大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

マスコミに載らない海外記事

ドイツのために墓を掘るショルツと従僕連中

マスコミに載らない海外記事さんのサイトより
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2024/02/post-81a847.html
<転載開始>

フィニアン・カニンガム
2024年2月21日
Strategic Culture Foundation

 シャベルを手にしたオラフ・ショルツ首相が楽しそうに土を掘っている写真は、彼がドイツ経済を葬り去ろうとしていることを物語っている。

❗️Telegram Twitter , と VK でご参加願いたい。

お問い合わせ:info@strategic-culture.su

「一枚の絵は千語に匹敵する」(百聞は一見に如かず)と言う格言があるが、シャベルを手に楽しそうに鍬入れ式をするオラフ・ショルツ首相の姿は彼がドイツ経済を葬り去ろうとしていることを物語っている。

 ショルツだけではない。ベルリン連立政権丸ごと外国宗主国の地方総督のようにドイツ国民を裏切っている。宗主国とは、80年間、軍隊と核兵器でドイツを占領してきたアメリカ合州国だ。

 一体なぜドイツ政治階級は、これほどまでに卑屈で裏切り者なのだろう。簡単だ。彼らはそう思っていない。連中はロシア嫌いと欧米帝国主義の傲慢さに洗脳されているので、連中の哀れな行動は「自然」なのだ。

 ドイツ第二の軍事企業ラインメタル社が所有するニーダーザクセン州の新たな兵器工場の基礎を葬儀屋のような服装をしたショルツ首相が儀式的に作る様子を撮影された。

 同行したボリス・ピストリウス国防相は、先週末のミュンヘン安全保障会議で、ドイツの軍事費は今後10年間で倍増すべきだと述べた。

 ドイツ経済が不況に陥り、ドイツ労働者と家族が生計を立てるのに苦労している時期の最中にだ。かつて強大だったドイツ経済は欧州連合全体の原動力だったが、今や「ヨーロッパの病人」と呼ばれている。ショルツ連立政権下での状況では、病人は間もなく死んで埋葬されるだろう。

 ショルツと彼の政権が引き起こしている自傷行為の酷さには驚かされる。世論調査は、大衆の大きな不満を示している。彼の社会民主党は、最近のベルリン連邦再選挙が証明した通り、票が流出している。

 ロシアの石油とガス供給を遮断するアメリカの方針をベルリンが踏襲した結果、エネルギー経費が高騰しているのがドイツ経済不調の主因だ。

続きを読む

ウクライナ戦争の結末に備えて計画しているアメリカ

マスコミに載らない海外記事さんのサイトより
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2024/02/post-10c97c.html
<転載開始>

ソーニャ・ファン・デン・エンデ
2024年2月20日
Strategic Culture Foundation

 ランド研究所によれば、アメリカ合州国には、戦争の好ましからぬ「後」と、戦争のより好ましい「後」の二つのシナリオがある。

❗️Telegram Twitter , と VK でご参加願いたい。

お問い合わせ:info@strategic-culture.su

 最近、アメリカの政策立案で著名なシンクタンクがウクライナでの戦争のいわゆる結末に関する長い報告書を発表した。

 アメリカがもう一つの代理戦争に敗北しつつあることをヨーロッパ衛星諸国と共にワシントンとNATO同盟諸国は認めざるを得ない。以前連中はアフガニスタン(20年以上後、第二のベトナム)で敗北し、最近ではシリアとイラクで、そして今ウクライナで敗北した。

 ヨーロッパのいわゆる「ロシア専門家」さえウクライナが敗北しつつあると認めている。

 「今年ウクライナが戦争に負ける可能性を私は排除しない。ロシア軍をヨーロッパは見誤っている」とベルギーの「ロシア専門家」ヨリス・ファン・ブレイドがDe Standaardに語っている。

 ロシアが再び主導権を握っており、ロシア人は戦争を止めるつもりはないと彼は考えている。「欧州をより安全にする歴史的機会を我々は逃した」

 ランドの研究によれば、二つシナリオがあり得る。いわゆる「厳しい」と「穏やかな」戦後だ。もちろん、アメリカには、旧ユーゴスラビアでしたように、操作やクーデターやロシアのバルカン化(分割)の余地がまだ残されている、穏やかな戦後という結末を望んでいる。2022年2月にロシアの特別軍事作戦が始まって以来、ランドによると、欧州における米兵駐留は約10万人に増加した。

続きを読む

ウクライナでもっと早く行動しなかったのをプーチンは後悔している...ヴラド、申し訳ないが私はあなたにそう言った

マスコミに載らない海外記事さんのサイトより
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2024/02/post-129e14.html
<転載開始>

