大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

さてはてメモ帳

WEFが介入した複数の政府がデジタルIDを同時展開 Sean Adl-Tabatabai

さてはてメモ帳さんのサイトより
http://glassbead.blog.shinobi.jp/digital%20surveillance%E3%80%80/digital%20ids%20simultaneously
<転載開始>

Digital IDs Simultaneously Rolled Out by Multiple WEF-Infiltrated Govt’s May 18, 2024 Sean Adl-Tabatabai NewsUS 0

https://thepeoplesvoice.tv/digital-ids-simultaneously-rolled-out-by-multiple-wef-infiltrated-govts/

世界経済フォーラムが、人類のためのアジェンダ2030の一環として、全世界の市民を追跡するデジタル・データベースの構築を計画していることを、The People’s Voiceは何年も前から警告してきた。

そして今、このディストピア的計画のデジタルID段階が、WEFに浸透したほぼすべての国で展開されようとしている。

オーストラリア議会は先週の木曜日にデジタルID法を可決し、アメリカ連邦航空局(FAA)はその2週間前にデジタルIDを許容される身分証明形態のリストに加え、最新のEUデジタルID規則は今週月曜日に展開される予定だ。

続きを読む

デジタルIDは、ヨーロッパからエチオピア、オーストラリアまで、世界中で展開されている Rhoda Wilson

さてはてメモ帳さんのサイトより
http://glassbead.blog.shinobi.jp/digital%20surveillance%E3%80%80/digital%
20ids%20are%20being%20roll_3533

<転載開始>

今年4.11の記事ですが

Digital IDs are being rolled out globally; from Europe to Ethiopia to Australia By Rhoda Wilson on April 11, 2024 • ( 12 Comments )

https://expose-news.com/2024/04/11/digital-ids-are-being-rolled-out-globally/

ここでは、先週から各国のデジタルID導入に関するニュースやソーシャルメディアへの投稿を集めている。 その前に、地球上のすべての人をデジタルで識別できるようにしようという動きの背後にいるのは誰なのか、簡単に見てみよう。

 

1. ビル・ゲイツの包括的金融システム: ゲイツの目標は、世界中の低所得者層がデジタル金融サービスを利用できるようにすることである。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団のインクルーシブ・ファイナンシャル・システムズのウェブページには、「私たちは、金融包摂の約束に向けた継続的な進展を確実にするため、デジタル決済インフラ、新たな規制基準、政府給付金のデジタル化などの男女平等イニシアチブへの公的・民間投資を支援するために、パートナーと協力しています」と記載されている。

 

2. 「デジタルIDは貧困に対する効果的なツール」: これは、ビル&メリンダ・ゲイツ財団が発表した、前述の「ゲイツの包括的金融システム」のアップデートのひとつである記事の欺瞞的なタイトルである。

「デジタルIDシステムは、デジタル公共インフラ(DPI)と呼ばれるものの3本柱のうちの1つで、他にはデジタル決済システムとデータ交換システムがある」と、この記事は述べている。

さらに読む:Western taxpayers are funding the global rollout of the controligarchs’ surveillance and control system(欧米の納税者は、支配者たちの監視・管理システムの世界的展開に資金を提供している), The Exposé

その記事はさらに、ゲイツが自身のモジュラー・オープン・ソース・アイデンティティ・プラットフォーム[Modular Open Source Identity Platform](「MOSIP」)をすべての国に提供し、それぞれの国のアイデンティティ・システムを無料で構築できるようにしていると述べている。 無料で? 本当に? タダなんてものはない。ゲイツが前もって金銭を要求していないからといって、見返りを要求していないということにはならない。

MOSIPの最初の着想は、2009年にスタートしたインドの国民デジタルIDシステム、Aadhaarでした。この野心的な取り組みにより、最終的にはインドの全成人の99%以上が登録されることになります」と、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団は述べている。

続きを読む

日本のトップ腫瘍学者、COVID-19ワクチンは「本質的に殺人」と語る Cassie B.

