さてはてメモ帳さんのサイトより
http://glassbead.blog.shinobi.jp/medical%20tyranny/pfizer%20ceo%20threatens%20humanity
<転載開始>

Pfizer CEO Threatens Humanity: Covid Was Elite’s ‘Rehearsal’ For What’s Coming Next June 22, 2024 Baxter Dmitry NewsUS 0 Comments

https://thepeoplesvoice.tv/pfizer-ceo-threatens-humanity-covid-was-elites-rehearsal-for-whats-coming-next/

ファイザー社のアルバート・ブーラ[Albert Bourla]最高経営責任者(CEO)が、Covidのプランデミックはまだこれから起こる「本番」のための「リハーサル」であったと認めていることが発覚した。

そのビッグファーマのボスによれば、ファイザーの「最良の日」はまだこれからで、それは数週間で全世界にワクチンを接種できるスピードと規模でmRNAを大量生産する能力があるからだという。

ブーラCEOはまた、mRNAの普及をきっかけに世界中で爆発的に広がっているがんは、ファイザーにとって非常に有利な市場であるとも語った。

速報:ファイザーのアルバート・ブ-ラ最高経営責任者(CEO)は昨日、Covidが試験的に使用されたことを認めると同時に、ファイザーの最良の時代はこれからだと思うと述べた。

「私は、ファイザーの最良の時代はこれからだと本当に思っています、というのもCovidは私にとってリハーサルのようなものだったからです。」pic.twitter.com/ifQAoj890Q

— Patrick Webb (@RealPatrickWebb) June 19, 2024

 

ターボがんによって、今後数年のうちに、数十億人とは言わないまでも、数億人の命が奪われることになる。ファイザーの関係者によればmRNAワクチンを接種された人々は皆、爆発を待つ、歩く、話す時限爆弾だと警告している。

このインサイダーによれば、CovidパンデミックとmRNAの展開は、何十年にもわたる計画的な作戦であり、意図的に人々を傷つけ、不具にし、そして膨大な数の人々を殺すという明確な目的があったという。

しかし、さらに悪いことがある。mRNAの展開はまだ始まったばかりなのだ。ターボがんの急増を引き起こした病的でひねくれた悪党どもは、自分たちが最初に引き起こした問題に対するワクチン接種を全世界に強制することで、巨額の経済的利益を得ようとしているのだ。

グローバリストのエリートたちは、人類に対する歴史上最大の犯罪を実行するために製薬業界を利用している。そしていつものように、彼らは自分たちの邪悪な意図を明白な視野の中に隠れさせようとしている。

 

About Baxter Dmitry 6081 Articles

Baxter Dmitry is a writer at The People's Voice. He covers politics, business and entertainment. Speaking truth to power since he learned to talk, Baxter has travelled in over 80 countries and won arguments in every single one. Live without fear.

 

関連

悪魔のファイザー:ファイザーの壁画に見られるオカルト的象徴。彼らは私たちを嘲笑っている

コロナウイルスは1981年の小説で不気味に予測されていた By Vigilant Citizen

ロックフェラー財団は2010年に現在の「パンデミック」を脚本化していた

特許文書によると、DARPAはビル・ゲイツやWHOの協力を得てcovidを構築した Ethan Huff

ギリシャの新聞は一面トップでファイザーのユダヤ人CEOをヨゼフ・メンゲレに例えている By JTA

ファイザー社CEO、COVIDの定期接種なしでは「普通の生活」は戻らないと発言 Paul Joseph Watson

ファイザーCEO:「誤報」を流す人は刑務所に入れるべき - CIA&FBIが協力している Sean Adl-Tabatabai

ファイザーCEO、「がんは新しいCovid」と豪語、mRNAがん注射新展開を準備中 Sean Adl-Tabatabai

ほか


<転載終了>