大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

貧困問題

豊かで安全と胸を張る日本で餓死する子供・・☆チャイルド・プア ~急増 苦しむ子どもたち~」

星月夜☆さんのサイトより
http://ameblo.jp/hoshitukiyoru7/entry-11868432474.html
<転載開始>
東京新聞コラムより

「衰弱死」とは恐ろしい言葉だが、それでさえ持って回った言い方でそれはやはり
「餓死」なのだ。

神奈川県厚木市のアパートで五歳の男の子の遺体が発見された。
父親に放置された。食事も与えられなかった。部屋に閉じ込められていた

▼想像する。そのひもじさ、のどの渇き。戦争中でも、飢饉(ききん)でもない。

豊かで安全と胸を張る日本で子どもがおなかを空(す)かせて死んでいく・・。

▼父親は供述する。「二〇〇六年秋ごろに家に戻ると子どもが死んでいた」。
いつ息絶えたのかも分からない。

独りぼっち。散乱し恐らくは真っ暗だった部屋の中で五歳の子が呼吸をやめる

▼孤独は骸(むくろ)になっても続く。発見されるまで七年半。
この子の声は生きている時も、生きていない時も、誰にも届かない

▼親や行政の不手際を責めるのはたやすいが、五歳の子ども一人さえ救えぬ
世の中をつくり、看過してきたのが日本人であるならば、この子の死に
日本人全員が痛みを覚え、腕組みをして「この国はおかしい」と考えるべき
ではないのか

▼「いるはずなのに、いない子ども」がまだ七百余人いる。捜さねばならない

「たがいの命を大事にしない思想など、思想と呼ぶには価(あた)いしません」
(井上ひさしさん作『組曲虐殺』)。

「思想」を「国」に置き換え考える
見つけなければならぬ七百余人はわれわれ自身である。
日本という国そのものである。


チャイルド・プア~社会を蝕む子どもの貧困~/ティー・オーエンタテインメント


続きを読む

あしたが見えない★困窮して、行き場を失っていた女性たちが福祉行政より頼れたのは

星月夜☆さんのサイトより
http://ameblo.jp/hoshitukiyoru7/entry-11760439648.html
<転載開始>
アルバート氏の人生★と言う映画wikで詳細を
偶然日曜日テレビで観ました。

監督は有名すぎるノーベル賞作家の息子さん★

百年の孤独 (Obra de Garc〓a M〓rquez (1967))/新潮社

¥2,940
Amazon.co.jp

19世紀のアイルランド、女性が一人で生きてゆくにはつらい時代。

男性として生きた女性の物語。

構想30年、女優のグレン・クローズが製作・主演・共同脚色・主題歌の
作詞の4役を務めた傑作です。



社会保障もない時代、独身女性がどう生き抜いていたか。
アルバート氏としてまじめに誠実に生き抜いた*彼*に訪れる
結末・・・・

物語のラストでアルバート氏が結婚を夢見た女性が
ほかの男性に捨てられ独りで子供を産み育てる不安を口にします。

それは決して昔だけの話ではなく現代にも通じます。

子どもを生み育てる若年女性が、風俗産業しか頼る場所がない現実
知らないのでしょう・・


驚く1月6日付の産経新聞に寄せたコラムで、日本の少子化問題
の解決策として、女性が家で子を産み育て男性が妻と子を
養うのが合理的であると主張し物議を醸してます。

安倍さんの取り巻きは認識が古すぎます。
こちらに詳細が★

そういう生活ができない貧困が今大問題と言うことがわかってない。
子供を産み育てるのに日本は優しくないです。

NHKクローズアップ現代で貧困女性の問題取り上げてました。


続きを読む

民草西郷さんメーール通信。。今、今、今><! 安倍ーーぃを止めないと日本もアメリカと同じに><!「貧困大国アメリカ」:堤未果

みんなでスピリチュアルさんのサイトより
http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-entry-844.html
<転載開始>
 「貧困大国アメリカ」:堤未果さん


 日本の先行きを知りたかったら、この本は今現在アメリカがいかにスーパーリッチ以外は貧困に喘いでいるか良くわかる。
ご存じのようにアメリカは日本のような皆保険制度ではない、それはクワックワっクワッの親分会社AIGがことごとく政府の皆保険制度を妨害して来たからだ。
自分たちの利益のためだ、そのお 蔭で低所得者層は高い民間保険には加入などできない。
医療機関も株式会社化して、人の命よりも利益率と株主の配当が優先される。
アメリカの高額な医療費は信じられないレベルだ。中間層も一度の病気で貧困層に転落してしまう。


