あかいひぐまさんのサイトより
https://note.com/akaihiguma/n/nd591e5c531ce
<転載開始>

これね…嫌なことしか浮かばない

ウイルスは存在しないので、ウイルスが蔓延するとかは頭に浮かばないのだけど、『なぜ過去3年間、「鳥インフルエンザ」はCOVIDよりも悪くなるだろう』と言うのか?と言うと、新型コロナウイルス詐欺により、2021年から人々に打たせた「実験的mRNAワクチン」により、遅効性本作用の薬害が本領発揮するこれからに、「鳥インフルエンザ」にすり替えを行う刷り込みだと思われる。(勿論、鳥インフルエンザも存在しません。

その時間が刻々と迫ってきていると感じるのは、医療関係者が日本では2021,02,辺りに接種しはじめて、2024年5月頃からちょくちょくそんな話を耳にし、目にするようになったからです。接種から3年過ぎてますね…

今現在身体の変化等感じない人が多いともいますが、できるだけ食を中心に解毒に気を使って欲しいとは思っています。参照:

また、「あまい!解毒はできない!」と言う人もいますが、自分はそうは思っていません。

何故なら、今回の実験的mRNAワクチンは非常に分かりやすい状況ですが、それ以前から予防接種は行われていたし、薬も蔓延し、見渡せば食の危険なんてものは防ぎようもなく、人間が作りあげたテクノロジー被害も避けようがないのが現状ではないでしょうか…

その中で人々の身体が様々な症状を出しながら身体の修復に向かって、多くの人は色々と騙されながらも生き延びている現実があるからです。

中には症状を病気と刷り込む現代医学に囚われ過ぎて、さらに薬物を身体に入れ込んで対処できない場合は亡くなってしまっている例も少なくないですね。。。癌はそんな事例が多いと考えています。

私達は完璧な身体を地球から授かり、その可能性は無限大なのかな?なんて考えています。ただし、身体が症状を出しヒントを与えてくれている状況で、その声をまったく無視し、聞き取らなかった時には悲しいことも起きるのでしょう。

日本は8割以上の接種者がいますが、みんな生き残って欲しいと切に願っています。

悪魔達は今、世界中の人々に接種させた実験的mRNAワクチンの被害を、他の物が原因とすり替えるのに必死です。見極めていきましょう。

そんな中で何度も繰り返し存在さえしない鳥インフルエンザの危険性を煽り、人々を誤誘導させようとする内容を暴露した記事を以下にメモしておきます。

2024年6月18日
https://vaccineimpact.com/2024/why-has-former-cdc-director-robert-redfield-been-warning-that-the-bird-flu-will-be-worse-than-covid-for-the-past-3-years/

画像

ブライアン・シルハヴィー
ヘルスインパクトニュース編集部

元CDC長官のロバート・レッドフィールドが、今日もまた彼の大好きな 「鳥インフルエンザ」の恐怖ポルノを宣伝している。

2006年、ジョージ・W・ブッシュ大統領(当時)のもとで劇場公開されて以来、何度も公開されてきた話なので、これも夏の再放送である。

画像

当時はデマだった。2006年にヘルス・インパクト・ニュースをまだ始めていなかったが、その年、シェリー・テンペニー博士と、彼女が出版したばかりの『FOWL』という本について電話で話した!鳥インフルエンザ:「FOWL! Bird Flu: It's Not What You Think(鳥インフルエンザ:あなたが考えているようなものではない)」という本を出版し、私のオンラインショップで販売を始めた。

パンデミックは起こらなかったが、人々は鳥インフルエンザで大儲けし、大規模な商品養鶏を競争から守るため、小規模な養鶏業者を狙った。

彼らはオバマ政権下の2015年に再び恐ろしい「鳥インフルエンザ・パンデミック」を再来させ、再び養鶏場、特に卵の生産量が最も多いアイオワ州の養鶏場を破壊し始めた。

この 「パンデミック」の発表により、彼らは一定の対策を講じ、国民に恐怖心を植え付けることができたが、今回もまた、ワクチン製造業者が利益を得る一方で、一部の養鶏事業者が多額の損失を被ったという事実以外には、実際には何も生まれなかった。

これは2015年5月2日付のNYポスト紙に掲載されたものである:

テリー・ブランスタッド・アイオワ州知事は金曜日に、急速に拡大する鳥インフルエンザのために非常事態を宣言した。

この発表は、州農業当局が新たに4つの養鶏場でウイルス陽性反応が出たと発表した直後になされたもので、当局に予防措置を実施する権限を与えるものである。

全米で最大2100万羽の鶏と七面鳥が殺処分されることになるであろう。

ミネソタ州とウィスコンシン州は4月に非常事態を宣言した。

アイオワ州の非常事態宣言は現在即時発効しており、発生状況の進展にもよるが、少なくとも5月末までは有効である、とブランスタッド氏は記者会見で述べた。

この措置は、州の緊急対応計画の取り組みを拡大し、インフルエンザの発生を追跡し、封じ込めるための追加的な資源、物資、設備へのアクセスを州の諸団体に許可するものである。

また、公有地または私有地での感染動物の駆除と処分、淘汰された群れを運搬するトラックの重量制限の解除なども許可される。

さらにこの措置により、州および地元の法執行機関は、検疫農場以外の地域も含め、州内のどこにでも検問所や道路封鎖を設置できるようになった。(Source)

そして2022年、ドナルド・トランプ政権下の元CDC長官、ロバート・レッドフィールドは、まだ起こっていない新たな「パンデミック」が到来し、それはCOVIDよりもはるかにひどいものになると発表した。これらの「パンデミック」はすべて、まずグローバリストの頭の中で企てられ、それが起こる前に、あたかも予言の才能があるかのように発表されることが改めて証明された。

以下は2年以上前に彼が言ったことで、今週彼が言ったことと同じに聞こえるなら、それは正しいだろう。これが夏の再放送だとは気づかなかっただろう?

