大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

日本の風景

明治の日本をアメリカに紹介した画家

明治の日本をアメリカに紹介した画家
http://junkoonorothwell.com/RobertBlum.pdf
<転載開始>
ロバート・ブラム
明治の日本をアメリカに紹介した画家
Robert Frederick Blum
(18571903)
江戸末期の嘉永6年(1853年)、突然アメリカよりペリー提督が率いる黒船が浦賀に
やってきて日本中を震撼させた。それから4年たった1857年日本が開国か攘夷か騒然
としている頃、アメリカのシンシナテイでロバート・ブラムという一人の男の子が生まれ
た。彼が11歳の時(1868年)明治維新となったが日本開国のニュースも日本から遠
く離れたブラムの住む街では話題にはならなかったかも知れない。
ブラムにとっての日本との出会いは16 歳の時だった。道ばたで売っていた日本の扇を買
い、その時のことを後にこう書いている。「今まで見たことにない、初めての物。私にと
って突然の啓示といえるできごとでした。」そしてこの絵の好きな少年は次第に日本への
関心を高めていく。
それから三年経って、1876年19歳になったブラムはフィラデルフィアのペンシルベ
ニア美術学校で学んでいた。その年、そこではアメリカ独立百周年記念万国博覧会が開か
れた。ブラムはすばらしい日本の展示をみて感動し、日本を訪ねたいという願いが大きく
ふくらむ。しかし実際に日本の土をふむまでにそれから13年待たなければならなかった。
ブラムは1880年に初めてヨーロッパに行き、イタリアのベニスでアメリカ人画家ジェ
ームス・ウィスラーに会う。ウィスラーは油絵画家だが、ベニスではエッチングやパステ
ル画も制作していた。そのパステル画に接したブラムは、すぐに鮮やかな色、手軽さ、絵
としての質の高さなどパステル画の優れた特徴をみて自分も試してみるようになった。
その4年後、アメリカ人画家ウィリアム・メリット・チェイスとオランダに旅した。二人
でよく野外の写生に出かけ、どちらもパステル画を手がけた。
アメリカに帰ったブラムはチェイスらと共にパステル画家協会を設立し、1884年、パ
ステル画家協会の第1回パステル展を開いた。ブラムは12点のパステル画を出品した。
この展覧会は1890年まで続いた。
ウィスラーもチェイスはアメリカ人画家としては第一に名前が挙がるほど有名だが、ブラ
ムは今ではあまり知られていない。しかしパステルにおいては、ブラムはチェイスととも
に高く評価されていた。
ブラムが33歳の時についに日本に行くチャンスが訪れた。もともとイラストレーター
として出発して、挿し絵も描いていたブラムは雑誌"Scribner's Magazine”の仕
事で日本に行くことになった。"Japonica”という記事の挿し絵を描くことになったの
だ。この雑誌は記事と挿し絵、詩短編など載せた知的な読み物として知られていた。
長年の夢だった日本にやっと着いたのは明治23年(1890年)だった。日本は期待に
違わなかった。感激したブラムは到着して数日後、友人のオットー・バッチャーに次のよ
うな手紙を送った。「恋におちたら相手の魅力がなにもかもを包んでしまうということ
があるでしょう? 今のところ日本は私にとってその状態なのです。日本を私のためにこ
のままにして置いて下さいと祈っています。私は神に祝福された地に足をふみいれたので
す。私の人生の中でぼんやりしたあこがれだったことが本当に実現したのです。続きを読む

私たちが知らない江戸「日本を愛した19世紀の米国人画家」が描いた、息遣いすら感じる美しき風景

 DDN JAPANさんのサイトより
http://japan.digitaldj-network.com/articles/25212.html
<転載開始>
Robert-Frederick-Blum-01.jpg
飴屋

( °Д°) オオオオオオオ!!

なんだこの生々しさ

僕らが知る "江戸" とは違う風景。19世紀の米国人画家 ロバート・フレデリック・ブラム (Robert Frederick Blum) は、1876年「フィラデルフィア万博」で日本文化に衝撃を受け、いつかその地を踏むことを夢に抱いた

14年後の1890年、上野で開催された「第三回・国内勧業博覧会」に招待されたことを機に、その後3年間に渡って、彼の目を奪った江戸の香りが色濃く残る日本の景色を描き続けることになる

Robert-Frederick-Blum-01a.jpg
東京の花市場
続きを読む

クール・ジャパン:英国で100年以上前の日本の写真発見!

井口博士のサイトより
http://quasimoto.exblog.jp/20755056/
<転載開始>
富士山

私が色補正したもの


みなさん、こんにちは。

いや~~、「昔は良かった」。「昔の日本は良かった。」

それがまたまた証明されたようである。

英国で100年以上前の日本の風景写真が発見され、オークションにかけられたというのである。
続きを読む
記事検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
読者登録
LINE読者登録QRコード
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