フィニアン・カニンガム
2024年2月19日

 ウクライナ代理戦争で、アメリカ率いるNATO枢軸をロシアは打ち負かすだろう。しかし勝利は、プーチンがもっと早く行動していた場合より長くかかり、より血なまぐさいものになった。

❗️Telegram Twitter , と VK でご参加願いたい。

お問い合わせ:info@strategic-culture.su

 最近のロシア・メディア・インタビューで、ウラジーミル・プーチン大統領は興味深いことを認めた。ウクライナでの軍事作戦を命じるためもっと早く行動しなかったことを「後悔している」と彼が述べたのだ。

 全体として、インタビューで、アメリカが率いるNATO代理戦争に対するウクライナでの勝利の見通しについてプーチンは自信を持っているように聞こえる。この紛争は、2022年2月24日にロシア軍がウクライナに侵攻してから今週で2年を迎える。

 優勢なロシア軍による敗北で、NATOが支援するキエフ政権がぐらついているのを独立した評論家や欧米マスコミさえ認めている。ここ数日の戦略都市アウディーイウカ陥落は、政権の最終的崩壊を予感させる。

 ウクライナの東部と南部の領土の約20%をロシアは支配している。領土にはドンバス地域とクリミアが含まれ、現在法的にロシア連邦の不可分の一部となっている。

 それにもかかわらず、もっと早くウクライナ政権に立ち向かうようロシア軍に命じるべきだったとロシア大統領はインタビューで率直に語ったのだ。

 プーチン大統領発言を引用して「唯一後悔しているのは、まともな人々を相手にしていると信じたため、もっと早く積極的行動を起こさなかったことだ」とロシアのタス通信は報じている。

 旧東ウクライナのロシア系住民を守り、NATOが支援するキエフ政権を非ナチ化するための特別軍事作戦をロシアがどれだけ早く開始すべきだったかプーチンは明言しなかった。

 2014年と2015年にドイツ、フランス、ロシアの仲介で交渉されたミンスク和平合意に彼は言及した。

 プーチン大統領はこう付け加えた。「この点に関し我々は騙されていたことが後に判明した。なぜならドイツ元首相[アンゲラ・メルケル]とフランス元大統領[フランソワ・オランド]両者が合意を履行するつもりはなかったと公の場で率直に認めたからだ。それどころか連中はキエフ政権により多く兵器を送付する時間稼ぎをしていたのだ。それがまさに連中がしたことだ。

続きを読む

北パレスチナにおけるエスカレーション

マスコミに載らない海外記事さんのサイトより
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2024/02/post-ba910f.html
<転載開始>

2024年2月14日
Moon of Alabama

 イスラエル北部国境の状況はエスカレートしつつある。まもなく本格的戦争に発展する可能性が高い。この状況は、既に自らの悪行に対しイスラエルが支払わなければならない経済的代償を増大させている。

 国際格付け機関ムーディーズがイスラエルの信用格付けを引き下げた。これはイスラエル国債利払いの増加を招くだろう。

 ユダヤ教の安息日、土曜日まで発行されなかったが、先週金曜日付けの報告書で、ムーディーズはイスラエルの格付けをA1からA2に公式に引き下げ、今後更に格下げする可能性も付加した。ムーディーズに対し、英米マスコミは即座に反応した。

 「イスラエル反撃」とフィナンシャル・タイムズは見出しを付けた。同紙は更に「(ベンヤミン・)ネタニヤフ首相は、ユダヤ教の安息日をめぐる珍しい声明でこう述べた。『格付け引き下げは経済とは関係なく、もっぱら我々が戦争状態にある事実によるものだ。戦争に勝った瞬間、評価は元に戻るし、我々戦争に勝つ』」AP通信報道では「ムーディーズの格下げをイスラエル財務大臣が非難」している。「ムーディーズの格下げにもかかわらず、イスラエルは強力な開放的経済だ」とルパート・マードックのメディア「フォックス」は主張した。ニューヨーク・タイムズ紙によると「イスラエルの信用力は依然高いが、格付け機関はイスラエルの見通しは否定的だと指摘した。A2の評価は依然高い評価だ。

 更なる格下げにつながる可能性のあるいくつかの否定的な問題がある。

 ムーディーズ・リポートによると「下振れリスクはA2の格付けレベルにとどまっている。特にイスラエル北部のヒズボラが関与するエスカレーションのリスクは残っており、ムーディーズの基本シナリオで現在想定されているより遙かに大きな悪影響を経済に与える可能性がある。そのようなシナリオでは、政府財政も、より強い圧力にさらされるだろう」と述べた。

