大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

ケムトレイル

FrankenSkies:ケムトレイル・アジェンダと地球上のすべての生命へのその影響 Rhoda Wilson

さてはてメモ帳さんのサイトより
http://glassbead.blog.shinobi.jp/env/frankenskies
<転載開始>

カバーアップの下、空から毒を撒き、また食料生産も減らそうという意図がひしひし

FrankenSkies: The chemtrail agenda and its impact on all life on Earth By Rhoda Wilson on May 9, 2024 • ( 8 Comments )

https://expose-news.com/2024/05/09/chemtrails-and-their-impact-on-all-life-on-earth/

FrankenSkies2017年に公開されたドキュメンタリーで、太陽ジオエンジニアリングやケムトレイルのアジェンダと、それが地球上のすべての生物に与える影響に焦点を当てたものだ。

一般人から反ジオエンジニアリング活動家に転身したマット・ランドマン[Matt Landman]が監督し、元FBI捜査官のテッド・ガンダーソン[Ted Gunderson]、物理学者のデビッド・キース[David Keith]、テリー・ロートン[Terry Lawton]が出演するこのドキュメンタリーは、1930年代にさかのぼるジオエンジニアリング実験の歴史、気候工学、大気、太陽光、周波数をコントロールしようとする試みを明らかにしている。

FrakenSkiesはまた、社会的に操作された民衆と軍産複合体という障害にもかかわらず、このテーマに意識を向けさせようとする闘いについても探求している。大気エアロゾル散布を利用した化学雲の形成を常態化させるキャンペーンや、真実を暴こうとする活動家たちの努力も明らかにされている。

Related: Geoengineering, FrankenSkies, ACTual ACTivists and Matt Landman, Liberty Beacon, 22 January 2018 and FrankenSkies the Movie website

https://player.vimeo.com/video/222928194 

Matt Landman: FrankenSkies, 24 June 2017 (82 mins)

You can also watch the documentary above on YouTube HERE and BitChute HERE.

ランドマンはActual Activistsの創設者である。 Actual Activistsのウェブサイトには、FrankenSkies IFrankenSkies II: Climate Chainsという2本のドキュメンタリーが掲載されている。 FrankenSkies Iは上のビデオのドキュメンタリー。 FrankenSkies IIは「近日公開」である。

続きを読む

米テネシー州議会上院が「ケムトレイルを禁止する法案」を可決

BrainDead Worldさんのサイトより
https://nofia.net/?p=19111
<転載開始>

テネシー州議員が「ケムトレイル」を禁止する法案を提案

AVweb 2024/03/21

Tennessee Lawmakers Propose Legislation Banning ‘Chemtrails’

3月21日、テネシー州上院は、「気温に影響を与えるという明確な目的を持って、テネシー州の境界内で化学物質、化合物、物質、装置をいかなる手段によっても大気中へ意図的に注入、放出、または拡散すること、あるいは、温度に影響を与えるという明確な目的を持って、この州の境界内にある装置または装置を大気中に放出することを禁止する」法案を可決した。

モンティ・フリッツ下院議員(共和党)とスティーブ・サザーランド上院議員(共和党)が後援する法案 SB 2691/HB 2063 は、まだ下院での審議に進んでいないため、これが法律として成立するかどうかは現時点では不透明だ。

対照的に、ハーバード大学の研究グループは、「ケムトレイルの存在を示す証拠はない」というカテゴリー見出しを含む報告書「ケムトレイル陰謀論」を発表した。

この報告書は以下のように書いている。

「記載されている規模で航空機から物質を投棄する大規模プログラムが実際にあったとした場合、物質を製造し、積み込み、散布するための大規模な運用プログラムが必要になるだろう。主張されているケムトレイルの量を説明するのに必要な規模でそのようなプログラムが存在する場合、それには数千人、あるいはおそらく数万人が必要となるだろう。このようなプログラムを秘密にしておくのは非常に困難だ」


<転載終了>

誰も気候工学災害から生きて逃げ出せない

マブハイさんのサイトより
http://takahata521.livedoor.blog/archives/23493177.html
<転載開始>
2006年国連評議会より:ケムトレイルとその影響について...

