大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

「犬の駆虫薬フェンベンダゾールでガンを治した男性の言葉」をガンが果てしなく増加していく世界の中で聞いてみる

In Deepさんのサイトより
https://indeep.jp/fenbendazole-and-cancer/
<転載開始>


一部のガンがとめどなく増えている中で

最近、X への投稿で、今回のタイトル通りに「犬の駆虫薬フェンベンダゾールでガンを治した米国人男性」の動画があることを知りました。

その動画に、日本語の翻訳を示してくださっていた投稿の文章をご紹介したいと思います。

なお、このフェンベンダゾールというのは、犬の駆虫薬であるのは確かですが、「ガン細胞を死滅させる」ことについて、過去にそれなりの数の論文が発表されています

以下は、2018年8月に科学誌ネイチャーに掲載された論文です。

フェンベンダゾールは中程度の微小管不安定化剤として作用し、複数の細胞経路を調節することによってガン細胞死を引き起こす
Fenbendazole acts as a moderate microtubule destabilizing agent and causes cancer cell death by modulating multiple cellular pathways

 

以下の記事では、フェンベンダゾールに関するさまざまな論文等が紹介されています。

動物用に作られ、ガン治療のためにヒトが服用する薬:フェンベンダゾール
A Drug Made for Animals and Taken by Humans to Treat Cancer: Fenbendazole

 

駆虫薬といえば、コロナの際に(まあ、まだ「コロナの際」ですが)さまざまに議論を起こしたイベルメクチンも駆虫薬で、これも抗ガン剤としての作用を示す論文がさまざまにあります。以下の記事の後半で少しご紹介しています。

(記事)イベルメクチンは、あらゆる種類のガンに対抗できる「奇跡の抗がん剤でもある」ことを示す9つの医学論文(すべて査読済み)
In Deep 2022年4月17日

以下のガンで、ガンに対するイベルメクチンの効果が認められています。

続きを読む

ガン治療は考え直す時だ

ガン治療は考え直す時だ
https://www.youtube.com/watch?v=UpAXwpd_N_4

Makoto Ohashi

2023/11/26

アミグダリン びわのタネの粉末 梅干し

donのブログさんのサイトより
https://ameblo.jp/don1110/entry-12818331646.html
<転載開始>

 

 

続きを読む

乳がんの診察で医師から激怒されたワケ。ショックで混乱する私に語りかけてくれたのは…

ライブドアニュースより
https://news.livedoor.com/article/detail/24890694/
鴨葱の例
<転載開始>
乳がんの診察で医師から激怒されたワケ。ショックで混乱する私に語りかけてくれたのは…

 2016年のクリスマスイブに突如乳がん宣告。(ステージⅡB)。晴天の霹靂だった「がん宣告」から約1年間、泣いたり笑ったり怒涛の日々を駆け抜けた、私のがん治療ドキュメンタリーを連載でお届けしています。
 クリニックで乳がんと診断され、紹介状を持って都内のがん専門病院を訪れた初診の日。

◆ここにいる人は、みんな「がん」

「いよいよ始まる」と緊張した気持ちで病院に入りました。広々とした受付ロビーは、たくさんの人であふれかえっていました。

 不思議なことに、この光景を見てわたしは正直ほっとしました。なぜなら、ここはがん専門病院。ここに来ている患者さんは全員「がん患者、もしくはその家族」のはずです。けれど、わたしが想像していたような「どんより感」は、この病院にはありませんでした。


続きを読む

「がんを治さない」高齢者が増加中。医師が“がんは幸せな病気”だと考える理由

ライブドアニュースより
https://news.livedoor.com/article/detail/24892065/
<転載開始>
「がんを治さない」高齢者が増加中。医師が“がんは幸せな病気”だと考える理由

写真拡大

 日本人の最大の死因となる病気・がん。この病気を未然に防ぐため、検診や生活習慣の見直しに余念がないという人も少なくない。
 ただ、長年高齢者医療に携わってきた医師・和田秀樹氏は、「60代以降は、がんは“治さない”という選択肢も視野に入れるべき」「治療」を目的とする長期の入院や手術、抗がん剤などのリスクを鑑みた上で、60代以降はがんという病気とどのように向き合うべきなのか。

と指摘する。


「治療」を目的とする長期の入院や手術、抗がん剤などのリスクを鑑みた上で、60代以降はがんという病気とどのように向き合うべきなのか。

続きを読む

韓国の女性の肺ガン患者の94%が「たばこを一度も吸ったことがない」ことが調査で判明

BrainDead Worldさんのサイトより
https://nofia.net/?p=13084
日本の場合は胸部X線が肺がんを誘発していると噂されています。
<転載開始>

韓国の女性肺がん患者94%「たばこ吸ったことない」

KOREA WAVE 2023/08/09

韓国の肺がん患者の「5年相対生存率」がこの30年間で約3倍高くなった。診断技術の進歩と新薬開発のたまものだ。

しかし、女性の肺がん患者の約94%が「全くたばこを吸ったことがない」という研究結果が発表されるなど、女性の肺がん発生率は喫煙とは関係なく上昇している

MONEY TODAY が入手した統計によると、2016~20年の肺がん患者の 5年相対生存率は 36.8%だった。1993~95年の 12.5%と比べると、3倍程度アップしていた。10年相対生存率は 1993~95年の 10.5%から、2011~15年では 22.5%と 2倍以上にアップしていた。