続きを読む

ガザに関して間違っている人の意見に耳を傾ける価値はない

マスコミに載らない海外記事さんのサイトより
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2024/02/post-0f5961.html
<転載開始>

 ガザは余りに明白で善悪の白黒がはっきりしているので、それがあなたに見えないなら、あなたの内部の方向制御装置に何か深刻な欠陥があると思わざるを得ない。

ケイトリン・ジョンストン
2024年2月19日

 『物語のマトリックスの端』からのメモ

 この英語記事の朗読を聞く(ティム・フォーリーによる朗読)。

続きを読む

アウディーイウカ戦闘終了

マスコミに載らない海外記事さんのサイトより
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2024/02/post-edb15f.html
<転載開始>

2024年2月16日
Moon of Alabama

崩壊しつつあるウクライナのアウディーイウカ防衛。

アウディーイウカ - 2024年2月15日


拡大する

アウディーイウカ - 2024年2月16日 (注: ズーム尺度は上記と若干異なる)

拡大する

 2月15日の地図に見られるように、アウディーイウカの南にある「ゼニト」要塞周辺の小さな大釜が陥落した。砲火を浴びながら野原を抜けて逃げたウクライナ軍は、負傷者を置き去りにしなければならなかった

 ロシアとウクライナの両メディアは、クレムリンによるウクライナへの最初の侵攻後、2014年に最初に建設され、それ以来改善された手ごわい要塞網からウクライナ軍が撤退したと報じた。双方の報告によると、友軍の前線に到達するため、ほぼ完全包囲網から抜け出すために戦うのを余儀なくされたウクライナ軍は、負傷者を見捨てなければならず、撤退する際に死傷者を出した。
...
 上層部は負傷者の医療搬送を拒否し、15〜20人の部隊のうち6人がロシア軍に放置された、とゼニトを拠点とする部隊、第110機械化歩兵旅団第1大隊第2中隊に所属するヴィクトル・ビリヤク(Viktor Bilyak)はインスタグラム投稿で、述べた。

続きを読む

ウクライナ状況報告:嫌われている新司令官-致命的な歩兵不足

マスコミに載らない海外記事さんのサイトより
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2024/02/post-77a7ad.html
<転載開始>

2024年2月9日
Moon of Alabama

 ウクライナのゼレンスキー大統領はウクライナ軍最高司令官ザルジニー将軍を解任した。

 ザルジニーはシルスキー将軍に取って代わられたが、シルスキーは勝利の見通しなしに肉挽き器に押し込むことで軍隊に嫌われていたため、やや予想外の選択だった。ロシア人として生まれたシルスキーはデバルツェヴォ(2015年)、ソレダル(2023年)、バフムート(2023年)の壮絶な戦いに敗れている。現在アウディーイウカは騒然たる状況で陥落する可能性がある。

 噂によると、シルスキーは既にアウディーイウカの部隊を増強するため予備役を命じたという。ロシアのFAB爆弾が彼らを歓迎するだろう

 エコノミスト誌はシルスキーを以下のように評している

 シルスキー将軍は、たとえ人員や兵器の代償が高くとも敵と交戦するのを厭わないという評判がある。彼は、現役将校から強い反発を引き起こす分裂的人物だ。彼のプロフェッショナリズムを称賛する人もいれば、部下を怖がらせ、恐怖で支配していると言う人もいる。彼は大統領の優先事項に疑問を呈する可能性が低い。彼が国防大臣職を引き受けた後、指揮スタイルを和らげ、権力に真実を語ることを学ばなければなるまい。

 この再編は将校が指揮系統の新役職に異動するので混乱を引き起こすだろう。これら変更がウクライナの戦闘能力を低下させないことが重要だ。やがてシルスキー将軍が主に防衛のために軍隊を使うにせよ、この国は新たな動員が必要だ。当面そうすべきだ。

 ザルジニーが解雇され、シルスキーが昇進した最ももっともらしい理由についてシンプリキオスが論じている。

続きを読む

ウクライナの黒海「勝利」は陽動作戦

マスコミに載らない海外記事さんのサイトより
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2024/02/post-777042.html
<転載開始>

2024年2月5日
Brian Berletic
New Eastern Outlook

 ウクライナはロシア海軍艦艇や港湾などクリミア全域の標的を攻撃し、クリミア大橋などの民間インフラを攻撃するための複雑な作戦実行に多大な努力を費やしてきた。キーウによれば、これは全て、まず半島を孤立させ、次にロシアから奪取する戦略の一環だ。

 一方、ウクライナが黒海で「勝利」していると世界を説得するのに欧米マスコミは多大な努力を費やしており、クリミア占領だけでなく、ロシアを完全に打ち負かす勝利を期待している。