さてはてメモ帳さんのサイトより
http://glassbead.blog.shinobi.jp/we/essentially%20murder
<転載開始>

https://www.bitchute.com/embed/JYjRYKu4Rw5o/

の紹介記事

 

日本のトップ腫瘍学者、COVID-19ワクチンは「本質的に殺人」と語る

Top Japanese oncologist says COVID-19 vaccines are “essentially murder” 05/17/2024 // Cassie B.

https://www.naturalnews.com/2024-05-17-top-japanese-oncologist-covid-vaccines-essentially-murder.html

日本のトップがん専門医は最近、多くのアメリカ人医師が口に出して言うことを恐れてきたことを率直に認め、大きな話題となりました:COVID-19mRNAワクチンは「悪の所業」であり、「本質的な殺人」に等しい。

このコメントは、福島雅典医師が最近のインタビューで語ったものです。彼は京都大学で日本初のがん専門外来を開設し、薬剤疫学講座の責任者でもありました。(蛇足:正則とも)

彼は、アメリカの主要メディアが報道していない、特に憂慮すべき副作用-以前は医者も知らなかった「ターボがん」-の蔓延について取りあげました。これらのがんはワクチン接種後に現れ始め、進行が非常に早いため、医師が診断する頃にはステージ4になっていることが多いといいます。

これらのがんの急増は、COVID-19に関連したロックダウン中の治療やスクリーニングの見落としだけでは説明できないほど、がん全般による過剰死亡率の増加を伴っていると彼は付け加えました。

また、ファイザーのmRNAワクチンを2回目に接種した5日後に死亡しているのを妻に発見された28歳の男性のように、ワクチンを接種した直後に突然死亡した例も指摘しました。このようなことは、健康上の問題のない人でも、最近よくあることなのです。(蛇足:凶悪ロットか、血管直撃)

彼は言いました: 「深刻です。本質的には殺人です。最後に、これが私の考えであることをはっきり申し上げたい。

福島医師に言わせれば、最も積極的なCOVID-19ワクチン接種キャンペーンを展開した国々が、イスラエルのように感染率も死亡率も最も高いのは当然のことです。

「イスラエルは早期かつ広範囲にワクチン接種を行ったが、死亡率も感染率も最も高かった。積極的にワクチン接種を行っていない地域では、被害が少なかったのです」と、彼は言い、「イスラエルはいち早くワクチン接種を中止しました」と付け加えました。

続きを読む

ビル・ゲイツ、「あらゆる病気に対し」、2ドルのmRNAワクチンで人類について「実験」する計画を発表 Baxter Dmitry

さてはてメモ帳さんのサイトより
http://glassbead.blog.shinobi.jp/medical%20tyranny/mrna%20for%20every%20disease
<転載開始>

フォーエバー・キラーの進撃

Bill Gates Unveils Plan to ‘Experiment’ on Humanity With $2 mRNA Vaccines ‘For Every Disease’ May 17, 2024 Baxter Dmitry NewsUS 2 Comments

https://thepeoplesvoice.tv/bill-gates-unveils-plan-to-experiment-on-humanity-with-2-mrna-vaccines-for-every-disease/

グローバリストの大富豪ビル・ゲイツは、「ワクチンがないすべての病気に対して」 mRNAの「実験」を行うことを誓い、mRNAを世界中に何度も注射する計画を発表した。

私たちは実験するしかない。脂質ナノ粒子はたくさんあり、自己組織化するものもあります」と、ゲイツは言い、彼は、この技術は非常に安価で、彼のような「慈善家」にとっては驚異的な投資収益率になると説明した。

「私たちは、今回のパンデミックの時よりもさらに短い待ち時間で、2ドルでワクチンを製造できる工場を世界中に作ることができるでしょう。」

6:47 PM · May 16, 2024

https://rumble.com/embed/v4t1p8z/?rel=0&autoplay=0 

続きを読む

通りすがりの所見 242 Dr Vernon Coleman

さてはてメモ帳さんのサイトより
http://glassbead.blog.shinobi.jp/history/passing%20observations%20242
<転載開始>