From the 2006 UN Council meeting. About chemtrails and what they do... (bitchute.com)
動画紹介文:これは見つけるのが最も難しいビデオの一つです。あちこちで削除されています。2006年の国連評議会から。ケムトレイルとその作用について!
ケムトレイルは、国連の知識と支援によって、長年にわたって私たちに使用されてきたことは明らかです!

https://usawatchdog.com/nobody-gets-out-alive-from-climate-engineering-disaster-dane-wigington/
誰も気候工学災害から生きて逃げ出せない - デーン・ウィギントン
続きを読む

秘密の歴史:軍がインフルエンザを散布

マブハイさんのサイトより
http://takahata521.livedoor.blog/archives/23294570.html
<転載開始>
インフルエンザの季節というモノはありません。気候変動と称し、特許技術によって太陽光を雲で遮断され、ビタミンD不足などに陥り、「免疫が低下する」時期はあります.....byどこかのお医者さん

いくつかの特許
(~patent/WO2020014656A1) (C12N7/00) - Google Patents

ワクチン及び遺伝子治療のための高力価組換えインフルエンザ・ウイルス



パラインフルエンザウイルス5型ベースのワクチン



安定化されたnaを有する組換えインフルエンザウイルス


ウイルス様粒子からの感染性インフルエンザウイルスの生成



ベロ細胞において増強された複製を有する高力価の組換えインフルエンザウイルス




https://patents.google.com/patent/CN111991556B/en?q=(~patent%2fWO2020014656A1)&page=1https://patents.google.com /?q=~patent%2fUS10500267B2&q=C12N7%2f00 https://patents.google.com/patent/CN111991556B/en?q=(~patent%2fWO2020014656A1)&page=1https://patents.google.com/?q=~patent%2fUS10500267B2&q=C12N7%2f00
スクリーンショット (341)続きを読む

フラッシュバック:オーストラリア、エアロゾル散布で住民を強制的にワクチン接種へ Rhoda Wilson

さてはてメモ帳さんのサイトより
http://glassbead.blog.shinobi.jp/vaccine/aerosol%20spraying
<転載開始>

Flashback: Australia to Forcibly Vaccinate Population through Aerosol Spraying By Rhoda Wilson on June 7, 2023 • ( 11 Comments )

https://expose-news.com/2023/06/07/australia-to-vaccinate-population-via-spraying/

2015年にLinkedInで再掲された記事には、大規模な空中散布によるDNAワクチンの意図的な放出について書かれていた。 すでに米国カリフォルニア州で実験が行われており、オーストラリアの遺伝子技術規制機関は、生きた細菌からなる遺伝子組み換えワクチンを環境中に意図的に放出することを許可するライセンスを4つの州で承認しようとしていた。

 

以下は、2015324日にLinkedInに投稿されたMar-Edward, O. (Commonwealth Public Offical, Safety Professional) の記事です。 The Real Agenda Newsによって記事が掲載されたウェブサイトは、現在では利用できなくなっています。 しかし、Wayback Machineここで記事を発見しました。

政府は私たちの生活をコントロールし、私たちを奴隷のように支配し、オーストラリア国民に相談することなく決定を下し、私たちを独裁者のように支配し、何があなたにとってベストかを知っていると考え、私たちの免疫システムを破壊し、私たちが飲むもの、食べるもの、吸うもの、私たちの体や食べ物に入れるものを選択なしにコントロールし、私たちの免疫システムを破壊しているようです。

もしそれがうまくいかなかったら、動物や人間を毒殺する責任は誰にあるのでしょうか?

さて、ついにこれが登場しました!チェス盤の最後の一手。彼らは空からあなたにクソを「噴霧」しようとしている! それを合法化する-そして、それについてあなたができることは何もない!- しかし、閣下、それは合法なのですか?心配するな、私が合法にしてやる -- ダース・シディアス

続きを読む

空への大量毒殺は、キリングフィールド効果を引き起こすか?

あかいひぐまさんのサイトより
https://note.com/akaihiguma/n/n70793a0ce47a
<転載開始>

2023 年 5 月 3 日

By: ゲイリー・D・バーネット

人々が空を見上げて、空高く平行に、そして十字に走る白い軌跡を見たとき、それが「結露」ではなく、地球上の空気を呼吸するすべての人間や動物が直面している人工の「気候工学的危機」を目撃していることを、彼らはほとんど知らない。このような白い航空機のスプレートレイルは、科学的に検証可能なアルミニウム粒子やその他の有毒な重金属、ポリマー、化学物質の散布の結果である。これらの有害な大気エアロゾルは、ある地域では干ばつを、別の地域では洪水を引き起こす気象パターンの変更に使用されています。また、ある地域では干ばつ、ある地域では洪水や洪水が発生し、さらにある条件下では極寒の地も気候工学によって作り出されます。しかし、残念ながら、このような大災害は、アメリカの市民や政治家の関心を引くことはない。気象戦争は、すでに全人類と動物に壊滅的な打撃を与える可能性をほぼ超えている。それほど深刻であり、タイムリミットも迫っている。