日本で4,5日入院しても盲腸の手術で30万円くらいだが、アメリカは1日入院で安いボストンで169万円、その他の都市で190万円以上、ニューヨークで243万円。1日入院でだ。
入院費が1日4000ドルから8000ドルで、日帰り出産が当たり前のアメリカ。
妊娠検診4200ドル、1回15分程度の検診が200ドル、2泊3日の入院と手術で9000ドルと事実上低所得者層や中間層には医療費が高すぎて、本当に映画「エリジウム」の世界になっている。

低所得者層の子供たちは高校の時から軍からの勧誘がある
大学の学費を国防総省が負担します。「学費免除」しかし全額ではないトリックがある。入隊すれば兵士用の医療保険に入れる。家族も兵士用の病院で治療が受けられる。と甘い誘いで軍入隊を勧誘してくる。
しかし実態は、一部しか負担してくれないので、除隊後4年間の大学を卒業できるのは15%に過ぎない。

クレジットカード会社は90年代半ばから頭打ちで、市場を大学生にも広げ、 高い金利の学資ローンの返済もできずにカードを使う学生が増え、卒業した時には何百万円という借金を抱えてしまう。

続きを読む

アメリカとギリシャの貧困層が窮地に追い込まれています!

日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51907513.html
<転載開始>
以下の記事は、アメリカとギリシャの貧困層の生活の様子を伝えています。世界中で格差が広がり続けています。これもグローバリズムのなせる業です。そして、各国政府は財政赤字を理由に社会保障費を削ろうとします。貧困が貧困を呼ぶ悪い連鎖が世界中で広がっています。貧困者はあまり健康的な食生活ができなくなります。すると、生活習慣病になりやすくなります。すると医療費がかかります。お金がかかるため医療が受けられません。するとこれまで働いていた低賃金の仕事すらできなくなります。すると政府が支給する生活保護に頼るかホームレスへ。もちろん、生活保護費でパチンコをやったり、たばこを吸ったり、お酒を飲んだりしているのは、とんでもないことですが、病気で働けなくなった人たちは生活保護に頼るしかありません。生活保護に頼る場合も、低賃金労働者も、ぎりぎりの生活をしなければならず、アメリカほどではないにしろ、日本でも、貧困に苦しむ人々の食生活はどうしても質よりも量になってしまいます。これでは治る病気も治りません。
アメリカやギリシャの貧困家族は本当に悲惨な状態です。何のために生まれてきたのかを問わなければならないような状況です・・・こうやってエリート集団は、裕福な人たちと貧困層との間に格差を広げながら、支配層と被支配層の存在するNWOのシステムを作り上げようとしているのでしょう。
日本や世界の貧困問題を少しでも解決するには、ローカリズムを再考する必要があると思います。グローバリズムは一部の大企業や金融資本のみが富を得るシステムです。こんなものは早く無くさないと、地球は支配者と奴隷の惑星になってしまいます。何千年も前から地球上で支配層が他の人々を奴隷のように扱って支配してきました。(そういえば、江戸時代でも幕府や各藩は農民を奴隷のように働かせて米を納めさせ、農民には米を食べさせずに、農民の上に胡坐をかいて統治していたのかもしれません。)
今後もそのような奴隷システムが作り上げられないよう、日本も1日も早くグローバリズムを止める決断をしないと、アメリカやギリシャのような状況になってしまうのではないでしょうか。
http://beforeitsnews.com/economics-and-politics/2013/11/mommy-take-us-home-and-we-will-never-ask-for-food-again-2458786.html
続きを読む

生活保護法改悪 受給者「年寄りにひどい仕打ちだ」

田中龍作ジャーナルさんのサイトより
http://tanakaryusaku.jp/2013/11/0008197
<転載開始>
生活保護受給者を支援する団体は“決着がつくまで”、毎日国会前で座り込みを行う。=13日、永田町 写真:島崎ろでぃ=

生活保護受給者を支援する団体は“決着がつくまで”、毎日国会前で座り込みを行う。=13日、永田町 写真:島崎ろでぃ=


 この国は弱者にとっての最後のセーフティーネットまで奪うのだろうか。生活保護法改正(改悪)案がきょう、参議院本会議で賛成多数により可決し、衆院に送られた(参院先議だった為)。反対議員はわずか16人。