これは2022年4月に私たちのBitchute Channelに投稿されたものです。

この公演は昨年、2023年にも再放送された。これは、8:39から始まるThe Hillでのインタビュー。

そして今週、明らかに2年以上前に書かれたのとまったく同じ台本を使って、3度目のアンコール公演を行う:

CDC元局長、次のパンデミックは鳥インフルエンザによるものと予測

米国疾病予防管理センター(CDC)のロバート・レッドフィールド前所長は、次のパンデミックは鳥インフルエンザによるものである可能性があると述べた。

「いつか鳥インフルエンザがパンデミックを起こす可能性は非常に高いと思います。

レッドフィールド氏は、鳥インフルエンザによる死亡率はCovid-19に比べてはるかに高いだろうと付け加えた。

Covid-19の死亡率が0.6%であったのに対し、鳥インフルエンザの死亡率はおそらく 「25%から50%の間 」であろうとレッドフィールド氏は語った。(Source)

レッドフィールドの 「鳥インフルエンザ」をめぐる黙示録的恐怖政治の背景には何があるのか?


ところで、ロバート・レッドフィールドは、ビル・ゲイツ/アンソニー・ファウチ/デボラ・ビルクスという犯罪者集団の一員である。彼らは、HIV/エイズ・デマを治すワクチンを探していた1990年代から、人類に対する犯罪を始めていた。

ドナルド・トランプがCOVID-19ウイルスのデマのワクチンを見つけるために彼らに文字通り数十億ドルを与え、何百万人もの人々を殺害し傷つけた軍の「ワープ・スピード作戦」を実行した後、彼らは再結成し、2020年に再び集まった。

レッドフィールドは医学博士なので、まず最初にすべきことは、openpaymentsdata.cms.govに彼が大手製薬会社からキックバックを受け取った記録があるかどうかを確認することだ。

https://openpaymentsdata.cms.gov/physician/464685

画像

記録が残っている最後の年である2020年から2022年まで(2023年の記録は今にも更新されるはずだ)、彼は1社から16回にわたり360,093ドルを受け取っている:ロシュ・ダイアグノスティックス社である。

この期間は、レッドフィールドが鳥インフルエンザの恐怖を煽るキャンペーンを始めたのと同じ2022年にピークを迎えており、興味深い。

次に、「ロシュ・ダイアグノスティックス・コーポレーション」をニュース検索し、彼らが最近 "鳥インフルエンザ "の新製品でニュースになったかどうかを確認する。

ビンゴ!

COVIDなのか、インフルエンザなのか、それともRSVなのか?ロシュの検査なら20分で答えが出るかもしれない。

この冬、インディアナ州内の病院や診療所は、ほとんど同じ症状の異なる呼吸器疾患に苦しむ患者でいっぱいになった:COVID-19、インフルエンザ、RSVである。

そして、さらに多くの人々が自宅で発熱、喉の痛み、鼻づまりで苦しみ、不思議に思った:自分は何のウイルスに感染しているのだろう?COVID-19検査は使いやすいが、一つの病気にかかっているかどうかしかわからない。

しかしこの夏から、医療従事者は3つの呼吸器疾患のどれに罹患しているかを迅速に診断できる新しい迅速検査を利用できるようになる。

インディアナポリスに本社を置くロシュ・ダイアグノスティックスは、咳、鼻づまり、発熱、のどの痛みといった、多くのウイルス感染症に共通する症状に悩む人々を対象としたPCR検査を発表した。この種の検査としては2番目のもので、ロシュ社の鼻腔ぬぐい液は、患者が医師の診察を受けている間にCOVID-19、インフルエンザA、インフルエンザB、呼吸器合胞体ウイルスに感染しているかどうかを判定することができる。

「この検査はまさに当社の顧客や他の臨床医の要望から生まれたものです」と、呼吸器疾患の診断検査の専門家であるロシュ社のアレシア・マケオン氏は語る。「彼らは、1つのサンプルからこれら4つの結果が得られるようにしたいのです」(Full article)

PCR検査が2020年にコロナウイルスを 「検出」できるようにFDAによって急ピッチで進められ、その後、おそらく遅すぎたかもしれないが、これらの検査を常に 「Covid-19」を検出するように操作することによって、肺炎のような症状のある人をCOVIDかインフルエンザのどちらかと診断しなければならなかったため、インフルエンザ 「ウイルス」がすべて消えてしまったことを発見したことを覚えているだろうか?

COVID-19のPCR検査が陽性であれば、政府から何十億ドルものキックバックがあったのだから。

どうやら彼らはその失敗から学んだようで、このロシュの新しい検査は、インフルエンザ「ウイルス」を含む多くの「ウイルス」を診断できるようになり、間違いなく「変異した」鳥インフルエンザ「ウイルス」にも適用されるだろう。

私の推測では、レッドフィールドはこれらのテストを作るためのコンサルティング料として多額の報酬を得ただけでなく、おそらくロイヤリティも得るだろう。

これが、彼が鳥インフルエンザはCOVIDよりはるかに悪化すると言い続けている理由なのだろうか?

今回は彼らの手品に騙されてはいけない!医薬品には「ノー」と言おう。

検査なし、薬物なし、ワクチンなし!

HealthImpactNews.comのこの記事にコメントしてください。

________________________________________________


<転載終了>