署名入り: チャールズ・ジョーンズ将軍、米空軍准将。

ケムトレイルという用語は正確ではあるが、一般市民やメディアによって広く誤用されている用語である。これは、人工的な「気候変動」という茶番で詐欺的な「脅威」から「私たちを守る」という誤った名目で、長い間行われてきたことである。この不正を暴く人たちは、もちろん一般に「陰謀論者」と呼ばれる。これはほとんどの場合、本質を検証するのではなく、人格に対する不当で修辞的な攻撃である。すべて、トップダウンで天候を操作し、すべての生物を毒殺するという有効な主題に関する議論を回避するためである。実際に人工的な気象操作や、金属や化学物質の有毒な散布が行われているが、それは車を運転したり、飛行機で旅行したりすることで発生したのではなく、政府や軍の作戦によって影響を受けている。つまり、地球温暖化、地球寒冷化、あるいは「気候変動」という穏当な言葉は、意図的な行為であり、単に人間の存在や生活の基本的な日常機能によるものではない。

続きを読む

いまやケムトレイルは陰謀論でもなんでもなく、アメリカでは普通にTVに出てくる話

Ghost Riponの屋形(やかた)さんのサイトより
https://ameblo.jp/ghostripon/entry-12799646795.html
<転載開始>
ワクチンのときと一緒で「メリット」ばかりが強調され、そのリスクは都合よく伏せられる。

空に化学物質が巻かれ、その中に何が入っているかは一般の人には知らされない。
続きを読む

スペイン政府:ケムトレイルで気象改変は現在50か国以上が活動

マブハイさんのサイトより
http://takahata521.livedoor.blog/archives/19208487.html
<転載開始>
当然日本でも
JALのパイロットは誤って空港でケムトレイルをぶちまけてしまう : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
スペインの気象局のページ
天気の人工的な変更-州気象庁-AEMET。スペイン政府
スクリーンショット (60)
Spanische Behörde gibt zu: Spray-Techniken zur Wettermanipulation weltweit im Einsatz (report24.news)
スペイン当局が認める:世界中の天候を操作するために使用されるスプレー技術

4月10日、スペインの国立気象機関AEMET(Agencia Estatal de Meteorología)のウェブサイトに、ある暴露ブログ記事が掲載された: 通常、陰謀論の烙印を押されがちな気象操作について、世界各国ですでに推進され、当たり前のように行われていることを公然と認めている。

気象局は人工気象のプロジェクトには関与していないとの声明が発表されました。また、クラウドシーディングとコントレイル、いわゆるケムトレイルとを区別するよう求めている。もちろん、この記事が多くの懸念を裏付けるものであることに変わりはない。AEMETは、ヨウ化銀、塩化ナトリウム、ドライアイスの散布といった行為が、これまで知られていたよりも広く行われていることを、少なくとも確認したのである。
続きを読む

JALのパイロットは誤って空港でケムトレイルをぶちまけてしまう

マブハイさんのサイトより
http://takahata521.livedoor.blog/archives/18607007.html
<転載開始>

ケムトレイル2


空港でパイロットが誤って化学物質を放出してしまう。
さて、これでおしまいです。ケムトレイルが『結露の軌跡』だとまだ思っているすべての人に、ご挨拶を。

続きを読む

ケムトレイル・ある航空整備士の告発

達人さんのサイトより
https://blog.goo.ne.jp/0345525onodera/e/996b03997eecdb47745d1d638289ba30
<転載開始>

https://koiy.hatenablog.com/entry/2019/03/26/221554

注意:肝心なビデオは消去されています。おそらくアルバイトを大量に雇って検閲していると思われます。その後チェックしましたが90%は削除されていましたがせっかくですから貼っておきます。時間の無駄に使いになるかもしれませんが..........

日本の支配構造~閲覧注意

https://the-worst-rotten-jap.fc2.net/blog-entry-149.html

遂に判明し広島・長崎の原爆公表は地上起爆。天皇が指示か?原爆の材料はセメントの材料と同じです。

悪魔どもが乱舞する

https://blog.goo.ne.jp/0345525onodera/e/f5a0e5d5e012492ff53651ee680d8212

続きを読む
記事検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
読者登録
LINE読者登録QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