 きょう参院会館で開かれた「改悪反対集会」で生活保護受給者の声を聞いた。

 生活保護受給者の吉田広昭さん(50歳・荒川区在住)は「8月から給付額を下げられた。食費がとにかく高い。何を削っていいかわからない」と訴える。

 吉田さんには寝たきりの父と脳内出血を起こした母がいる。両親の入院費をサラ金から借りて自己破産し、職場ではリストラにも遭った。介護と過労からうつ病になり、糖尿病も併発してしまった。医師からは野菜中心の食生活を指導されているが、野菜の値段が高騰して食べることができない。100円ショップでうどんを買ってしのぐ毎日だ。

続きを読む

日本の本当の問題 貧困

NEVADAブログさんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4365706.html
<転載開始>
安倍総理になり、日本復活等、勇ましい言葉やスローガンが飛び出していますが、日本が直面しています問題は大企業向けの金融緩和策ではなく、《貧困の拡大》にあるのです。


国民健康保険加入者収入(世帯)をみればそれがわかります。

1992年度 239万円
2008年度 168万円
2010年度 145万円
減少額 94万円(減少率39.3%)

バブル崩壊後から、日本人の収入が激減している姿があり、これは非正規雇用者数が20%から40%に倍増していることに原因があります。

民主党政権になり、非正規雇用拡大問題を改善するとしていましたが、結果はなにも行われず、日本人の貧困が拡大していったのです。

では安倍総理で改善するでしょうか?

物価を上げるということ、イコール、収入増加と勘違いしている国民が殆どですが、物価は直ぐ上がりますが、収入は反対に減少することになります。

詳しくはワールドレポート(新年号)にて解説させて頂きます。

続きを読む

「孤独死」から「孤立死」へ 新局面に入った貧困問題

田中龍作ジャーナルさんのサイトより
http://tanakaryusaku.jp/2012/10/0005382
<転載開始>
2012年10月20日 19:51
参加者たちは芝公園から浜松町に向けて幹線道路をパレードした。=20日午後、東京港区。写真:田中撮影=

参加者たちは芝公園から浜松町に向けて幹線道路をパレードした。=20日午後、東京港区。写真:田中撮影=

 貧困が底なし沼化しつつある。つい数年前まで「実家に帰れば何とか暮らしていける」と言われてきた。家賃は要らない、食事は親と共に食べればよいからだ。

 ところが親の年金は少なくなり、いい年をした子まで食わせていくことができなくなってきた。親と子が共に餓死あるいは衰弱死する「孤立死」が、「孤独死」にとって代わった。貧困問題は新局面に入ったのである。

 働こうにも職はない。職はあっても家賃を払って食って行けるだけの収入はない。

 有期雇用の労働者のうち年収200万円以下が57・3%(厚労省主催・有期労働契約研究会=2009年)。給与所得者の23%が年収200万円未満(国税庁=2010年)。非正規労働者の半分以上が年収200万円以下、労働者の5人に1人が年収200万円未満なのである。

 これでは貯金のしようもない。雇用契約の更新がなくなり次の仕事がみつからなければ、たちまち生活できなくなる。病気になっても同様だ。

 生活保護は最後のセーフティーネットであるのに、役所の支給審査は俄然厳しくなってきた。お笑いタレントの不正受給問題は、役所にとって格好の締め付け材料だ。生活保護申請に行くと役人は「あなた河本さんの例を知ってるでしょ」と言って支給すまいとする。

 やむにやまれず生活困窮者となった人たちに死ねというのだろうか。「反貧困世直し大集会2012」が都内できょう開かれた。(主催:反貧困ネットワーク)

「同一労働、同一賃金の確立」は言われ始めて久しいが、一向に改善されない。=写真:田中撮影=

「同一労働、同一賃金の確立」は言われ始めて久しいが、一向に改善されない。=写真:田中撮影=

 「同一労働、同一賃金の制度確立を」と書いたプラカードを持って参加しているのは新宿の僧侶だ。年間80件の自殺や孤立死に立ち合い、お経をあげている。月5~6件のペースである。

 「自殺も孤立死も背後にあるのは貧困だ。根っこを絶たない限り問題の解決とはならない」。僧侶は口元を引き締めるようにして話した。

 都内から参加した非正規労働者(30代・男性)の月収は10万円台だ。「結婚なんて考えられない。我々は失業率のうちにカウントさえされていない」。男性は悔しさをぶつけるように語った。

 1%の富裕層のために99%は貧しい生活に沈められたままとなる。「働けば報われる」という至極当然の摂理を失った国は、一体何主義と呼ぶのだろうか。未来なきシステムであることは間違いなさそうだ。
 
 ◇
郵便振替口座ができました。詳しくはページの右肩をご覧ください

<転載終了>

記事検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
読者登録
LINE読者登録QRコード
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