一方、女性の肺がん発生率は増加を続けている。肺がん患者のうち女性の占める割合は1999年の約 26.3%から2009年は約 28%、2020年は約 32%だった。

ソウル特別市ポラメ病院呼吸器内科のイ・ヒョヌ教授の研究チームが2022年に実施した研究によると、肺がんにかかった成人女性患者の 94.4%が「全くたばこを吸ったことがない」という。非喫煙患者の肺がん発生原因としては微小粒子状物質(PM2.5)のほか、遺伝子「EGFR」の突然変異も大きな要因だ。

延世(ヨンセ)がん病院腫瘍内科のイム・ソンミン教授は「喫煙経験のない人の肺がん発生の多くは EGFR 遺伝子変異が原因だ。遺伝ではなく突発的に生じるが、まだその原因は明確ではない」と話している。


<転載終了>

AOH1996は「すべての固形腫瘍(癌)を全滅させる」

マブハイさんのサイトより
http://takahata521.livedoor.blog/archives/21118423.html
<転載開始>
米国の科学者たちは、腫瘍を全滅させることができる新しい「癌を止める薬」を開発した

米国の研究者グループは、健康な細胞は傷つけずに固形腫瘍を標的として全滅させる新しい『癌を殺す薬』を開発しました。


シティ・オブ・ホープが開発した低分子化合物AOH1996は、PCNAというタンパク質の癌変異体を標的としています。その変異型の中で、PCNAはDNA複製とすべての拡大する腫瘍の修復に重要です。未処理の癌細胞(左)とAOH1996で処理した癌細胞(右)がプログラム細胞死(紫)を起こしている画像。(提供:シティ・オブ・ホープ)

これは、8月1日に、Cell Chemical Biologyジャーナルに掲載された前臨床研究の成果に基づくものです。

『選択的化学療法のための転写複製競合の小分子標的化』と題されたこの研究では、研究者らが開発した薬剤が、がん細胞のDNA複製と修復を選択的に破壊できることを発見しました。
続きを読む

癌治療というインチキ医療ビジネス

donのブログさんのサイトより
https://ameblo.jp/don1110/entry-12815150450.html
インチキというよりも殺人ビジネスですよね。
<転載開始>

続きを読む

ビワの種を食べないように言われているのは癌が治っては困るから!癌以外の細胞は酵素が働くので無害!

泣いて生まれてきたけれど muragon版さんのサイトより
https://sunamerio.muragon.com/entry/8.html
<転載開始>

2019年にアメブロにアップした記事ですが、消されていたので、こちらに再アップします。


テーマ:医療の闇








https://maron49.com/293 より抜粋


アメリカ政府は1990年、「代替療法に比べて、抗がん剤、放射線、手術のがんの〝3大療法〟は無効かつ危険」と裁定を下した。だが、日本の医学界はこの裁定を無視し続けている。



世界のメディアは黙殺、日本は一字も伝えず



巨大利権にかかわる情報はこのように完全に封殺されて、世界の市民に届くことは 絶対にない



OTAレポートが発表されて以降、欧米のがん治療分野の流れには、変化が見られた。インテリ層を中心に、抗がん剤や放射線治療を拒否する患者が増え、食事療法や心理療法など、古来の伝統治療に向かっていったのである。


その結果、毎年がんの死亡者が、数千人単位で減り続けてきている。



抗がん剤は「マスタードガス」という物質を、主原材料にしています。

続きを読む

癌予防料理

達人さんのサイトより
https://blog.goo.ne.jp/0345525onodera/e/6c441e3d2577b1928c8dcbf33fa7d975
<転載開始>

ウィリアム・リーが、がんの新しい治療方法を披露します。その方法とは血管新生と呼ばれる、腫瘍を肥大させる血管をターゲットにしています。きわめて重要な第一ステップは、進行するがんを食い止める抗ガン作用のある食品を食べることです。 癌も脂肪細胞も、血管新生によって栄養源にしている。 よって血管新生を止めることができる食品で、がんを抑制できるのだ。 ただし、これらの食品の効果は試験管の中の実験によるものだから、そのままの数値にはならない。 問題は、食品の吸収率にある。 このことはすべての健康食品に言えることなのだ。 注目すべきは、抗がん剤より強い血管新生阻害効果を、食品は持っているということだ。 食品名 ねぎ科の野菜(タマネギ類)  ベリー類(すべての種)  黒米  シナモン 柑橘系果物  アブラナ科の野菜  フラックス種子(エジプトハーブ) ショウガ  ブドウ  緑茶  キノコ類オメガ3脂肪  ピーマン ザクロ マルメロ(カリン)  レスペラトロール(ブドウや赤ワインに含まれる) 大豆  ホウレン草  トマト  ターメリック など。 TED2010 · 20:02 · Filmed Feb 2010

続きを読む
記事検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
読者登録
LINE読者登録QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