertrand Russell]が予言したように、食生活は個人に委ねられるのではなく、最高の生化学者が推奨するようなものになるだろう。

このトピックを知ったばかりの人なら、この発言は大げさだと感じるかもしれない。これほどまでに広範囲で極悪非道なことを計画している人々がいるということを理解するのは難しい。世界のエリートたちのネットワークが、世界の経済を破壊し、何十億人もの人々に実験的な毒物を強制的に注射する口実として、研究室脱走ウイルスを使うのと同じくらい突飛な話だ。しかし、これは現実であり、バートランド・ラッセルやモンサント社のCEOの言葉が示唆するように、この計画は何十年も前から進められてきたのである。

次回は、この目標を達成するために公に認められているプロジェクトのいくつかを見てみよう。

 

著者について

トレイシー・サーマンは再生農業、食料主権、分散型フードシステム、医療の自由の提唱者。バーンズ法律事務所の公益部門とともに、政府の干渉を受けずに農家から直接食品を購入する権利を守るために活動している。 世界的な農家戦争と食糧戦争に関する一連の記事は、ブラウンストーン研究所[Brownstone Institute]から出版されている。


<転載終了>