Passing Observations 242  Dr Vernon Coleman

https://www.vernoncoleman.com/observations242.htm


1. 
英国では現在、銀行休業日にGPや薬局が閉まっている。薬局によれば、処方箋の応需に少なくとも7日はかかるという。全体的な計画は、より多くの人々を殺すことである。

 

2. 地球上の65歳以上の人口は、5歳未満の人口よりも多い。

 

3. 共謀者たちが「地球温暖化」という名前を「気候変動」に変えたのは、寒くて雨の多い天気に変えようとしていることを知っていたからだ(暖房を強めるよりも、彼らがやっている太陽を遮る方が簡単だからだ)。太陽は遮られ、雨は誘発され、農業を破壊し、世界経済を破壊しようとしている。

 

4. 地元の病院は閉鎖され、英国に残っている病院は地域の大病院だけである。つまり、平均的な患者は診察のために2030マイルも移動しなければならない。現在、地元の電車はなく、地元のバスの90%は運休している。タクシーもほとんど走っていない。運転免許証もすぐに失効してしまう。そして、救急車サービス(明らかに緊急事態にしか対応していない)は、緊急通報への対応に数日を要することもある。その結果、人々は病院に行くことができない。


5. 
ロックダウンの間、病院スタッフに対する夜の声援が世界的なものであったことを、どれだけの人が知っているだろうか。例えば、ニューヨークでは毎晩、騙されやすい人たち、従順な人たち、ナイーブな人たちが窓から身を乗り出して、自分たちを殺そうとしている人たちに声援を送っていた。

続きを読む

究極のバイオ兵器:あらゆる気逸らしにもかかわらず、パンデミックは常に、可能な限り多くの人間に「ワクチン接種」を受けさせることにあった S.D. Wells

さてはてメモ帳さんのサイトより
http://glassbead.blog.shinobi.jp/%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%BC%
E3%82%B9%E3%83%88/ultimate%20bioweapon

<転載開始>

ULTIMATE BIOWEAPON: Despite all the DISTRACTIONS, the pandemic was always about getting as many humans “vaccinated” as possible 05/15/2024 // S.D. Wells

https://www.naturalnews.com/2024-05-15-pandemic-was-always-about-getting-humans-vaccinated.html 

パンデミックの最終目的は、グローバリストの究極の人口削減生物兵器であるmRNA「ワクチン」を大衆に注射することでした。ロックダウンという拷問も、脳を窒息させるマスクも、社会を機能不全に陥れる社会的距離の強制も忘れてください。なぜならば、それは昔も今も、そしてこれからも、人々に何百万という永遠のプリオンを注射するためなのだから。 誰が気を取られているのか? 誰が熱狂に巻き込まれ、西洋医学史上最も危険な医学実験に同意したのか?

続きを読む

医療当局、人口の90%が突然、スパイクタンパク臓器障害のような謎の新心臓症候群になったと主張 Ethan Huff

さてはてメモ帳さんのサイトより
https://glassbead.blog.shinobi.jp/medical%20tyranny/mysterious%20new%20heart%20syndrome
<転載開始>

Medical authorities claim 90% of population suddenly has mysterious new heart syndrome that sounds like SPIKE PROTEIN organ damage 05/16/2024 // Ethan Huff

https://www.naturalnews.com/2024-05-16-90percent-population-heart-syndrome-spike-protein-damage.html

武漢コロナウイルスの「ワクチン」によるスパイクタンパクの臓器障害に似た心臓疾患を、米国人口の90%が患っているという驚くべきデータが発表され、新たな研究が医学界を震撼させています

昨年10月、米国心臓協会(AHA)は、腎臓病、2型糖尿病、肥満と重なる心血管疾患(CVD)の性質の変化に関する報告書を発表しました。AHAは初めて、これらの病態の重なりを心血管-腎臓-代謝(CKM)症候群と定義しました。