 現実には、黒海におけるウクライナ作戦は根本的に地上戦で、この危機に対処しなければ必然的にウクライナの敗北につながる危機の中、増大するウクライナ危機から目をそらす陽動作戦だ。

 多大な投資

 クリミアを孤立させ占領したいというウクライナの願望は、海軍や空中の無人偵察機から、欧米諸国がウクライナに与えた最も高度で有力な長距離攻撃能力まで、あらゆるものを使った長期的長距離攻撃作戦として現れている。

 わずかに残ったウクライナ空軍部隊が発射する空中発射巡航ミサイルは、半島全域の港湾、軍事基地、民間インフラを標的にしている。ウクライナ戦闘機は、時に空中発射型巡航ミサイルの一斉射撃中に標的にされて破壊されることもあり、ウクライナの戦闘力は更に低下する。そうしたミサイル一斉射撃は、ロシアの恐るべき防空・ミサイル防衛と電子戦能力で対応され、大部分の弾が迎撃されている。

 残るミサイルは、ロシア防衛線を回避できる同様に僅かな数の無人機とともに、海軍艦艇を破壊し、建物やインフラを破壊し、一度の攻撃でクリミア橋に損害を与えた。しかし、これらの成功はごくわずかで、約2〜3か月に一回しか起きない。

続きを読む

ロシアで秘密戦争を仕掛けているNATOとCIA

マスコミに載らない海外記事さんのサイトより
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2024/02/post-b208f7.html
<転載開始>

ソーニャ・ファン・デン・エンデ
2024年2月11日
Strategic Culture Foundation

 特別軍事作戦は今も続いているが、それに加えて、欧米が仕掛けているもう一つの本当の戦争「見えない戦争」がある。

❗️Telegram、Twitter、VKに参加してください。

お問い合わせ:info@strategic-culture.su

 最近Strategic Culture Foundationが転載した記事で、ロシアを内部から破壊するCIAとNATO諸国による作戦があるとジャック・マーフィーが書いている。

 ジャック・マーフィーは元米国グリーンベレーで陸軍特殊部隊からジャーナリストに転身した人物だ。更にCIA自身も、CIAの様々な部局の職員を集めた、問題に特化した集団で、12の「ミッション・センター」を持っていると主張している。

 2022年2月24日、ドンバスでのロシア特別軍事作戦(SMO)開始2日前に、CIAが破壊工作作戦を実行している同盟スパイ機関が秘密の通信システムを使用してロシア全土の潜伏工作員を活性化したとマーフィーは主張している。

 伝えられるところでは、キエフのマイダン・クーデターを皮切りに、2014年以来、ある種の「スパイ」プログラムが機能しているが、これは実にまことしやかだ。

 この著者の評価では、オランダのベリングキャットという、いわゆる調査報道機関と、イギリスが設立したInstitube for Statecraftも関与していた。

 Institube for Statecraftは、2009年以来、シリア、ウクライナとロシアの「戦争と破壊工作」計画の立案と破壊に関与してきた。現在そのWebサイトは、いわゆる文書盗難(ハッキング)のため閉鎖されている。これは、私を含む様々なジャーナリストによる調査と発表の後起きた。しかしイギリスやオランダでは、いまだに別の名前や秘密の隠れ蓑で活動しているのは確実だ。

続きを読む

アメリカは「中東で紛争を求めていない」と言いながらに中東に積極的爆弾投下するバイデン

マスコミに載らない海外記事さんのサイトより
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2024/02/post-31bb21.html
<転載開始>

 アメリカは中東での紛争を求めていないと言うのは、カーダシアン一家が注目を浴びようとしないと言うようなものだ。ジェフ・ベゾスが金を求めないと言うようなものだ。ハンバーガーの宣伝キャラクター、ハンバーグラーがハンバーガーを欲しくないと言うようなものだ。それは連中と同類だ。

ケイトリン・ジョンストン

2024年2月3日

 この英語記事の朗読を聞く(ティム・フォーリーによる朗読)。

 バイデン政権は中東で最新の爆撃作戦を開始し、金曜日、イラクとシリアの85以上のイランとシーア派民兵標的に125発以上の弾薬を投下したと報じられている。

 主流マスコミは、ヨルダンとシリアの国境にある基地でアメリカ兵三人を殺害した無人機攻撃に対する挑発的反撃として、この攻撃は「報復」だと表現して、あちこちで躍起になっている。この「報復とされるものが、無人機攻撃に関与したと全く判明していないとアメリカ政府自身が認めている国に向けられているのを考えると、いささか奇妙だ。


続きを読む
記事検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
読者登録
LINE読者登録QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