米国に住む成人の3人に1人は、CKMの原因となる危険因子を少なくとも3つ、場合によってはそれ以上持っています。CKMは心臓、脳、腎臓、肝臓など体内のあらゆる主要臓器に影響を及ぼし、特に血管、心筋、循環器系に深刻なダメージを与えます

CKM症候群の原因となるものは何であれ、それがスパイクタンパクであれ、その他の有害物質の暴露であれ、動脈に脂肪が蓄積する速度を速め、血栓の原因となります。また、心臓の電気インパルスにも悪影響を及ぼします。CKM症候群を発症するリスクが最も高いのは、高齢者全般、男性、黒人です。

 (関連: COVIDのような感染症の解決策をお探しなら、イベルメクチンをチェックしよう。新しい研究によれば、入院が必要になるリスクを劇的に減らすことができる)


続きを読む

マーク・ザッカーバーグのメタは、ユーザーとその周囲の人々を追跡する「スマートイヤホン」を開発している Leo Hohmann(Rhoda Wilson)

さてはてメモ帳さんのサイトより
https://glassbead.blog.shinobi.jp/digital%20surveillance%E3%80%80/smart%20earphones
<転載開始>

脳腫瘍も勧めています

Mark Zuckerberg’s Meta is developing “smart earphones” to track users and those around them By Rhoda Wilson on May 16, 2024 • ( 11 Comments )

https://expose-news.com/2024/05/16/meta-is-developing-smart-earphones-to-track/ 

「スマート・イヤホン」やその他の「ウェアラブル」は、人間を監視国家の次の段階へと移行させるためのものであり、それはさらに侵襲的で、獣の刻印と結びつく可能性がある。

Technocrats preparing a line of ‘wearable’ AI devices that will track the data of users and ‘anyone they come in contact with’ テクノクラートは、ユーザーと「彼らが接触するすべての人」のデータを追跡する「ウェアラブル」AIデバイスの製品ラインを準備している)

By Leo Hohmann

Breitbartの報道によると、マーク・ザッカーバーグ[Mark Zuckerberg]のソーシャル・メディア・プラットフォームであるフェイスブックとインスタグラムの親会社が、いわゆるCamerabudsプロジェクトでAIを搭載したウェアラブルの世界に真っ先に飛び込もうとしている。

Camerabuds「究極の監視資本主義データ収集ツールを形成するために、音声、ビデオ、AIを」組み合わせるだろうと、Breitbartは報じている。

アンドロイド・オーソリティ[Android Authority]は、ザ・インフォメーション[The Information]の報道によると、フェイスブックとインスタグラムの親会社であるメタ社は、カメラを搭載したAI搭載イヤホンを開発しており、社内コードネームは「Camerabuds」だと報じている

続きを読む

WHOの公衆衛生独裁に反対し、日本とともに立ち上がることを世界中の人々に呼びかける Aussie17 + Rhoda Wilson

さてはてメモ帳さんのサイトより
https://glassbead.blog.shinobi.jp/we/a%20call%20for%20people
<転載開始>

日本人が、一番知らなかったりして、、

A call for people worldwide to stand with Japan against WHO’s public health dictatorship By Rhoda Wilson on May 16, 2024 • ( 13 Comments )

https://expose-news.com/2024/05/16/a-call-for-people-worldwide-to-stand-against-who/ 

月曜日、記者会見が開かれ、WHOのパンデミック計画に反対する日本の国民運動が開始された。 また、WHOのパンデミック計画に対する抗議行動を、国際保健規則(2005年版)およびパンデミック条約の改正案を採択する世界保健総会の最終日である531日に行うと発表した。

「日本のために、世界のために、どうかご支援をお願いします」と、林千勝は語った。

歴史的な集会となることが約束され、日本が動員される中、メッセージは明確である。

Please note: WHO is attempting to have two instruments adopted at the next World Health Assembly meeting at the end of this month to implement its pandemic plans: Amendments to the International Health Regulations (2005) (“IHR”); and, the Pandemic Treaty, which has also been referred to as to as the Pandemic AgreementPandemic Accord and WHO Convention Agreement + (“WHO CA+”).

先月、日本全国で何万人もの市民がパンデミック集会に集まった。抗議の中心は、世界保健機関(WHO)のパンデミック条約に対する広範な反対運動であり、「感染症」や「公衆衛生」に対するエスカレートする懸念は、全体主義的な監視社会と多くの人々に認識されている、前例のない推進への強力な手段となった。

井上正康教授や近現代史研究者の林千勝氏ら著名な講演者が、世界保健当局と製薬企業の思惑の間の力学を明らかにする説得力のあるプレ・デモンストレーションを行った。

Read more:

続きを読む

不快なCovidの真実 Dr Vernon Coleman MB ChB DSc

さてはてメモ帳さんのサイトより
http://glassbead.blog.shinobi.jp/medical%20tyranny/uncomfortable%20covid%20truths
<転載開始>

Uncomfortable Covid Truths  Dr Vernon Coleman MB ChB DSc

https://www.vernoncoleman.com/covidtruths.htm 

1. 
偽のパンデミックは2020年に始まったのではない。パンデミックの始まりは、1980年代にエイズが私たち全員を死に至らしめる疫病として紹介されたことである。それ以降も、すぐに忘れ去られた脅威を公表する試みが数多く行われた。大げさな予測は、Covidの予測で皆を怖がらせたのと同じ科学者によってなされた。

 

2. Covid-19によって、貧しい国々で死亡した人は比較的少なかった。このことは科学者を困惑させたが、説明は非常に簡単である。貧しい国々では、Covidに感染した人々は単にベッドに寝たままで、感染症をインフルエンザのように扱ったのである。英国や米国をはじめとするほとんどの「豊かな」国々では、患者は大量に殺され、役に立たないPCR検査で陽性と判定された患者は(たとえ13番のオムニバスに轢かれたとしても)Covidによる死亡とされた。

 

3. 従来の「インフルエンザ」は2020年には事実上消滅した。しかし、Covid+インフルエンザによる死亡者数は、2019年のインフルエンザによる死亡者数とほぼ同じだった。信じられないなら公式の数字を調べてみてほしい。

 

4. 私が政府の数字を使って示したように、2020年の総死亡者数は平均を上回らなかった。パンデミックはなかったのだ。

 

5. 過剰な死亡が始まったのは2021年で、ロックダウンとCovid-19ワクチンの展開により多くの死者が出始めた。


6. Covid-19
ワクチンの長期的な健康リスクは無視され、製薬会社は猥雑に急いで製品を世に送り出した。集団ワクチン接種計画はまったく不必要であり、大失敗であったことは、今では字が読める人の間では一般的に受け入れられている。

 

7. mRNAワクチンは現在、他のmRNA製品をもたらすために使われている。まともな読解力のないジャーナリストたちは、いまだにCovid-19ワクチンが人命救助に役立ったと信じている。そして、無知に基づく熱意で、mRNA技術を歓迎している。

 

Covidに関する私のビデオや記事は非常に広く禁止され、私は主流メディアやネット上で広く中傷されました。私の初期の禁止されたビデオの記録は、3冊の本で読むことができます: 『Covid-19: The Greatest Hoax in HistoryCovid-19:史上最大のデマ)』、『Covid-19: The Fraud ContinuesCovid-19:詐欺は続く)』、『Covid-19: Exposing the Lies Covid-19: 嘘を暴く)』です。これらの本は、www.vernoncoleman.com のブックショップで購入できます。

 

私の新しいビデオは現在Bitchuteに掲載されており、www.vernoncoleman.com  のVIDEOSボタンからアクセスできます。Brand New Tubeに掲載された)私の古いビデオの多くは、同じVIDEOSボタンからアクセスできる私のonevspチャンネルで見ることができます。繰り返しますが、これらのビデオは収益化されていません。


Copyright Vernon Coleman May 2024

続きを読む
記事検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
読者登録
LINE読者登録QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